デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
大盛りハンバーガー“タワーバーガー”を喰らう!!
店員さんが抱えているものは・・・


ハンバーガーが好きだ。

今までの人生の中で食べたハンバーガーは何個ぐらいだろうか。様々な形の、様々な具の入ったハンバーガーを食べてきた。

ところで、アメリカの映画かなんかで何重にも積み重ねられたハンバーガーを食べているシーンがあって、いつかそういうハンバーガーを食べてみたいと思った。メガマックなんかよりもっと大きい、幾重にも重なったハンバーガーを。

ネットで調べたらそういうハンバーガーを出すお店が新宿にあった。探しものは意外と近くに。さっそく食べに行ってみようと思う。

(text by 梅田カズヒコ



店頭にて。指さした先にあるのが捜し求めていたハンバーガー、タワーバーガー
お店の雰囲気に飲まれそう。早くも戦意喪失ぎみ

大盛り企画復帰記念!

自分の話で恐縮だが、当サイトで僕はことあるごとに『大盛り』にまつわる記事を書いてきた。それはさかのぼること3年半ほど前のこの記事からだ。

インドのとなりは板橋区(2004年9月に掲載された記事)

これ以来、大盛り・ドカ盛りの魅力に魅了されてきた僕は、ことあるごとに大盛りの企画を取り上げ続けた。

大盛りの聖地、やよい食堂に巡礼に行く
大盛り冬の陣
大盛り料理に挑戦!! 死闘横浜編

などなど。こう言っちゃなんだが、近年の大食いブームを先どっていたのかもしれない。

しかし、ある取材で食べ過ぎが原因だったのかは定かではないが体調を崩してしまい、仕事に穴を空けるなどの失態をさらしてしまった。以来、自分の身体が可愛い僕はどうも大盛り、の取材からは遠ざかっていた。

しかし、春なので初心にかえって大盛り系の記事を書いてみようと思う。また飽食の季節がやってきた。

どうしてそんなに大盛り系のお店が好きなのか。僕自身小食では決してないが、大食漢というわけでもないと思う。

しかし、大きい料理というのはそれだけで説明不要で面白いのだ。まあ、下の写真を見てくださいよ。

 

どっかーん!!


耐震偽造物件

見よ、この全長35センチのタワーバーガーを。なぜハンバーガーをこうまでして重ねる意味があるのか。いや、ないかもしれない。しかし、景気いいねーという感じがして嬉しくなってしまうのだ。いつも見ているはずのハンバーガーなのに、こうやって重ねることで、いつも見ているハンバーガーが作品に昇華されてしまうのだ。『飽食の時代』などとタイトルを付ければ間違って美術作品だと思われるかもしれない。


顔は余裕で隠れます

もう少しアップにして、細部を意識できるような距離感にしてみた。落下しそうレタス。ウエストみたいに細くしまったハンバーガーの部分、バンズが重なっている不安定な部分。すべてが今まで見てきたものであり、今まで見てきたことのないものだ。身近なものが得体の知れない瞬間に変わった感じというか。


一番上のハンバーガーを取り出す。かなり気を使う作業
一個ずつのハンバーガーがまた格別にうまい!
3つめ。かなり満腹になってきた。

さっそくいただきます!

タワーバーガーの正体は支柱に貫かれた4つのハンバーガーだった。上から順に

・ベーコンエッグバーガー
・チーズバーガー
・スパムバーガー
・フライドチキンバーガー

となっている。具だくさんの本格ハンバーガー4つ分が一本の支柱で貫かれているので、ゆっくりひとつずつのハンバーガーを取り外していかないと中身が飛び散りかねないので、慎重になる。せっかく積み上がった塔を崩してしまうもったいなさも相まって、正直、食べづらいところはある。

大盛り系の料理を食べてきて思ったのは、総じて生じる『食べづらさ』という点であるが、これは一種のアトラクションなのだと思う。でっかい大盛りどんぶりでなかなか米にたどり着かないのも、カレーとご飯のバランスが崩れてしまいがちなのも、すべてがある種の儀式なのだと思う。これを面白いととるかどうかが大盛りを好きでいられるかどうかの境目だと思う。


巨大なだけでなくうまいです!

大きさが大きさだけに味はあまり期待していなかったが、これがめちゃくちゃうまかった。佐世保バーガー系の味だ。大盛り系の料理は総じて『味に飽きる』という問題点があるが、食べていくごとに味が変わるのでずっと食べ続けることができる。嬉しい誤算だ。

素材の味がしっかりする感じ。ベーコンエッグのかりかりのベーコンもうまいし、スパムバーガーの肉々しい感じも捨てがたい。

うまさと迫力を両立した大盛り界の優等生と言えるだろう。

とは言え、全部食べるのはさすがにきつい。先日当サイトでライターの木村さんが記事内でとろかつカレーを食べきっていたので(参考:ジャイアント白田を越えてやる)絶対に残したくはなかった。だから、どうにか全部食べきることにした。


いやー、もう食えないよ
食べ終わった! 苦しい! (けど写真を見るとうれしそうだ)

モンスターカフェ
東京都新宿区新宿3−10−1 吉岡ビルB1
11:00〜翌4:00

タワーバーガー=2,625円。今日食べたタワーバーガーのほかにも様々なメニューがあり、楽しい雰囲気のお店なのでパーティとかにはちょうどいいかもしれません。どこか80年代風。


自分のバストショットとほぼ同じ高さのハンバーガー

僕は今、おなかがとても空いているのだ!

当サイトで毎週原稿を書くようになってから、東京の様々な不思議なお店に遊びに行かせていただいた。季節的には地方から人が上京してくる時期だと思うが、ホームシックになりそうになったらぜひ東京の変なお店めぐり、特に大盛りのお店めぐりをやってみるとよいと思う。何も解決はしないが、面白いお店がいっぱいあって、山盛りに積まれたハンバーガーがあったら辛いことがあっても、それはさておきこの大盛りはすごいなーとなって、自分の悩み事なんて小さなことだなーと思えるんじゃないだろうか。

無心で食べているうちにつらいこととか全部いろいろ忘れてしまえる気がする。

僕はいつまでたってもハングリーだ。


 
 
関連記事
重なれ!いろんな仲間たち
ごはんにあうハンバーガーはどれだ?
「非」東京タワーツアー

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation