デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
韓国式トーストをつくろう

(text by 大塚 幸代



前に、どこかの雑誌で見て、存在は知っていた。
韓国には、日本のとはチョット違う、韓国式トーストがあって、ファーストフードとしてよく食べられている…ということを。
実は去年、外語祭(東京外国語大学の学園祭、各国料理の屋台が出ることで有名)に屋台が出ていた。「うわー、食べてみたい!」と思ってチェックしていたのだが、ビール飲みながら、羊肉串焼き肉やら石狩鍋やらミャンマー風そうめんやら食べているうちに、うっかり食べ損ねた。
先日、フトそのことを思い出して、猛烈に食べてみたくなり、韓国が好きでよく遊びに行く人に、「アレ食べたことある? 作り方わかる?」と訊いてみたのだが…。

「あれねえ、屋台で売ってるの。パンにマーガリン付けて、鉄板で両面焼くのよ、ジュジューっと」
---鉄板なのね。で、中身は?
「野菜の千切りみたいなのと、卵、だねえ…、あとはお好みでチーズとかハムとか」
---ふむふむ。
「そうそう、注文した時に『ケチャップと砂糖入れるか?』って訊かれるのよね」
---ん? 何それ。
「いや、そのまんまの意味。サンドイッチに、ケチャップと砂糖入れるの。味が何だか、あまじょっぱいのよねえ。でもこれがウマイ! 値段も安いんだよ、1食ぶん100円くらいかな…」
---へ、へええ…。

大雑把な助言に不安になりながらも、調べながら、手探りで作ってみた。


パンは、フライパンで焼きます。

野菜は千切りに。何を入れてもいいらしいのですが、今回はキャベツとタマネギを用意。

タマゴを1個、大きめのマグカップにわって落として、

ほぐしてから、野菜とまぜまぜ、少々塩を入れます。見かけ、「お好み焼き」っぽい。

こいつを焼きまして…。

焼いたパンの家に、砂糖をふりかけて、

卵焼きをのっけて、上にケチャップをかけます。

もう1枚パンをのせてフタして、切り分けたら完成。


味は、確かに「あまじょっぱい」ものだった。
ウマイ。
質素な具材だとは思えないほどのウマさ。
日本にもあったらウケるのにな、しばらくはこれを自分で作って食べてみよう、と一人で「春のパンまつり」を決意する私であった。


 
 
関連記事
パン丼と、給食でまずかったやつ
ピザトースト絵画
これがこだわりパパイヤトースト

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation