デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

ひらめきの月曜日
 
意味を持たずにものを見ること(団地×エレベーター)
大山さんに団地を案内していただきました。


当サイトのライターのひとりである大山さんは
団地を観賞、撮影、分類する個人サイトを運営している。
住宅都市整理公団

このサイトをちょくちょく見ている人であれば知らない人はいない大山さんであるが、そうじゃない人でも『工場萌え』で文章を書いていた人と言えば分かるかもしれない。

そんな大山さんと一緒に団地を見学することにした。

僕は近くエレベーターがテーマの本を発売する予定なので『エレベーターが特徴的な団地』を大山さんにピックアップしていただいて、ご案内いただいた。

鑑賞中しつこくレコーダーを回してみたので、その記録を元に記事を進めていきたい。

(text by 梅田カズヒコ



3月某日 JR亀戸駅

大→大山梅→梅田

梅:じゃあ行きましょうか。
大:はい
梅:お忙しいんじゃないですか?
大:この前『団地さん』が出て、今月末に『団地の見究』が出ますんで、それでひと段落ですかね
梅:デイリーポータルZでもかなりいろんな場所に出向いているじゃないですか。あれ、大変じゃないかと思いまして
大:大変は大変ですよ。まあ、しょうがないですよね。他のライターさんみたいに家で何か作ってとかできないから向いてないんで。
梅:たとえばデイリーポータルZがなかったとして、それでもやっぱり回ってますか?
大:いや、あそこまではやらないですよ。
梅:毎回テーマを変えないといけないですからね。
大:そこが大変なんですよ。本当は1年間ずーっとテトラポットとかやってたいんですよ(笑)。
大:でも、デイリーポータルZで書いているのは取材と称して自分が好きなものを追っているだけですよ。取材で現場をまわっているときが一番楽しいですね。

梅:なるほど。
亀戸駅前を目的地に向けて歩く

蓄積すると見えること

大:たとえば団地とか、同じカテゴリーに属するものをずーっと集めると、2〜3個だと分からないけど、20個を超えると第一段階が分かってくるんですよ。
梅:何が分かるんですか?
大:見落としてたものが見えるんです。
梅−大山さんの追っているもの(団地、工場、高速道路のジャンクション、給水塔etc.)って、普段僕らが見ているものじゃないですか。そこに新しい何かが見えますか?
大:あるんですよ。
梅:団地はどのぐらいの期間鑑賞しているんですか?
大:10年ぐらいになるかな。
梅:10年!
大:専門家じゃなくて日本で団地に興味を持っている人がどの人なのか分かってますしね。
梅:エレベーターもそうなりますかね?
大:エレベーター好きな人は絶対居ると思いますよ。
梅−でも、エレベーターの本もないんですよ。好きな人が出した本は。技術的な本はあるんですけど。『日本のエレベーター100選』とかそういう本はないですね。
大:「日本のエレベーター100選」って本、面白そう。

大山さんにはエレベーターが特徴的な団地を選んでもらった。
場所は亀戸2丁目団地。こんなところである。  
エレベーター塔が住居塔と比べて不釣り合いな団地。エレベーター塔だけが飛び出してみえる。

飛び出して見える、というか横に回ってみると実際に飛び出している。
こっちは後ろから見た団地。室外機と洗濯物だらけ。

エレベーター塔が妙に主張している亀戸2丁目団地

団地の中でひときわ異彩を放つエレベーター塔。団地はエレベーターホールが飛び出ているものが多いが、これほど飛び出ている団地を始めて見た。前に飛び出しているだけでなく、上にもかなり突き出ている。まるで工場の煙突みたいに、施設とは無関係に高く飛び出ている。

大:それにしてもこれはおかしいね。僕、いろんな団地見てきたけどこれはおかしいよ。不思議なのはエレベーターだけ変で他は普通なんだよね。
梅:おかしいですね。
大:造形と、レンガ調なのも気になりますよね。
梅:不釣り合いですね。どういう意図なんだろう。

梅:ベランダがないですね。
大:ちょっと前の団地ってみんなそうなんですよ。
梅:室外機が目立ちますね。
大:室外機も後から付けたんですよね。出来た当時はエアコンとかは普通じゃなかったから考えられてなかった。このぐらいの時期の団地を見ると、いかに日本の住宅設備が過渡期にあったかが分かる。
梅:何年ぐらいに建ったんですかね。
大:68年とかそのぐらいかなー。(調べたら69年でした)
梅:当時はそうとうモダンだったんでしょうね。

 

アンバランスな3台のエレベーター


真ん中のエレベーターだけちょっとでかいことに注目

梅:広いですね。
大:まんなかのエレベーターだけでかいですね。なんでこういう構成になるのか不思議じゃない?それにあの時計がいいよ。

梅:大山さんはひとつの団地をどれぐらい見るんですか?
大:実は僕はあんまり滞在したりはしないんですよ。写真を撮るのに時間はかかるから、その間に見てるって感じかなー。光を待ったり人がいなくなるのを待ったりとかで、なんだかんだで2,3時間は居たりするかな。
梅:団地に来たら必ずすることとかあるんですか。中に入ったりしますか?
大:入ることもあるけど、僕はあんまり中身に興味がないから。人の家だしね。
梅:外からひたすら眺めるって感じですか?
大:うん。でも何回も来ちゃったりはする。

次ページはさらに不思議な団地の世界へ


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation