デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
パーキングエリア新世紀

外観は流行りのショッピングモールのようですよ

 去る3月20日、東京と千葉を結ぶ高速道路のひとつである、京葉道路下り線の幕張パーキングエリアがリニューアルオープンしました。そして、それに先立って行なわれた内覧会の招待状がデイリーポータルZ編集部に届き、なんと僕が代表で参加させてもらってきました!

いままでのイメージを覆す、まったく新しいコンセプトのもと生まれたパーキングエリアの魅力を、余すところなくお伝えしますよ!

萩原 雅紀



高速道路の会社の中の高速道路好き

今回、招待状を送ってくださったのは、主に東日本の高速道路を建設、管理している「東日本高速道路株式会社(通称:NEXCO東日本)」。かつて日本の高速を一手に担っていた日本道路公団が分割、民営化されて生まれた会社のひとつです。つまり道路版のJR東日本、といった感じでしょうか。

ご担当の方がデイリーポータルZのファンだそうで、ライター古賀さんがバスでサービスエリアに行く記事とか、大山さんが高速道路に架かる橋の写真を撮った記事などが大好き、とのこと。さすが高速道路の会社の方、好きな記事も高速道路モノで一貫してます。

今回はオープン前のパーキングエリアをぜひレポートしてくださいとのことなのですが、選ばれたライターは高速道路の記事を書いたことがない僕。すみません。でも高速道路は大好きだし、サービスエリアの写真を撮って載せたこともあるので、がんばってレポートいたします。


「クラブ活動」でこの写真を撮影するためだけにサービスエリアに行きましたよ

 

生まれ変わったパーキングエリア

内覧会の開場となる幕張パーキングエリアは、もともと売店やトイレなどは設置されていたものの、交通量の割に狭く常に混雑状態でした。そこで駐車場を約2倍に拡張、そしてそこに「PASAR(パサール)」と名付けられた商業施設やホテル並みにキレイなトイレを新たに設置し、いままでのパーキングエリアのイメージを覆す、快適で過ごしやすい空間に生まれ変わらせる、というプロジェクトが立ち上がったそうです。

いままでのパーキングエリアも好きですが、さらにキレイでオシャレならもっと嬉しい!というわけで、鼻息荒く出かけました。

駐車場は通常営業中なので、内覧会の招待客は最寄りの駅から送迎バスで案内されました。まわりの招待客の皆さんはみなスーツ姿。きっと関連会社の方なのでしょう。思いきり普段着の僕は少々居心地の悪い感じでしたが、バスが高速に乗り、幕張パーキングのまだオープン前で閉鎖された区域に入っていったときには、そんなことも忘れていました。


まわりの招待客はみなビジネスマン、という感じ まだオープン前の区画にバスで進入するこの優越感!

到着して受付を済ませると、「ご来賓」と書かれたパスが渡されました。これで敷地内はどこも自由に移動可能。選ばれし者のひとりになったという優越感とともに、人生で初めてのご来賓体験に興奮は最高潮。でも、受付の時に名前と会社名を聞かれて、「ニフティデイリーポータルのハギワラです」と言うのはえらく緊張しました。


選ばれしスーツ軍団 まほうの鍵をてにいれた!

では、内覧会が行なわれている「PASAR」の中に入ってみましょう!


およそ高速道路の施設とは思えない正面入口

 

内覧会場は祭り会場

「PASAR」の中は、一言で表すと最近の巨大ショッピングモールのフードコートのようでした。椅子やテーブルは木目素材のものが使われ、天井も高くて居心地は最高。あちこちに緑が配置されているのも嬉しいポイントです。確かにこれは今までのサービスエリアやパーキングエリアにはなかった雰囲気。

そして、なんと今日はここに入っているすべてのお店で試食ができる、とのこと。え、食べ放題ですか!?

慌ててあたりを見回すと、確かにそれぞれのお店の前に店員さんが立ち、行き交う人々においしそうな食べ物を配っています。こういう状況、このサイトではよくウェブマスターの林さんがレポートしていて、羨ましいと思いながらいつも読んでいたのですが、ついにその天国が僕の前にも出現したのです!


居心地のいいフードコートの雰囲気 高い天井には天窓まで!これホントにPAですか
パン屋さんにも ドーナツ屋さんにも試食を勧められる

まわりの招待客も食べ物片手に談笑し、雰囲気はすっかりお祭り会場。もしくは番組改編の時期に放送される長いクイズ番組の休憩中の様相。しかし僕は仕事で来ているので、ぐっと我慢(まわりの人々も仕事でしょうけど)。とりあえずひとまわりして、どんなお店があるのか見てみることにしました。


いい匂いがすると思ったらタリーズコーヒー 女性でも気軽に注文できそうなラーメン屋
シウマイを配るお姉さん 定番のお土産コーナーも高級感溢れる造りに
アイスクリームに群がるスーツ軍団に混ざりたい ケーキがみんなこっちを見てる!
揚げ物が「喰え!喰え!」と迫ってくる 「PAでPAだ」とか考えて気を紛らわせようとするものの
カツ丼!カツカレー!僕のための店ですか! 看板のフォントすら甘そう!舐めたい!
こんなサンプル見せられたら買わないわけがない! もうカロリーとかどうでもいい!

 

もう無理


店構えからしてうまそうなパン屋 これ見た瞬間に思考回路が吹っ飛んだ
あんぱん…あんぱん… ぱく、ん、あれはなんだ!
ほかのPAのとは雰囲気が違う蕎麦屋 なにぃ限定、しかもかき揚げつき!?
かき揚げの存在感が凄い はふはふ、ん、あそこに見えるのは!?
アメリカナイズなスープショップ 味の濃いやつください!
うまい、ん、隣で配ってるのは!? ドーナツ大好物ですよ!
小麦粉!チョコ!揚げ物!最高! 余勢を駆ってシュークリーム店を襲撃!
シュークリーム大好物ですよ! あのパステルがこんなところにも!
もちろんとろけるプリンも大好物ですよ! 千葉県産の食材を使用したビュッフェ形式レストラン
本日はご覧のような食材が使われています バイキングだ!
さばの味噌煮とおかずを適当にチョイス む、うまい!
ごちそうさまでした! 苦しい…

 

食べ過ぎた

途中から我を忘れて食べることに没頭してしまいました。「PASAR」が持つ食べずにはいられない雰囲気と、内覧会場の活気に飲み込まれてしまったようです。

でも実際、各店舗は独自のメニューやシステムを作り出して、どのお店もすごく魅力的でした。ビュッフェなんて今までの高速道路では生まれなかった発想ではないでしょうか。高速道路のお約束、じゃがベーやアメリカンドッグは見当たらなかったけど、それ以上に食べたくなるものがぎっしりです。ラーメンとかカツ丼とかクレープなんかも食べたかったですが、僕の胃がギブアップしてしまったので残念ながら見送りました。今度、千葉に行く途中に絶対寄ります。

最後に、招待状をくださったNEXCO東日本の事業開発部の河内さんと木村さんにお話をうかがいました。

河内「自信作です!民営化後2年間の成果を、ぜひ見に来てください。」

木村「今後も各地に増やします。今年の夏にオープン予定の上り線はまた雰囲気が違うので、行きも帰りも寄ってください!」


左:河内さん、右:木村さん

というわけで、初めての内覧会、そして新しいパーキングエリアを存分に楽しんできました。

ちなみに、この幕張パーキングエリアがある京葉道路の幕張インターチェンジ〜武石インターチェンジ間は無料なので、高速料金を払わなくても「PASAR」に行くことができますよ。

あ、あと、さすがに写真は撮りませんでしたが、トイレもめちゃくちゃキレイでした。オープン前だからというわけではなく。

独走からさらに加速

高速道路のサービスエリアやパーキングエリアって、競争相手がいないからずっと変わらないんだと思っていました。多少古ぼけた施設でも高速を通れば寄りたくなる。でも、その状態から一歩踏み出して新しい施設を作る、という動きが出たことは、まさにパーキングエリアにとって新しい時代が幕を開けた、と言っていいでしょう。

今後も各地に増えるようですし、ますますドライブが楽しみになるのは間違いありません。

でも、じゃがベーとアメリカンドッグはなくさないでね。あれも十分誇れる高速グルメだと思いますよ。

巨大な液晶の交通情報、これ家に欲しい

「パサール幕張」
http://pasar.driveplaza.com/




 
 
関連記事
つくりかけ高速道路見物
バスでゆく談合坂SA上下線遠足
アメリカンドッグのあの部分を思いっきり味わいたい

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation