デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
人が通れない海底トンネルが開通しました
これまで見たなかでもかなりのハードなトンネル

あまりニュースにはなってないが、先月、レインボーブリッジの下にトンネルが開通した。

でも人が通るトンネルではない。

水道を通すためのトンネルなのだ。先日、その施設見学会が開かれた。ふだんは人が通れない場所、そして、トンネルというダブルで心惹かれる場所である。

予想通りの雰囲気でした。

林 雄司



インターネットみたいなことを作っていた

東京の上水道は1カ所が破損しても別の経路から送水できるように整備をしているそうだ(くわしくはこのページを見てください)。電気や通信ならばそういうバックアップ体制もわかるが、水道のような物理的にでかいインフラもそうなっていたとは。

今回の見学会の対象のトンネルもその一部である。

トンネルの位置は大まかにこんな場所

こんなところに道路通っていたら便利かも、と思うがこれはあくまでも水道用だ。

ゆりかもめで豊洲あたりを通るといつも工事中でなにを作っているのかと思ったけど、こんな秘密のトンネルを作っていたとは(注:特に秘密ではありません)。

あちこちで工事をしている豊洲の茫漠とした景色
そんな現場にエレベーター

トンネルらしいトンネル

工事用のエレベーターで降りた先にあったものは…、トンネルだった。いや、施設見学会なのでトンネルがあるのは当然なのだが、そのたたずまいが予想を上回るトンネルらしさだったのだ。

内径が意外に小さい

共同溝の見学会や首都高速の見学会ではトンネルといっても壁がコンクリで天井も高く快適だったりしたが、水道用はさすがにストイックである。トンネルの内径は2.4メートル、おとなが立ってちょうどいいぐらいである。

ちなみにここは地下50m、約15階建てのビルが入る深さだ。この工事用のエレベーターができたのは最近で、それまでは工事関係者は階段で上り下りしていたという。

「休憩のたびに登ってました」

とのことだが、15階も階段を登ったり降りたりしたら休憩にならないと思う。

地下から地上を望む 50m上が地面

ではトンネル内部に入ります!


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation