デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
2551年を祝うソーメン

(text by 大塚 幸代



少し早めですが、ラオス方面のみなさん、あけましておめでとうございます。
……と書いてみましたが、すみません、ラオスが「もうすぐ新年」ということ自体、3日くらい前に初めて知りました。
ラオスは「仏暦」という、ブッダが亡くなった翌年を元年と数える暦を使っているんだそうで、今年は2551年。
正月休みは4月13-16日なんだとか。

なぜソレを知ったかというと、ラオス大使館のお祭りに、ひとりでフラッと遊びに行ったからです。

会費制でフリードリンク、フリーフード…ということだったんですが。
遅れて行ったら、「モウ、お料理少ないノデ、今カラ、タダで入っていいデスヨー」と受付の人が。

え、いいの? と思いながら、ビアラオという甘めのビール(タダ酒!)頂きつつ、残りものを物色。


確かにもう、ほぼスッカラカンだったけど、

一品、ありましたよ。


ラオス風ぶっかけソーメン、「カオプン」。日本の「お赤飯」のような、お祝い事の時に出すメニューだそうです。

いいのかなあ、タダ飯頂いて…お正月だからいいのか、と思いながら良い気分で食べていたら、「おねえちゃん、飲む?」と、知らない人が、ラオスの焼酎1本をくれました。

お酒とごはん、音楽、きれいな女性の踊り。

……なんだここは、天国か。

ラオス、行ったことないけど、きっと良い国! と断定。

この気持ちを形にしたい! 皆さんにもラオス風お正月を祝って欲しい!…と思って、ラオス風ぶっかけそうめんの作り方を伝授、しようと思うのですが…。

調べたんですが、参考出来るレシピサイトが存在しないんです。
仕方ないので、思い切って、あてずっぽうに作ることにしました。
そのへんのスーパーで入手出来る食材に、大胆アレンジしてみます!



用意したのは、牛乳(ココナツミルクの代わり)、醤油(ナンプラーの代わり)、シーチキン(シーチキン使ってるのかどうか分からなかったけど魚の味がしたので)、普通のソーメン(本当はお米で作ってある麺らしいのですが代用)。


あとは、トッピング用野菜。千切りにします。


まずは小鍋に、シーチキンと牛乳入れて沸かして、醤油をたらり。
えーと、簡単ではございますが、これで完成!

見かけ、かなり似たものが出来ました。

……しかし、すんごいテキトーに作ったわりには、美味しいんですコレ。
あっさりしていて、お酒飲んだ後とかにも良さげ。ヘルシーだし。どうしよう。

一応、「これが正解じゃないかな?」というモノも作ってみました。シーチキン、ナンプラー、鶏ひき肉、ココナッツミルク、タイカレー用ペースト。調理法は上と同じく「火にかけるだけ」。

これも、普通にイケました。ちょーっと辛いんですけど似た味だと思います。

■ラオス料理が美味しそう

と、まあ、カオプンは確かに美味しいんですが、
やはりそれ以外のラオス料理、ラープ(ハーブと肉の料理)とかオープカイ(蒸し鶏)とかサイーコーク(ラオスのソーセージ)とかシーンヘーン(干した牛肉を揚げたもの)とか竹の籠に入ったもち米とか……いろんなの食べたかった!! というのが、本音だったりします。
来年は早めに行くわよ!!


 
 
関連記事
風に流れる流しそうめん
落ちてたモノで首飾りを
こんな年賀状はイヤだ

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation