デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
ステテコ工場見学


「ステテコはすばらしい」
という旨の記事を以前書いたところ、それがステテコを作っているかたの目にも留まり
「工場見学に来ませんか?」
という話が舞い込んで来た。ステテコ姿のまま屋外を疾走するなど大変恥ずかしい内容であったにも関わらず、だ。
それにしても、自動車とかビールとか工場見学は数あれど、“ステテコ工場の見学”というのは珍しくないだろうか?

というわけで、大分県は国東半島にあるステテコ工場へ、火曜担当ライターのざんはわ(石川さん、大北さん)の両名と共に行って来ました。

(text by T・斎藤



訪れたのは、大分県国東半島にある工場。
ここでステテコを作っているという。

工場の中を見る前に、まずはステテコについて話を伺った。


ステテコ工場の武村さん(左)、佐々木さん(右)

お話を聞く石川(左)・斎藤(中)・大北(右)

もりもり増えていくステテコ知識

お話を伺って最初にわかったことは、私がはいていたのは秋・冬用のステテコだった、ということだ。

ステテコの生地には2種類あるという。
・ニット … 編み物。秋・冬用。
・クレープ … 織物。春・夏用。表面が並状に凸凹しているため、肌に密着せずサラサラした触感。

これがクレープ生地。別名・ちぢみ。
記事の中で、スーツの下にステテコをはいた時は、はかない時よりも暑かったと書かれてましたが、クレープのステテコだったらおそらく違った結果になったと思います。

なるほど、それは是非試してみたい。
というか、そういうものがあったとは。

しかしそれにしても、女子高生が好きな食べ物と中年男性が同じ名称の生地で包まれていたとはこれまた興味深い。

「おすすめはクレープ生地です」 と言う武村さ

 

ステテコを本気研究

生地の違いによる吸水率の違いを分析したデータや、一般人のステテコに対するイメージなどを調査した資料なども見せて頂いた。

ものすごく研究されている。

調査、分析、データ。
ステテコがこんなに研究されていたとは驚きだ。
一世代前の親父的イメージも手伝い、私はてっきり「分析」とか「データ」といったキーワードとは無縁のものかと勝手に思い込んでいた。

まあ、私も主にビジュアル面、そして危険性といった面においてステテコの研究をしていたわけですが。

世間がステテコに抱いているイメージなども調査

ちなみに、検索エンジンで「ステテコ」を検索すると私が書いた記事がかなり上位に出てくるということも教えて頂いた。たしかにやってみたら物凄く上の方に出てきてビックリした(2008年4月現在)。

焦りますわー

 

ワンマイルウエア

ステテコは本来、ワンマイルウエアである。
昔はステテコ姿でその辺をうろちょろするなんてのは日常茶飯事だった。が、現在それをすれば、うっかりすると面白い光景になってしまう。

そこで作り出されたのが、ステテコのカラーバリエーション。
その名も「シャレテコ」。

シャレテコ

まさにステテコ一丁でボーダーレスにその辺をうろちょろしたいというニーズのためのアイテム。これで行動範囲が家の中だけ限定から解放される。

これいいかも!…既に白いステテコ姿で思い切り外に出たりしちゃいましたが。

どこか不安にさせる姿の取材陣

と、ステテコ談義は尽きることがないが、ここらでそろそろ工場の見学に参りたいと思う。




 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation