デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
サザンの新譜は茅ヶ崎で!
うわさのサザン通り。


サザンオールスターズが今年結成30周年を迎えた。しかし新譜を8月6日にリリースしコンサートをいくつか終えた後、来年からはしばらく活動を休止してしまうのだという。この衝撃的なアナウンスがなされた後に発売されるニューシングルは30万枚の限定生産、しかも特典としてハッピが付いてくる。これはぜひとも手に入れたいところだ。しかもせっかくだからサザンの聖地茅ヶ崎で予約したい!

安藤 昌教



茅ヶ崎の駅を降りると「サザン」の文字がいたるところに。

その名もサザン通り商店街

サザンオールスターズという偉大なバンドがある。正直さほど熱狂的なファンでない僕にもそのすごさだけはわかる。日本で暮らしている限りサザンの曲を聴かない夏はないし、サザンの曲を聴くと蘇る思い出がいくつもあるからだ。

そんなサザンの新譜を予約するため、茅ヶ崎にやってきた。ここはサザンのボーカル桑田さんの育った町として知られる、いわばサザンの聖地とも言える場所。茅ヶ崎自体もそれを前面に掲げており、ビーチをサザンビーチ、商店街の名前をサザン通りと名付けて盛り上げているほど。

イメージ通りサーフィンが盛んです。 うらやましい環境です。

茅ヶ崎駅から海へと向かう道沿いに広がるサザン通り商店街。平日の昼間に歩いてみたのだが、のんびりとしていてどこか懐かしい感じのする通りだった。八百屋がありお菓子屋があり本屋があり、小学校があって子供がいる。桑田さんも子供の頃、この商店街を行き来していたのだろう。

商店街を抜けて潮の香りが濃くなってくるとサザンビーチに出る。遠くに烏帽子岩が見えた。

サザンの歌にも登場する烏帽子岩。  
「サザン通り」と改名して9年目。 お菓子や記念グッズがいろいろ売られていました。。

道にはレコード型のタイトルカードが。 曲名を見ただけでメロディーが浮かんできます

サザン通りにあるこちらエトアール洋菓子店では、サザンにちなんだお菓子がたくさん売られていた。お店も偶然ながらサザンと同じく開店30周年。全国各地からわざわざお菓子を買いに来る熱心なファンの方もいるのだとか。店内にはちゃんと「エトアールさんへ」と書かれた桑田さんのサインが飾られていた。

エトアール洋菓子店

茅ヶ崎市共恵1-7-17
電話0467-87-1871

 

エトアール洋菓子店にて。

 

サザン関連のお菓子がたくさんあります。

中にはギャグっぽいものも。

自由に商品化されていました。 あのサインはもしや!

 

サザン通り商店街では、6月のサザン結成30周年の日にさまざまなイベントを開催しておおいに盛り上がったのだという。

「お茶屋の小林さんとこが仕切ってくれたんですよ。あとラーメンのじゅんちゃんも、八百浜さんとこも、あと肉屋のこじまさんのとことタオル屋の・・」

子供の頃、僕は近所の商店街があまり好きではなかった。地域の中にいるよりも、派手で大きな郊外のスーパーへ行きたかった。それが今は逆にこういう「繋がった社会」にすごくあこがれてしまう。なぜだろう。できれば自分の子供もこういう社会の中で遊んでほしいなんて思ったりする。でもたぶん今の子供たちも大きくなってようやくこの商店街を懐かしく思うのだろう。もったいないな、と思う。

そうだ、今日の目的はサザンの新譜の予約なのだ。エトアールさんで教えてもらったCDショップへと向かおう。なんでもそこは桑田さんが学生の頃足繁く通っていた場所なのだとか。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation