デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
手作りマヨネーズだから出来ること


ふだんは甘口を買っております。

実はマヨネーズがそれほど好きではない。

主な原材料は「卵、油、酢」なだけに、我ながら常々不思議に思っていた。(卵と油は大好物です)

酸っぱい物は果物でさえあまり口にしない私だ。となると、やはり酸味が余計なんだろうか。でも酸味ゼロのマヨネーズなんて売ってないし、それはもはやマヨネーズではないだろう。

じゃあどうするか。
はい。手作りすればいいんだと気が付きました。

高瀬 克子



ほぼ油

いざマヨネーズを手作りするにあたり、ネットで分量などを調べてみて驚いた。卵黄1個、酢大さじ1に対し、使用する油の量は150ccだそうなのだ。ほぼカップ1杯である。

マヨネーズって、大部分が油なんですね。


油は数種類を用意。
もちろん卵も。

自分であれこれ工夫したマヨネーズを作る前に、まずは練習代わりと言ってはなんだが、通常タイプの物を作ってみようと思う。

なんせマヨネーズを作るのは初めてなのだ。いきなりアクロバティックなことをして怪我でもしたら大変です。


まずは卵黄1個を用意。
そこへ塩コショウ、マスタード、酢を投入。
よーく混ぜたら、
油をタラーリと少しずつ混ぜていきます。

油が分離しないよう手早く混ぜないといけないらしいのだが、これがなかなか大変な作業だった。

いくら全力で混ぜ続けても、いつまで経っても固まってくれないのだ。


マヨネーズの面影もなし。
油を増やしてさらに混ぜる。
まだまだ液体。さらに油増量。
トロッとしてきても、まだ遠い。

油を少しずつ垂らしては撹拌、垂らしては撹拌を30分近く続ける。徐々に固くなっているように思えるのだが、まだまだゴールは遠い。

いい加減に腕が痛くなり、「もういいや」と半ばヤケになって油をドバーッと入れたとき、それはいきなりやってきた。


あっ、これはどっちかというとマヨネーズだ。
もはや液体ではありません。

完成したマヨネーズは市販の物よりだいぶユルユルで、色もかなり黄色かったが、私が目指したマヨネーズそのものであった。

うん、これなら「マヨネーズの味しか残らないよ! 酸っぱいよ!」ってなことにならずに済む。


カレー粉でも混ぜたのか? ってほどの色に。なぜ。
 砂糖などで味を整えつつ。

よし。基本は理解した。最初はユルい状態でも、油の量が増えればちゃんと固まってくれるのだな。(たぶん)

あとは酢や油をそれぞれ自分の好きな物に代えて、あれこれ試作するのみである。


次は、酢を黒くしてみよう。

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation