デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
ポリバルーンで風船細工

はかない風船

「ポリバルーン」というおもちゃをご存知だろうか。
チューブからゲルをにゅるっと出しストローの先につけ、ふくらますと透明な風船ができるアレ。駄菓子屋などで買って遊んだことのあるかたも多いと思う。

風船といってもとってももろく、すぐしぼんだり潰れてしまう。そのはかなさがかえって子供心をくすぐるのだ。

今回は、ポリバルーンを大人買いし、心ゆくまで遊んでみようという試みです。

ほそいあや



1チューブ30円

この固いチューブが懐かしい。自分はこれが大好きだった。子供の頃にこんなに沢山あったらさぞかし幸せだったろうと思う。


トラバルーン?まあいいや。

最近のは色つきなんですね。この匂いがなつかしすぎる。

大人になっても緊張します。

最初はゆっくりと吹く。ああ、このセメダイン臭がたまらなくノスタルジック。
海馬を刺激されながら、そーっと息を吹き込んでいく。

幼稚園くらいの時は、ガムのように噛んで怒られたっけ。

ここ。ストローを外すのがむずかしい。
完成。あれ、たのしいぞ。

 

今も昔も変わらぬたのしさ

ものすごく久しぶりにやってみた感想は、子供のおもちゃと思いきやなかなかあなどれないという事。

まず、うまく作るのが結構むずかしい事が大人をも燃えさせる。
最初にストローの先にゲルをつける時点で形や丈夫さが決まり、ゲルの厚さが均等でないとすぐに穴が空いてしまう。
ましてやキレイな球状を目指すとなると至難の業なのだ。
本腰をいれて挑まなければならないシロモノだとは思わなかったよ、ポリバルーン。


触れるシャボン玉。

大人でも結構失敗するのに、子供は大変だったんじゃなかろうか。

 

バルーンアートを作りたい

この思い通りにいかない風船をつかって作品を作ってみよう。ポリバルーン細工だ。
繊細で壊れやすいオブジェ。きっとはかない気持ちで胸がいっぱいになるに違いない。


こういうやつ

とりあえず王道のダックスフントを作ろう。
胴体の部分が長くなければいけないので、そういった形の風船を作らなければならない。
しかしこれが、全然できない。
諦めて二つ繋げようと思ったけれど、ハチやアリっぽくなってしまうのでやめた。

細長いポリバルーンを作れる人がいたら連絡ください。尊敬します。


変なカタチばかり増えてゆく。

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation