デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
ミュージアムショップが大好きだ
国立科学博物館、日本科学未来館、こどもの城です(写真は上野公園の国立科学博物館)。

家に博物館みやげが並んでいる。恐竜のミニチュア、レプリカ土偶、鉱石、水族館トランプ。

博物館を見て、その興奮のままに帰りに売店で買ったものだ。ときどき眺めてホクホクしている。そこでしか売ってないし、珍しい。なにしろ博物館で売ってるぐらいだから絶対いいものに違いない。

ふだんは「もしかしたら100円ショップに同じものがあるかも」とか「かさばるから帰ってから通販で買えばいいじゃん」などと疑り深いことばかり言っているのに博物館みやげに関しては超ポジティブである。

ポジティブすぎて「大好きだ」なんて記事タイトルをつけてしまった。恥ずかしい。しかし大好きなので3ヶ所回ることにしよう。(林 雄司


ここまで大きいと本当に目印なのかどうか迷う。
科博所蔵品再現モデル。950円。

国立科学博物館

電話で取材したい旨を伝えると「通常の入り口ではなくクジラの脇から入って下さい」とのこと。行ってみると目印のクジラのあまりの大きさに驚く。シロナガスクジラ30mである。これまでの人生でいちばん派手な目印だ。大きすぎてほんとうにこのクジラでよかったのか迷う。

国立科学博物館で前から欲しかったのは所蔵品のミニチュア。ラフレシアや三葉虫、縄文人などハードコアな所蔵品が小さくなって家に持って帰れるのだ(欲しい)。制作は模型や食玩で有名な海洋堂(欲しい)。 三葉虫!と感嘆符を付けたくなるぐらいのディテールとグラデーションである(3つ買った)。

カプセルに入ってガチャガチャで販売している「国立科学博物館カプセルミュージアム」が300円。箱に入っている「科博所蔵品再現モデル」は950円である。

 

スペードのエースは大腸菌

トランプもある。かはくトランプ 1470円。カード1枚1枚に細菌から動物、植物などさまざまな生物が載っているのだ。ちなみにスペードのエースは大腸菌。解説書には「古くからモデル生物として世界中で研究材料に使われているスーパースターです」とあった。研究者の大腸菌への想いを感じる。

カードにはその生物が属するグループが書いてあり、その組み合わせでできるオリジナルゲームが解説書に載っていた。全ての界を揃えると「セブンキングダム」、 真正細菌界2枚だと「バクテリア」という役である。

カプセルミュージアムの縄文人。欲しかったが出てこなかったので断念。
かはくトランプ 1470円。研究者によるフルカラー解説書つき。トランプは任天堂製。
アイコンとともにその生物が属するグループが書いてある。
グループを集めることでできるゲーム「セブンキングダム」。プロカリヨータ!

化石チョコレート。5個セットが1890円。1個が399円。

チョコレートはやや苦めです。三葉虫。
クラスにひとりは持っている男がいた。昆虫したじき。

化石チョコレート

おみやげといえばお菓子だが、科博はお菓子も科学だ。化石チョコレートである。チョコレートでできた化石のレプリカだ。三葉虫やアンモナイト、巻貝の化石をポリポリ食べることができるのだ。

5つセットのほか、単品でも販売している。人気はやっぱりアンモナイトだそうだ。自分で書いておいてなにがやっぱりなのか分からないが、キングオブ化石である。化石チョコレートは人気商品で土日は売り切れることもあるという。

チョコレートは苦めで食べてみるとやや大きい。チョコレートは化石サイズにすると結構食べがいがある。発見である。

ちなみにチョコレートは明治製菓製。さっきの任天堂に続き、委託先がメジャーである。

 

懐かしいおみやげも健在

懐かしいおみやげを発見。昆虫したじきと鉄製の模型である。どちらも僕が小学生のころからあった。羽がオレンジのクワガタなんて日本にはいないのに懐かしい気分になるのは友達(田中)がこのしたじきを持っていたからだと思う。

そしてハッとしたのが鉄製の模型。僕が小学生のころに鉄製の恐竜を買ったが、まだあったとは。文鎮みたいに重くて、すげえもの買った気分になった(小学生の僕は)。

聞いてみると30年以上前から売っているという。以前は亀有で作っていたがそのかたは亡くなり、いまは金型を譲り受けた人が荒川区の工場で作っているとのこと。全体に下町である。

 

鯨ポスターを買って誉められた

世界の鯨ポスターがストイックな雰囲気漂っていてかっこいいので購入。レジに並んでいると案内してくれたかたにこそっと「それ私も家に貼ってます」と言われて嬉しかった。2008年制作の第3版では新種が3つ追加され、15種類が描き直されているそうだ。クジラみたいな大きなものでも新種が発見されているのが意外だ。大きいから目立って全種類見つかっていると思っていたのに。

鉄製の模型。900円。
鯨ポスター。820円。水産会社や研究者がまとめ買いするそうです。
隕石。大きさによって値段が違います。

さりげなく隕石なども売ってます

石類も充実。鉱石のほか、隕石もさりげなく売っていた。ものすごい値段である。これだけ高いと買おうかどうしようか迷わないで済むので嬉しい。

国立科学博物館
〒110-8718 東京都台東区上野公園 7-20
電話:03-5777-8600
ホームページ

 

つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation