デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
ジャンクションをみんなで見に行った

一年を振り返るにはまだ少々はやいが、ぼくにとって2008年は「ジャンクションの年」であったと言えることは、もはや間違いない。今年の年明けにジャンクションをみんなで見に行った時の様子を記事にしたが、実はそのあと2回も同様のツアーを行っている。

自分でもどうしてこんなことを1年に3回もやったのか不思議だ。「ついカッとなってやった」というのはこういう状態を指すのだろうか。いや、べつにカッとはなってなかったと思うけど。

いずれにせよ、とても楽しかったので残り2回の様子をレポートしようと思う。

大山 顕



■「臨海編」と「郊外編」とか銘打って


駅に集合してジャンクションへ向かう一行

記事にした第1回は正月明け早々だったが、第2回は季節の良い春に、第3回も同様の理由で秋口に行った。真夏とかに行くとしんどいからね。つらいことはしない。これはぼくの信条だ。

募集はぼくのサイトで行っただけだが、両方ともに30名ほどの人が集まった。顔ぶれはまさに老若男女と呼ぶにふさわしい。そしてみんな素敵な人たちだ。いわゆる「オタクっぽい」人がいない。ぼくぐらいか。

いやはやジャンクション鑑賞界の層の厚さを感じさせる。ジャンキー(ジャンクション好きのこと)ってけっこういるのね。


第2回は「臨海編」として東京湾臨海部にいらっしゃる「辰巳ジャンクション」「東雲ジャンクション(仮称)」「有明ジャンクション」「浜崎橋ジャンクション」の4つに会いに。第3回は「郊外編」として埼玉県の雄「三郷ジャンクション」「川口ジャンクション」を見に行った。

特に後者の埼玉県の作品はかねてから皆さんに見ていただきたいと思っていた素晴らしいもの。

ち なみにぼくは千葉っ子。首都圏においてはなにかと埼玉県と比較検討されがちな県の出身なわけで、両県の人間はことあるごとに火花を散らすものとされている が、ことジャンクションに関しては埼玉県に軍配を揚げたい。残念ながら千葉には魅力的なジャンクションがひとつもない。そこへ埼玉ときたら三郷だけで圧勝 なのに、ダメ押しのように川口ジャンクションまで。死者にムチ打つとはこのことである。


通称「赤い彗星」:三郷ジャンクション。すばらしい。千葉県、完敗である。

三郷駅にあった案内看板にもジャンクションが
しかし描写があまりにもいいかげん。そこはちゃんとしようよ。

 

■ちょうすてきなジャンクションを見る人たち

まずはとにかくちょうすてきなジャンクションと、それを愛でる参加者の様子をご覧いただきたい。どうぞ。
【いずれも画像クリックすると無駄に大きくご覧いただけます】


有明ジャンクション。お台場のすぐそば。どうしてここにカルチャーカルチャーをつくらなかったのか。

工事中の東雲ジャンクション(仮称)。工事中って、かっこいいよね。末永くこのままでいてもらえまいか。

ずっと工事中のままで「日本のサグラダファミリア」とか名乗ればいいと思う。

唐突なカラーリングがまぶしい、三郷ジャンクション。通称「赤い彗星」。その名にふさわしく、尾が四方八方にたなびいています。

なぜか国立公園指定されていない、川口ジャンクション。みんなで見れて幸せ。

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation