デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


チャレンジの日曜日
 
これが編集者のチョー描きすぎラフだ!


 

普段会社では
編集者として働いている僕ですが、

家では最近ますます
イラストレイターとして働いているがゆえに、


編集者が
普段仕事で描くことになる
「ラフ」が

最近今まで以上に
いろいろ描きすぎで
異様なことになってしまっております。


ってことで今回は、

そんな異様な編集者の
異様なラフを

あらためて
大公開してしまいたいと思います!

マスコミ・編集者志望者の方はとくに必見だ!?

ヨシダプロ



ちなみに会社での僕なんですが、
普段は編集者として
高校生向けのさまざまな激人気雑誌を
つくったりしております。

で、
ちなみに編集者っていうのは、
その仕事内容としましては、
雑誌の各ページの設計図ともいえる
「ラフ」っていうものをまず描きまして、

それをもとに
イラストレーターさんらスタッフの皆さんに依頼して
完成させていくという
いわば雑誌のページ作りの裏方的存在なわけでございます。

ですので
そのラフっていうものについては
編集者が描く段階のものにおいては、

誌面において
この辺に文章が入るとか、
この辺に人のイラストが入るとかが○かなんかでわかるように描いてあれば
それで全然OKなものなのですが、

でも
僕が描いているラフは
普段イラストレーターもやっているがゆえに、
妙にイラスト描きすぎな、
一般的な編集者のラフにはありえないような
異様なラフになっていることがほとんど
なので、

今回はそんな中でも
今までにつくっていた雑誌のもので
とくに異様に描きすぎなラフを紹介させていただきたいと思います!!
ではいきますね!!

●描きすぎラフ 1枚め
「スキマ時間特集」

いわゆる雑誌には
いわゆる特集ページってものがありますが、
そこでは読者のみなさんに
雑誌としてその時期に一番伝えたいことを
伝えていくことになるわけでございます。


で、とある月におきまして、
高校生読者にとっても非常に重要なテーマともいえる、

部活と勉強を両立していくために
日々の生活においてのスキマ時間をつかって勉強していこう!

というような特集ページをつくることになりまして、

その際に
特集の内容を語っていく誌面上のMCキャラとして
スッキマン
というキャラをつかって
展開していこうと思いまして、
とりあえず
僕が描いてみたラフがこちらです。

あぁ。

まぁ見るからに
描きすぎですね。

普通ラフではここまで描く必要は
一切ございません

で、出てくる人物キャラのつきましても
普通は○くらいで描いておけば
いいものなのですが、

スッキマン。

まぁいいのですが、
僕がラフで描くと
後期ドラゴンボールにみられた
鋭角的な線による
スーパーサイヤ人的な感じ
になってしまっておりますね。

まぁいずれにせよ
描きすぎです。

編集者がラフでここまで描く必要は
まったくございません。

で、実際の誌面製作の流れとしては
このラフをもとに
スタッフのみなさんに依頼し、
みなさんの手により見事につくられていくわけですが、

そうして
やがて完成することになった
この特集の実際の誌面の様子が
こちらです。

おぉ!

なんとも
きゃわいい仕上がりに!!

 

例のスッキマンも

こんなに
きゃわいくなりましたね。

スーパーサイヤ的なニュアンスはなくなりましたが、
おかげさまで高校生により好かれそうな
とってもチャーミングな感じになりました。

このように
スタッフのみなさんとのコラボにより
みごとに素敵な誌面が誕生したのでした。
さすがでございますね。

これが
編集の醍醐味ってやつですよね。

DAIGO味ってやつですよね。ガチで。

で、ちなみになんですが、
扉ページ以降の
ページにおいても

僕のラフにおいては
まだこんな
シリアス筋肉男が
出続けていたわけですが

「!!」と驚いていただきつつ
とりあえずこのたびは
どこかに
消えていっていただけたらと思います。

 

ラフで描きすぎてしまう自分、
ドンマイ。

 

ではそんな感じで、
不必要に描きすぎてしまっている
不毛で異様なラフを

ドンドン見ていきましょう!

●描きすぎラフ 2枚め
「ダメ勉強特集」

では
つづいての特集は、

高校生活においてつい陥ってしまいがちな、
効率の悪いダメな勉強法をおサラバしてより効果的な勉強をしていこう!

という
ような特集ページ
ということで、

なんか音楽番組っぽく
ダメな勉強法を歌っぽく紹介していって
解決していこう
という思いを込めて

僕が描いてみたラフがこちらです。

 

タモさん
こんにちは!!

ということで
音楽番組の設定ということで、
MCキャラはやはり

かなりタモってるあの方に
なってしまっているようですね。

これは
タモリストとしての悲しいサガ
だと言えるでしょう。

で、
この僕が描いたラフをもとに
スタッフの皆さんの手により、

完成することになった
実際の誌面がこちらです!!

おぉ!!

またしても
きゃわいい仕上がりに!!

とってもポップで
おかげさまで高校生にも受けそうな
誌面となりましたが、

…あ、あれ、タモさんは?

まぁ僕のタモリズムは消え去ってしまいましたが、
スタッフのみなさんとのコラボにより
素敵な世界観がそこに誕生したのでした。
どうもありがとうございます。

 

ってことで
この最初の扉ページ以降の
ページのラフにおいても、

随時登場が予定されていた
僕のタモさんについても

とりあえず今回は
帰っていただくことになったのでした。


また
来てくるかな?


いいともー!!

●描きすぎラフ 3枚め
「受験生特集」

では
つづきましての特集は、

受験のためにも、早いうちから受験生になっていこう!

という特集のページのラフ
なんですが

まぁ最初の扉ページについては
こんな感じで
また高校生キャラなどが
まぁそれなりに絵描かれているのですが
まぁご多分にもれず、描きすぎですね。

でも
こんなラフではありますが、
ちなみに実際の誌面においては

スタッフの皆さんにより
こんな見事に仕上げてくださいまして
ホント助かります。

で、この華やかな扉のあとの
次のページの
ラフに行ってみると、

こんな感じで
いろいろ情報を紹介しておりますが

またページの最後の
ハジッコのほうに
キャラが出てきて

そのページのまとめでも
語っているようなのですが

これほとんど
虫ですね

まるで
デカイ
ゴキブリのようです。

 

ラフとはいえ
もうちょっと
愛着を込めて
描き込んであげてもよかったかな
とは思いました。

●描きすぎラフ 4枚め
「大学入試雑誌」

つづいてはちょっと変わって、
大学入試についての情報がまるわかりになるすごい雑誌を

つくっていたときのもののようですが、

最初はやっぱり漫画のほうが
高校生に読んでもらえるってことで、
冒頭は
雑誌全体の導入漫画を
漫画家さんに描いてもらおうと思い

とりあえず描いたラフなんですが

描きすぎ。

明らかに描きすぎです。

ラフでこんなに描いてあったら
漫画家さん
描きにくくてしょうがないことかと思います。

ってことで、
実際の完成した際には

こんな見事に描いてくださいまして
その節はホントどうもありがとうございます。


まぁ
そのあとも
この雑誌では
男子と女子のキャラが
かわいらしく登場しながら展開していくわけですが、
大学入試の雑誌ということで

国公立大について!
私立大について!
という
きわめてまじめでお堅い
ハードな内容を説明する
ページに至ったわけですが、

その
ページのラフにおいて
僕がラフに描いていた
二人のキャラが
こちらです。

 

緊張感ゼロ。

大学入試を扱う
まじめ雑誌のMCらしからぬ
振る舞いですね。

でも
まじめ雑誌とはいえ
これくらいのほうが
高校生の等身大に合っているものなんだよね★
たぶん。

●描きすぎラフ 5枚め
「学園祭特集」

つづいては

大学の学園祭に行ってみよう!

というような学園祭を紹介する
ちょっとしたコーナーの
ページのラフということで

かなり
フェスティバル!
っなノリにしてしまったがゆえに
こんどは

祭りを好きそうなMCキャラ
フェスティバくんが
出てきてしまっております。
元気そうで何よりです。

そんなフェスティバくん
以降のページのラフにおいても
MCキャラとして
ページ随所に出てくるのですが、

徐々に
体の書き込みが
微妙に雑になり
やがて

また
虫のようになってしまっておりますね。

で、その後も
フェスティバくん
出続けたわけですが

結局
当特集の
最終ページのあたりにおいては
みごとな殴り書きにより

完全に
目がイってしまっていたのでした。

でもそんな
フェスティバくんが
私は大好きです。

●描きすぎラフ 6枚め
「勉強法特集」

続いてのこちらは、

勉強のための教材をどのように使って勉強すればいいのか
勉強法を紹介していくページ
のラフ
でございますね。

で、こちらも
扱うテーマが勉強だけに
そのままやると誌面の内容が硬くなってしまうので、

すこしでも高校生の読者に
読んでもらうためにも、

ラフにおいても
また冒頭に
導入漫画を
設置して、

その漫画を
漫画家さんに
描いてもらおうと思っていたわけですが、

またしても
描きすぎですね。


ここまで
絵から何から描かかれてしまっていたら
漫画家さんも
なすすべがございません。


で、
なおも流れの途中において
漫画で橋渡しする部分があったのですが、

またしても
描きすぎですね。


で、実際に完成した
誌面としましても

 

こんな感じで

漫画家さんも
作家性の発揮のしようもなかったことかと思います
その節はホントいろいろすみませんでした。

●描きすぎラフ 7枚め
「投稿ページ」

つづいては
いわゆる雑誌の
投稿ページなんですが、

お堅い雑誌の中でもいくぶん自由が利くページですので
それゆえ
ラフにおいても
扱いがかなり自由な感じになっているようです。

ってことで
こちらは
とある月の
投稿ページの開始部分なんですが、

なんか
変なのがいる
と思ったら

変なメガネの犬が
いたのでした。
しかもえらい元気いっぱいに。

ちなみにこちら
当投稿ページの
MCをしている犬キャラでして。
おかげさまで高校生からもわりと人気のメガネ犬です。

そんなメガネ犬
僕的にも大好きですので
必要以上に出してしまうのでした。

たとえば
別のとある月の

投稿ページの冒頭
においても、

いきなり
犬寝てますね。

かなり
自由です。

雲のジュウザ並みですね。

いいことだと思います。

 


で、この投稿ページには
ほかにも
MCキャラがおりまして、
こちらは
投稿ページのとある月において、

なんですがこの回は
投稿を「○○の秋」ってことで
展開していくようなのですが、


以下のラフは
「恋愛の秋」ってことで
MCである女性キャラが
恋愛についてお送りしていくコーナーなのですが

!!

この顔
ひどいですね

ラフとはいえ
変態すぎます。

なにが恋愛の秋でしょうか


こんな
見るからに
ダメな恋愛をしてしまいそうな顔のキャラに
恋愛を語って欲しくないものでございます。

ラフとはいえ
気をつけていきたいものでございます。

 

 

そんな投稿ページの
MCキャラたちへの愛着は深まるばかりですが、
続いてこちらもとある月においての
同投稿ページの
とある1ページの
ラフなのですが、

ん?

よく見たら
ページの一番端のほうに
何かがおりますね。

で、よく見てみましたら

あ、

なんかいた

キャラ
ページ端の
狭いところに無理やり出されておりますね

まるで電車のトビラに挟まれているかのようです。

キャラへの愛着が
みごとに感じられない
ひどい登場っぷりですね。

ごめんね
キャラたち。

 

じゃぁもういいよね

ではまたおやすみなさい。

 

 

以上いかがでしたでしょうか
今週の 「会社ギガント萌え〜」。
というわけでみなさんも
会社と家とで
アイデンティティを
揺らぎ続けていただけたらと思います。

……

ってことで突然すみませんが、
そんな僕が家でイラストレーターとして
イラストを描きまくった本が近日発売されるよ!

『爆笑!びっくり!バカニュース』
(イースト・プレス)

世界各地のバカニュースがいっぱい載っているスゴい本が
10/23(木)に発売されるよ!
今すぐ書店やコンビニや書ンビニへ急げ!!
お忙しいところ恐縮ですが
どうぞよろしくおねがいいたします
ではまた失礼いたします。


 
 
関連記事
初公開!これが編集者の“描き過ぎ”ラフだ!!
地味な写真を小悪魔雑誌風にキラキラさせる
家がみっちり

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation