デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
花の色を自在に変えたい

花を買ってきた。すでに不吉な雰囲気が漂っている

皆さんは「白いカーネーションの茎を割いて、茎を普通の水と赤い水にそれぞれ浸ける」という実験を、子供の頃に見たりやったりした覚えはないだろうか。

そこそこ知られている自由研究のテーマなのだが、成功すると真ん中からきっちり色が分かれた紅白のカーネーションができるというものらしい。かっこいい。

私はやったことも見たこともないまま大人になってしまったので、一度くらいはやっておきたい。

……しかし、子供向けとたかをくくって挑んではみたものの、甘くなかった。

ほそいあや



バラとカーネーション

まっしろな花を買ってきた。この花束が翌日には虹色になっている事を想像している。純白の花束を目の前にして気分はもう「俺色に染まれ」である。


何色にしてやろうか。

インクも買ってきた。

カッターナイフで茎を割く。
このように二股に。

 

このまま一昼夜おく

まずは紅白のバラを作りたい。
透明な水と赤インクを溶かした水に浸ける。
一時間くらいで水を吸い上げる場合もあるそうだが、一昼夜が基本らしい。
もし成功したら、とてもめでたい花ができあがる。祝い事にもってこいだ。

ぐんぐん吸ってくれ。

残りのカーネーションとバラも色水に浸ける。茎を割かない単色バージョンも実験しよう。
なんだかポップなディスプレイみたいになってしまった。

場末のスナックにおいてある謎のオブジェのよう。いや、どうか。

 

そうだ、エディブルフラワーだ

飾る花もいいが、食べる花でもやってみたい。
あいにく近所にエディブルフラワーを売っている店はないので、食用菊でやってみるのはどうだろう。
青い菊、食べてみたい。
しかしここで問題発生。スーパーに売っている食用菊には茎がない。 花の部分だけ切り取られて売られている。

うーん。困った。

 

ある日、巨大な箱が届く。

菊を送ってもらった

この話を知り合いにしたところ、道はあっけなく開けた。
山形在住の知人が、茎のついたままの菊を送ってくれたのだ 。ご実家が農家で、食用菊を生産しているとのこと。

感謝感激。花に色水吸わせて食べたいなんていう野望のために、本当にありがとうございます。


おお、茎つき。こんなに沢山ありがとうございます。

面倒なのでインクでいいかと思ったが、さすがに思い止まって買いに行きました。
食紅でつくる色水は鮮やかでキレイ。

 

菊よ染まれ

もとからピンクの花なのでわかりづらいかもしれないが、青紫になったり、緑に浸けたら真っ黒になったりしたら面白い。うまくいくのだろうか。


ふざけた仏花のようです。

このまま24時間待ってみよう。
この光景を見ながら、頭のなかは色とりどりの花が咲き乱れるように期待と希望であふれている。ぐんぐん吸い上げてくれ。
この日はわくわくしながら眠りについた。

予想外の結果は次のページにて。

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation