デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


 
週刊すみましーん Vol.1
困った困った

先々週、「週刊すみましーん」というスタイルで記事を公開させていただきました。ネタのブレストから始まるというコンセプトの元、暗中模索の最中でございます。

今回、再び「週刊すみましーん」スタイルでお送りするにあたり、林さんと対策会議を開きました。居酒屋で。

その際、林さんから出た要望が2つ。

1.ブレスト部分とネタ部分の境がはっきりするデザインにしましょう。
2.次回はコミックエッセイでお願いします。

1つ目のデザインについては、このように黒バックで対応しました。問題は2つ目の要望です。コミックエッセイ。

どうしましょう?
僕は絵が描けません。

(text by 住 正徳



コミックエッセイに挑戦してみた

林さんは簡単に「コミックエッセイで」なんて言っていたが、どうしたらいいのだろう? コミックエッセイというくらいだから、絵が必要な事は分かる。しかし、僕の絵は小学生レベルである。

困った。

酔った席での発言だったので、もしかしたら林さんは覚えてないかもしれない。
後日、電話で確認してみた。

住「こないだ言っていた、コミックエッセイですが…」
林「ええ」
住「あれ、冗談ですか?」
林「いえいえ、本気ですよ。是非、住さんのコミックエッセイが見たいです」
住「でも、僕は絵が描けませんよ」
林「描けますって」
住「描けるかなぁ…」
林「ハートカクテルみたない話、お願いします」


またハードルが上がってしまった。
ハートカクテルみたいな話って。

これ以上ハードルが上がると大変なので、とりあえず電話を切った。
ハートカクテルの件はちょっと置いといて、まずは絵だ。試しに絵を描いてみよう。

前回の「週刊すみましーん」より

コミックエッセイに挑戦するにあたり、前回の記事を絵にしてみる事にした。代々木公園にバッティング屋を開業した時の1コマを描いてみる。


コミックエッセイ?

一生懸命写真を見ながら描いたら、こうなった。

写真通りに再現しようとするとバッドを持つ手が変な方向に曲がってしまうので、バッドを持ち上げて何とか切り抜けた。

しかしどうだろう?
これはコミックエッセイなのだろうか?

この物淋しい雰囲気は何だ?

色だ。

色をつければコミックエッセイになるはずだ。

塗ってみた。

コミックエッセイ?

いや、違う。
こんなのコミックエッセイじゃない。

色を塗ったところでデッサンがおかしい事に変わりはない。
やっぱり僕にコミックエッセイなんて無理なのだ。
この絵を見たら林さんだって分かってくれるはずだ。

中国だ。

先週行って来た中国で何かネタを考えよう。





 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation