デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

フェティッシュの火曜日
 
紳士服店の壁にいる幸せそうな人々
そういえば、超でっかく幸せそう

はっ! と思った。大型紳士服店の壁にでかい幸せそうな外国人がいることに気付いたのだ。

「そういうものだ」と思って見過ごしていた。これまでずっと、見ていながら見えていなかったといってもいい。多分あまり深い意味はなく雰囲気で飾られているので、見る側の私も違和感を覚えなかったのだろう。

それが、ひとたび「なんでここに幸せそうな人々が?」と気付いたことで違和感がぐいぐい迫ってくる。だって、えらく幸せそうでそしてどうかとおもうほど巨大なのだ。彼らは。

(text by 古賀及子

これ! この人たちです


洋服の青山 品川旗の台店

どうでしょう。ここまで大きな幸せそうな男女の写真というのもなかなかないのではないか。ビル側面の一角で大きく抱き合う男女。満面の笑み、そして交わされるプレゼント。

紳士服店にはほとんど縁がない私だが、それでも近所や学校の近くにあったり、大通りを車で通るときに見かけたりして紳士服チェーンの名前くらいはいくつか言える。無関係でありながら割と身近な存在。それが紳士服店だ。

そうして、思えば過去ふれ合ってきた多くの紳士服店の店先に幸せそうな男女がいた気がする。なぜだ。


一番最初、リード文章の横に掲載したのは青山 大田久が原店。ただただでかい 旗の台店の両店の写真を見比べると……。あー! 同じ二人が。あっちこっちでいちゃいちゃしている模様

さらに、特売スペースの後ろでも幸せそう

駐車場にも幸せそうな人々が

いや、気持ちは分かるんだ

「なんで幸せそうな外国人が?」と疑問を投げかけてはみたものの、こういった写真を店の看板としてあしらう気持ちは分かる。雰囲気作りのためだろう。

モデルを外国人にすることで現実性が薄れて生活感を消すことができるし、日本人モデルよりも匿名性が高いこともあってより純粋にすてきな雰囲気だけを出すことがでるんだと思う。

そういう意味での外国人モデルはスーパーのチラシの衣料品コーナーだったりマンガ雑誌(レディースコミックのような)の表紙とかブライダル雑誌とかにもで出てくる。 私たちの生活にかなり密着した“すてきさ”表現だ。


居酒屋のメニューにもいた幸せそうな外国人のみなさん

紳士服店の幸せそうな人たちもきっとそういった意味で掲げられているんだろう。そんな事情を考えれば彼らが幸せそうなことに全く不満は無いし、紳士服店ののイメージ作りにはピッタリだと思う。


一見幸せそうな外国人のみなさんは見当たらない目黒八雲店

駐車場スペースも正攻法な日本人モデルの方々がいるけど…

振り返ったら、いらっしゃいました。ビジネスシーンでも幸せそう

そして、ここにも。階段部分までも強引に幸せそう


気持ちは分かる、んだけど

ただ、その単純に雰囲気として写真が使われるあまりに、サイズ感やら掲げる場所の感覚が飛んでしまってはいないか。

だって、やたらにでかい。そして、「うわ、ここにもいた!」というちょっとしたスキマでも幸せそうにしているのだ。


久が原店の階段でも。その後の調査で階段部で幸せそうにするのは紳士服業界では普通のことであると判明

「洋服の青山」だけじゃない

そういったわけで、これはもしや普通じゃない事態なのでは、と思いはじめた私は改めて紳士服チェーンの幸せそうな人々を見て回ることにした。

その結果、大変な事実が判明した。

上記にあげた3店はすべて「洋服の青山」だが、今回調査したところ、なんと「コナカ」と「AOKI」の店頭にも幸せな外国人がいることが分かったのだ。


街頭が邪魔ですが、AOKI高田馬場駅前店。AOKIは高田馬場駅付近にある2店舗で幸せが確認された。

こちらは西早稲田店。


幸せそうな写真には家族、恋人、仕事仲間が多いようだが、この4人は関係性がなぞだ。でも幸せそうなことに変りはない

1人、厳しい表情の方もいらっしゃった。レアだ


コナカ 蒲田店は商店街にある1軒

店舗が小さめというハンデを乗り越えて店頭を張る大きな幸せ


なんと、でかい幸せな人々は業界を横断していた。
これってもしかして文化と言ってしまっていいのではないか。

4つのチェーンの東京23区内店舗をチェック

とはいえ、調べたところ全ての店舗で人々が幸せそうにしているわけではなかった。全くそういったそぶりのない店舗もあったのだ。

今回は青山、コナカ、はるやま、AOKIの4つの紳士服チェーン店の23区内の店舗で確認した。すべてを自力で回るのには無理があったのでGoogle ストリートビューで店頭に幸せそうな人がいるかどうかをチェックした。チェックしつくした。

2日間、他の仕事の合間をぬって紳士服店の店先ばかりをストリートビューで見ていた次第だ。一体どんな趣味だ。


幸せそうだなあ


せっかく2日かけて23区内の店舗をすべて調査したので、チェーンごとの幸せの比率をグラフにでもしてみよう。


  チェーンごとの幸せ比率をグラフでどうぞ >
 


 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation