デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
全てをプロレス風にするぞコラ!

写真は関係なくもないですがあくまでもイメージ。

今年話題になったスポーツ選手といえば、テニスの錦織圭選手、通称「エア・ケイ」。コレってずっと必殺ショットの名前だと思ってたんですが、彼自身のニックネームなんですね。考えてみればスポーツって「得意技」はあっても、わざわざ名前がつくような「新技」「必殺技」ってそうはない。

新技+新ネーミングといえばプロレスだ。しかもよくよく考えると独特のネーミングセンスを持っている。「バックドロップ」なんて「後ろに落とす」の直訳なのにどこか力強いし、日本訳だとなぜか「岩石落とし」だ。そのセンスで街で見かける名も無きものに命名してみたらどんな名前になるのか?プロレスファン代表&現役レスラーをお招きして頭をひねってみました。いわばアイデア・ネックブリーカー!こんな感じ‥あ、もうちょっとヒネってますから!

大坪ケムタ



技の名前って誰のセンスなの?

だいたいプロレスの技の名前ってやっぱり本人がつけるものなのだろうか。それはやっぱり現役の人に聞いてみるべきだろう、ということで今回現役のレスラーを招いてみました。格闘探偵団バトラーツ所属の澤宗紀選手です。


ナーシャッ!レスラーらしいアピール写真。
ちなみに前日の試合の模様(澤選手は右)

現NWA世界ライトヘビー級タッグ王者にして、プロレス界トップクラスの他団体出場男として日々熱いバチバチファイトを見せつけてる澤選手。ちなみにもうひとつの顔として「ランジェリー武藤」というリングネームでもファイトしてまして、そちらはこんな感じ。


ナーシャッ!レスラーらしい‥か?
ブラはつけても魂は武藤敬司!

ちなみに上写真は自分の結婚パーティで試合してもらった時のもの。まさに公私ともにお世話になってまして、今回の企画参加をお願いした次第なのです。

さらにもうひとり、往年のレスラーから今の人気レスラーまでのTシャツをデザイン販売しているハードコアチョコレートのMUNE社長。何げにデイリーには「魚肉ソーセージ100人前」や、乙幡さんの「Tシャツのイベントで売り子になってきました」などたびたび出演してもらってます。


プロレス好きの人ってカメラ向けるとまずポーズつけるよね。

ちなみに写真のポーズはドクトルワグナーJr.風。わかる人だけわかって!‥というのはやりたくないので極力頑張ります、今回は。プロレス知らない人にも伝わるよう。

ではさっそく先ほどの質問から。やっぱり本人命名?


澤「ほとんど本人じゃないですか?試合で出したあとに技名募集ってこともありますけど」

M「武藤敬司の必殺技『シャイニングウィザード』なんかは応募でしたね」

−−だいたい試合で技出して後から名前発表、みたいな。

澤「そうですね。試合後に記者が確認に来てそこで発表、みたいな感じで。でも、だいたい新技が出来てそれから名前考えますけど、逆に先に名前あってどうしようかな、ってのもありますね(笑)」

−−名前と技のイメージが合ってないのは名前先ぽいなぁ。澤選手の必殺技というと振りかぶってのパンチ、通称『イラブパンチ』てのがあります。あれはやはり伊良部投手から?

澤「そうですね、スポーツマンらしくなくて好きだったんですよ。ふてぶてしいヒールレスラーぽさが。それで名前付けてみました」

M「恐喝で捕まっちゃいましたけど(苦笑)」

澤「あえて名前は使い続けます!あとはフィニッシュで『卍固め』使うことが多いんですけど、尊敬の念を込めて『お卍固め』って言ってますね、ハイ」

M「やらしい意味じゃなくてね(笑)」

澤「尊敬の念ですから!あとこの前初めて知ったんですけど、マスコミにリリースする時は必ず日本語訳にしなきゃいけないらしいんですよ。『片エビ固め』とか、『アームロック』だったら『腕固め』とか。今も基本はそうらしいんです。かなり崩れてはきたみたいですけど」

−−昔は『ジャーマンスープレックス=原爆固め』みたいな和名がだいたいありましたよね。

M「ずいぶん無理矢理な日本語訳も多かったよね!アドリアン・アドニスの『マンハッタンドロップ』が『摩天楼式落とし』とか(笑)。『カーフブランディング』の『仔牛の焼き印押し』なんて格好いいけどさ」


なるほど、基本は選手自身がネーミングすると。「昔は『アイアンクロー』とか『ココナッツクラッシュ』とか分かりやすかったけど、今のはどんな技かも分からない」とボヤく古くからのファンであるMUNEさん。たしかにカッコイイ名前もいいけど意味わかんないのは困るよなぁ。技の名前だか無国籍料理の名前だか、みたいなのもあるもんな。

さてその辺を踏まえてお二人にはワタクシが撮ってきたモノや動きに対してプロレスの技的センスでネーミングしてもらおうと思います。第一問はこちら!


そば屋の配達用のおかもちを載せるバイク。

そば屋の店先に並んでるあのバイク。ひとたびどんぶりを載せれば汁一滴こぼさずお届けする匠なアイツ。でも名前は意外と思いつかない。ということで名付けていただきましょう、カーン!(ゴング音)


澤「運び屋ですよね。『トランスポーター』とか?」

M「『そば屋式』とか『日本そば式』とか入れたいよね。『手打ち式配達固め』とかどうですか?」

澤「固めちゃうんですか(笑)」

M「いや、少しでもプロレスに近づけようと思って(笑)」

澤「運ぶ先は住所聞かないといけないから『アスク・ヒム』でいいんじゃないですか」

−−オフィス用具宅配の『アスクル』ぽいな(笑)。

M「富士そば(都内チェーン店)だったらフジヤマとか入れたいよね。昔あったよね、『フジヤマタイガードロップ』」

−−漫画の方の『タイガーマスク』の技ですね。

澤「じゃあ『フジヤマライダードロップ』ですかでよくないですか?そばを置いていくわけだから、強引だけどドロップで」

−−外人に言ったらそうなんだ、って言いそうなネーミングですね確かに。

澤「破壊力を増した『フジヤマライダークラッシュ』とか派生形もありそうだし」

M「さらに『箱根式』とか『あじさい式』とか団体(チェーン店)ごとにあるわけですよ。さらに『年越し式』とか『月見式』『てんぷら式』『肉式』‥」

−−そこまでいったらただのメニューだよ!


ということでおかもちバイクは今日から『フジヤマライダードロップ』にケッテー!‥と、一問話して、さらに原稿にまとめてみると見事に中学生の教室での会話感がバリバリなのを感じます。どうやら今回はこのテイストで最後まで行きそう‥振り向くな、キープオン中学生!ということで2問目の写真はこちら。


見上げるとこんな雑居ビル多いよね。

エアコン室外機が立ち並ぶ、雑居ビル裏側によくある風景。これはどんな名前?レディトゥランボー!


M「熱い風来ますよね、ここ‥『ハイパータイフーン』とか?」

澤「僕もタイフーンが出ましたね!プロレス的に暑い地域というと‥」

−−アフリカや東南アジアじゃないですよね。

M「熱い風ってのは‥カリブですよ!『カリプスハリケーン』って選手いましたね」

澤「カリブかプエルトリコですよね、じゃあ『プエルトリコの熱い風』とか。キン肉マンの『ベルリンの赤い雨』のパクリですけど(笑)」

M「一台にはないハイパー感がありますよねぇ。一斉にウワ〜っと熱気が来るような‥太鼓の乱れ打ち的な?『熱風乱れ打ち』とか」

澤「そういえばこんな妖怪いましたよね‥えーっと、あ、『百目』*1!」

−−あ、確かに目っぽいですね。ビジュアルから入るのもいいかも。

M「モンスター系の名前ってのも「らしい」ですよね。実際に『フランケンシュタイナー』とかあるし。『百目』でいいんじゃないですか?」

*1百目:水木しげるの漫画で有名な妖怪。その名の通り全身に目が無数にある。


ということであのビル裏の光景は『百目』に決定!プロレス技っぽいかというとよく考えるとビミョウではあるけども、辻よしなりアナの声で『百目が決まった〜、ヒャッホー!』とか想像すると悪くない気がするのでアリにします!

‥という甘めの判断基準でまだまだプロレス技風ネーミング協議会は続きますよ。


いやー、難しいわ本気で。

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation