デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
バナナ弁当で紅葉狩り


バナナ、ういっしゅ!

バナナ毎朝食べてます。いや、朝バナナダイエットとかそういうのではなく、もともと好きで毎朝食べているのです。そりゃもう、例の騒動で店頭からバナナが無くなった時には「これから私はどうしたらいいんだ・・・」と、空の棚に手をつき膝を落とした。なんてことは無かったですけど、要するにバナナ好きなんです。

今回は木々が綺麗に色付いた都内の公園へ仲間と出かけて紅葉狩りをしてきます。晴れた暖かい昼下がりの公園で軽く飲みながら紅葉狩り。もちろん持っていく弁当はバナナで作ります。バナナ弁当で紅葉狩りということで行ってみましょう。

(text by 吉成



バナナと言っても調理用バナナ

バナナで弁当作ると書きましたが、今回使うバナナは普通に見かけるバナナとは違い調理用バナナと言われる物。中南米や東南アジアなどではよく食べられている食材で、日本でも時々デパートや大きなスーパーなどで見かけることがあります。

調理用バナナとしては、プラタノ、カルダバなどいくつかありますが、今回使用したバナナはこちら。


フィリピン カラ キマシタ! 「ツンドク」ト イイマス

「ツンドク」というバナナです。フィリピン産。長さは30cmぐらいあり、通常のバナナと比べるとかなり大きい。持つと重量感があって、皮はかなりしっかりしています。通常のバナナのように皮を剥くことは出来ないので包丁で皮を剥かなければなりません。

そのままでは硬く食べられないので加熱して食べます。調理方法は色々ありますが、茹でたり揚げたりして食べられることが多いようです。食べるとバナナ的な風味を微かに感じるものの、味はほぼ芋です。甘さのないサツマイモとでもいいましょうか。見た目以外はバナナ感はあまりありません。実際栄養価も芋類とそれほど替わらないようです。

南米では皮を剥いて輪切りにした物を揚げてから一度平たく潰し、それを再び揚げた「パタコン」と言われる料理が有名とのこと。そういう料理もいいですが、今回はオリジナルで色々弁当メニューを作ってみましょう。

 

おっと、その前に

 弁当作る算段は出来たので友人に誘いのメールを送ります。
------------------
Sub:紅葉狩りの誘い
from:吉成

今度の日曜の昼間暇?そのへんの公園に紅葉でも見に行かない?弁当作っていくから紅葉見つつ軽く飲むなんてどう?
ちなみに、バナナで弁当作っていくよ。
--------------------

こんな感じのメールを多くの友人に送ると、「それ食えるのか?」、「体弱いから」、「バナナはおやつなの?」、「飲むのはいいけどバナナはどういうことよ」など警戒心丸出しの返信メール多数。それでも、「調理用バナナだから芋といっしょだ」と返信すると、ならば行くとの返事が幾つか。大丈夫変な物を食わせはしないさ。多分。

というわけで、調理に入ります。


ツンドクバナナを積んどく。なんてね。

 

通常は肉とジャガイモで作るあれを調理

調理開始ということで、まずは煮物から仕込んでいきましょう。用意する材料はタマネギ、ニンジン、ゴボウに牛肉。通常はここにジャガイモが入るのですが、今回はジャガイモの代わりににバナナ。もう、お分かりですね。ご飯に、お酒に大人気のオカズ。肉ジャガを作ります。いや、ジャガではなくバナナ。つまり肉バナナ。

肉バナナ・・・

なんだか淫靡な響きですね。気にせず進めていきます。


タマネギ、ニンジン、バナナ。あと牛肉とゴボウが入ります。

まずは野菜の皮を剥いて切り分けていきます。バナナも通常のバナナと違って手では剥けないので包丁で。


硬く張りのある皮。芋の皮剥くのとあまり変わらず。

バナナは皮を剥くとこんな感じになります。


白い物体出現!

剥きたて実はやはりバナナ的な香りがします。ちょっとキュウリの香りにも煮ているでしょうか。

肉バナナではこれを適当な厚さに輪切りにして他の野菜、肉と一緒に一度炒め、鰹ダシ、醤油、酒、ミリン、砂糖、塩で煮ていきます。肉ジャガの作り方となんら変わりません。


関東では肉ジャガに豚肉を使う家庭が多いらしいのですが、我が家は昔から牛肉使用。

まずは炒めます。ある程度炒めて鰹ダシと酒を投入。


はい! 肉、バナナ!肉、バナナ!肉、バナナ!

煮立ってきたらアクを取り除き調味料を。


砂糖、ミリン、醤油を入れて塩で味を調整。

後は火を弱めてこのまましばらく煮ます。


バナナも色付いてきました。

こうして1品目は完成。出来上がったものを容器に詰めるとこんな感じです。


肉バナナ完成!サツマイモのようにも見えますがバナナです。

この調子でバナナ料理どんどん作っていきます。


あと4品ほど作ります >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation