デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
鰹出汁で割った焼酎、焼津割飲み歩き


 

焼津市でおこなわれた「小川港さば祭り」というイベントを取材した際、「焼津割」という焼酎の飲み方が書かれた小冊子が配られていた。

読んでみると、「焼津割とは、カツオ節の出汁を焼酎で割ったものです」と書かれていた。そんな飲み方、初めて聞いた。

カツオ出汁に焼酎なんて生臭いんじゃないのかなと思うのだが、飲まず嫌いはよくないということで、日を改めてまた焼津にいってきた。

玉置 豊



お薦めの店を、焼津青年会議所と観光案内所で聞いてみた

焼津割の小冊子には、焼津割が飲めるお店が20軒以上も載っていて、どこにいったらいいのかちょっと迷ってしまう。

パンフから店を選んで失敗するのは得意なので、出発前にこの小冊子を発行している焼津青年会議所に問い合わせて、焼津割に力を入れているお薦めのお店を2件教えていただいた。


焼津割のイメージキャラクター、カツリン。魚類一おっぱいが大きい。

そして到着した焼津駅。実際のところ、この焼津割という飲み方がこの地でどれほど認知されているのかを探るべく、駅前にあった観光案内所でお話を伺ってみた。


観光案内所で出会った紳士。

  すみません、焼津割についてちょっと聞きたいんですが。
紳士

ああ、青年会議所がやっているアレね。

  あの焼酎をカツオ出汁で割るっていう飲み方、焼津では一般的なんですか?
紳士 いやぜんぜん。ごく一部の人だけじゃないかな。
  やっぱりそうなんですか。
紳士 地元の名物というよりは、知る人ぞ知るっていう感じの飲み方だったのを、青年会議所が「焼津割」ってう名前を付けて、流行らせようと頑張っているみたいだね。
  なるほど。焼津割は飲んだことありますか?
紳士 ありますよ。家でも作るし。私が家で作る時は、コップに鰹節と焼酎を入れてお湯を注ぎ、邪道かもしれないけれど、そこに3センチ四方に切った利尻昆布を軽くあぶって入れるんだ。日高じゃなくて利尻ね。利尻はちょっと高級なんだけど、3センチ四方だから贅沢して。

「利尻昆布をこれくらい。軽くあぶってね」

  作り方にこだわりがあるんですね。
紳士

焼酎にカツオ出汁だけっていうのが本来の焼津割なんだろうけれど、それだけだとほら、あんまりおいしくないから。

  え、おいしくないんですか?
紳士 まずくはない。好みの分かれる味っていうのかな。ひと工夫しないとイマイチなんだ。だから私の場合は利尻ね。
  日高じゃなくて。
紳士 そう。日高でもいいけど、私はちょっと贅沢して。

お薦めのお店を教えていただきました。

観光案内所で話を聞く限り、焼津割っていうのは万人に受けるような味のものではないらしい。なんていったって焼酎にカツオ出汁だ。想像しただけでやっぱり生臭い。

昨今ではご当地グルメというのが流行っているが、ご当地ですら認知されていないのが焼津割。

この取材、大丈夫だろうか。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation