デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
ブロッコリーの葉っぱがおいしい

葉っぱだけ集めたお買い得品があればいいのに

 スーパーでブロッコリーを買うと、数枚の葉っぱが付いている事がある。
今までは捨てていたが、あるとき一緒に炒めて食べてみたらとても美味しかった。

どうにかして、ブロッコリーの葉っぱだけを大量に食べることはできないだろうか。

ほそいあや



葉の味

葉っぱの味は一言でいうと「濃い」だった。メインの部分よりも、栄養というかミネラルの味。カリウムなどが多く含まれている気がする。適当だけど。
今までこんな美味しいものを捨てていたなんて残念きわまりない。

この部分、少ないだけに何か高級食材のように思えてきた。実際は絶対そんなはずないけれど。

もっと沢山食べたい。頬ばるくらいに食べたい。口の中を葉っぱでぎゅうぎゅうにして感動のあまり嗚咽したい。

しかしネットで調べても葉っぱだけ販売している業者は見つからなかった。夢は叶わないのか。


この部分がいとおしい。そんな日々。

 

救世主あらわる

一株にせいぜい2〜3枚なのでどうやって集めるか?という課題は思ったよりハードルが高い。

「スーパーに張り込んで、買おうとしてる人に葉っぱだけくださいって言ってみる」「店員さんにお願いする」「いっそ段ボールに書いてある農家へおしかける」。
当サイトの企画会議で相談したところ、色んな助言をいただいたのだが・・・。
後日、思わぬ救世主が現れた。

伯父が埼玉で趣味の農業をしているのですが、たしかブロッコリーも育てていたはずです」と神のようなメールをくれたのは、ライターの吉成さんだった。
なんですって。


埼玉県飯能市。軽トラに着いてやってきた場所とは・・・

畑と吉成さんと伯父様。
「どうせ捨てる物だから好きなだけ持ってっていいよ」

一月の晴れた休日。飯能駅から車で10分ほど行くと、のどかな田園風景が広がる。その一角に伯父様の畑があった。趣味というには広大な畑だ。
そしてブロッコリーはと言うと・・・

わさわさわさー!

スーパーでめぐんでもらわなくてよかった

おお、さっきまで希少品だった食材が惜しげもなく茂っている。というか、ブロッコリーの葉っぱってこんなに大きいんですね。今まで畑を意識して見た事がなかったので目からウロコだった。


中心部分の小さめの葉がなんともおいしそうだ。

「こんな物、好きこのんで食べる人はいないねえ」と真理をつく伯父様。
なんだこの葉っぱインフレは。

伯父様はこの畑で数々の野菜を育てている。中には見たこともない野菜もあって、説明を聞いているだけでも勉強になった。

黄金カブという黄色いカブ。シチュー等に。
みんなの人気者、セクシー大根もいらっしゃいました。
黒大根。真っ黒だけど中は白い。ラディッシュのようにサラダにする。
チンゲンサイもいただいてしまった。

所々にみられる虫食いの穴は無農薬の証。買ったら高いんだろうなあ。
「あっても食べきれないから他の野菜もどんどん持っていって」というお言葉に甘えて、ブロッコリー以外の野菜もかなりいただいてしまった。

しかし、捨ててしまう葉をもらいに来たのにこんな良いものまでもらってしまうと、なんかほんとすみませんという気持ちになる。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation