デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
ぐるぐる回ってバターになっちゃえ!

絵本では虎で出来たバターでパンケーキを焼いてたべるのですよ。


虎は同じところをぐるぐる回り続けるとバターになる。もちろん現実にはそんなことはありえません。子供の頃に読んだ絵本にそんなシーンがありました。

けど、上手くやれば虎がぐるぐると回ってバターを作ることができるのではなかろうか?出来るに違いない。

やってみます。

吉成



子供の頃読んだ方も多いはず

虎がぐるぐる回ってバターになる。この話は「ちびくろさんぼ」で知られる絵本の中に出てくる話。年代によっては「トラのバターのパンケーキ」などのタイトルかもしれません。

主人公の男の子が新しい服と傘で出かけると乱暴者の数匹の虎に次々とそれを盗られる。やがて虎たちは他の虎が盗った物が欲しくなり取り合いをはじめる。取り合いをしていて木の周りをぐるぐると物凄い勢いで走り出すとやがて虎はバターになってしまう。男の子は服と傘を取り戻し、そのバターでパンケーキを焼いてもらって美味しく食べましたとさ。そんな感じのお話です。

しかし、子供の頃に読んだきりなので細かい所までは思い出せず。友人が「近所の本屋にオリジナル版が売っている」というので買ってきてもらいました。


こんなポップな絵だったか?ディレクターズカット版?

 オリジナル版ということで買ってきてもらったものの、あまり記憶にない感じの絵。ひとまず読んでみる。


そうそう、こんな感じで木の周り回っていたな。

ぐるぐるー!

で、バターになったんだ。そうそう、そうだった。

 虎はまんまとバターになっていた。そうだ、虎はグルグル回るとバターになるんだ。よし!虎をぐるぐる回してバターにしてみよう!

 

虎をぐるぐる回してみます。

というわけで虎をぐるぐると同じところを走らせてバターを作りたいと思います。バターになるということは虎は乳製品。生クリームで出来ているようです。バター原料となる虎をスーパーで入手してきました。


47%が虎の素。北海道産。

 北海道産の虎を入手しました。虎成分は47%。バターにするには問題ないレベルの虎でしょう。けど、虎をこのままの状態で走らすのは困難。こいつに登場してもらいます。


虎をしっかり密封。どんな振動にも対応!

 虎を密封する袋を用意しました。これでどんな環境でも虎をぐるぐる回すことが出来ます。


冷やした方が虎はバターになりやすいらしい。

 調査の結果、虎は低温の方がバターになりやすい。割と暑い所にいるくせに意外な答え。保冷剤を用意します。

ということで虎バターの材料は揃いました。虎を外の世界へ放しぐるぐると走り回らせバターにします。


いざ!外の世界へ!

 

虎は荒川沿いでぐるぐる回るらしい


晴天の荒川。虎はここでバターになります。

ということで、家を出た虎は走って荒川沿いまでやってきました。実は虎を走らせたのは昨年末のこと。慌しい師走のさなか、虎は荒川沿いを走っていました。すべてはバターになるため。虎、走ります。
以前、当サイトで雨が降る中ジェットコースターを使ってバター作りが試みられていますがこの日は晴天。ぐるぐると走るには丁度いい。

土手沿いを進み・・・

やってきました!ぐるぐるバターポイント!

走る場所は荒川沿いの1周400mの陸上トラック。ここを何回走ると虎がバターになるか確認したいと思います。この日は午前中区内の学校の競技会が開催されていた模様。虎が走る前は本気でランナーが走っていたようです。そんな競技者の熱が残るトラックで虎・・・走ります。



大きな地図で見る
ここでぐるぐる回る

 

走る前にまずは仕込み

まずは虎をバターにするための最良の環境にします。保存袋に虎を入れたら更に大きな袋に入れ周りを保冷剤で固める。


虎を保存袋に入れます。

虎を流し込んで・・・

ガムテープで密封。

大きな袋に入れて。

保冷剤を入れたら。

タオルに包んで・・・

ザックに入れて走り出します。

 ザックに入れられた虎はトラックをぐるぐる回る間に攪拌されてやがてバターとなるはず。さて、虎は何周する間にバターになるのか!

撮影を妻に任せ虎は走り続けます。最終的には虎バターでパンケーキ。絵本の世界を現実にしましょう。いざ、虎バターランニング!


撮影隊の妻にこのCDを渡す。ちびくろサンボだけにね。軽く引かれる。

 走れ、虎! >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation