デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
日本一寒い夜を過ごす・しばれフェス09


お茶とか凍るかまくらみたいなところで一晩を過ごします

 日本一寒いとうたう北海道陸別町では毎年しばれフェスティバルという祭りが開催される。マイナス30℃くらいになったりする夜を外で過ごす耐寒コンテストが行なわれる。

だれか行きませんか?と当サイトの会議で編集長から呼びかけがあり、寒さには弱いがちょっとおもしろいかもという思いから手をあげてしまった。

行ったらすっごい寒かった。

大北 栄人



断熱用に段ボールなども。一気に荷がゴミライクに。
エリザベス女王も愛用していたというババシャツを。豚丼を頬張ると「変態」というあだ名を頂いた。1頁目なのに。

二回目のレポートです

実はこの祭りを当サイトで取り上げるのは二度目。住&林の二人が挑み、そのつらさは語り草になっててちょっとうらやましかった、というのも参加動機のひとつだ。(記事はこちら→『しばれフェスティバル人間耐寒コンテスト』

同級生ライター石川大樹と、札幌在住ライターの小柳の三人で訪れた。インドア超えてインコタツ派の三人が顔を合わせた瞬間は、さてどうしようかととりあえず悩んだ。

当サイトのライターたちから協力を

しかし一度行った人が身近にいるのは心強い。寝袋を貸してあげるし下に敷く断熱のシートを持っていったほうがいい、と林さんから。住さんからも当時購入した防寒具を貸していただいた。

工藤さんからはプチプチも断熱材になるからと、高瀬さんからは実家から送られてきた防寒ババシャツを貸してやる、と。サイト総出で身を案じてもらった。これは出征というやつなんじゃないだろうか。果たしていい花咲かせなければならないのか。

だがどんどん増えていく防寒具には安心する。これは楽々乗り切ってしまうのではないか?という逆の心配も芽生えてきたくらいだ。

一体どうなってしまうのだろうか

「とかち帯広空港、天候は晴れ、気温はマイナス10℃となっております。」飛行機の着陸アナウンスがさらっと流れる。もっと驚いてもいいんじゃないだろうか。

「気温はマイナス…えっ!?すでにマイナス10℃!?」くらいが我々の心情を表していていい。そして空港着。寒い。会場着。すっごく寒い。


5時半会場着。なんだか大きな祭りのようだ。

キャラクターがマイナス30℃をさしている参加申し込み票

受付で保険に加入

祭り自体はこれからということなので、耐寒コンテストの受付で参加申し込みをする。

「しばれ保険」というここだけの保険に加入するようだが、オリジナルっぽさが不安だ。「趣味」や「特技」の記入欄もあるのも悩ましい。

「趣味…インターネット」「特技…ホーミー」これらがマイナス30℃の世界で一体どんな役に立つのだろうか。

うっすらと見えるキャラクターがマイナス30度の温度計を指差して笑っている。やめてくれ、とノイローゼ気味に思う。


つぎへ >
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation