デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
完全手作りチョコレート

ラベルが逆な逆チョコ。これを貰った女性はどう思うのだろう?


この記事が掲載される2月14日はバレンタインデー。特別スペシャルデーで誰もが浮かれてカーニバルしてしまうようなこの日。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

素敵なロマンスが有ろうが、無かろうがバレンタインデーキスなこの日。チョコの消費量も一年で最高となるはず。今年はどうやら逆チョコなんて物もあるようで、もう何がなんだか。とりあえず、そんな流れで私も逆チョコやってみます。やはり想いを伝える為にはCMでも言うように手作りチョコでしょう。

そう、男は黙って!手作りチョコ!
カカオ豆から!

吉成



チョコはカカオ豆から出来ます

というわけで今回はチョコ作りに挑みます。手作りチョコといいますと、大体の場合は市販されている板チョコを溶かして再度成型するか、それをケーキなどにするのが一般的。しかし、そこは男の料理。こだわりたいものです。

やはり男は原材料からの手作り。これぞ手作りの醍醐味。ではチョコも原材料のカカオ豆から・・・

と、行きたいところですがチョコ作り最初にして最大の難関があるのです。カカオ豆を売っているお店が無い。100%のココアやカカオマス(カカオ豆をローストして細かく砕いた物。ここから油分を取り除くとココアとなる。)を売っているお店はそれなりにあるのですが、カカオ豆そのものを売っているお店が無い。ネットで散々探したのですが、なかなか見つからない。

しかし、とあるお店のブログでカカオ豆を扱っているという記述を発見。早速メールで問い合わせところ少量ならば販売可能との返事。完全無農薬で栽培されたパプアニューギニア産のカカオ豆。これで最初の難関はクリアーか?

 

駅前の喫茶店で待て!

というわけで、カカオ豆の取引のため東急田園都市線の駒沢大学駅までやってきました。カカオ豆などについて色々聞きたかったのでお店の方に無理を言って直接受け取ることにしたのです。


これからブツの引渡し。

 指定された駅前の喫茶店で待ち合わせ。右から左に動かすと何億にもなるような怪しげな物を取引するような気分になる。いや、そういうものでなくてカカオ豆の取引。


カカオ豆の取引だけにココアを注文。取引先への配慮?

 ココアを飲みつつ店内でしばらく待っているとカカオ豆を扱うお店の方がやってきました。


カカオ豆登場!お店の方が注文していたものもココアでした。

 早速カカオ豆を確認。名前はよく聞くけれども現物は初めて見る。アーモンドを一回り大きくしたような感じです。

今回このカカオ豆を販売してくれたのはバニラハウスというお店。代表の小瀬さんに色々話を伺ってみました。


販売しているバニラビーンズ。18cm以上あるもの。見たこと無い大きさ。

 バニラハウスはパプアニューギニア・マヌス島で無農薬・無化学肥料栽培されたバニラビーンズの輸入販売を行っているお店。コーヒーなども取り扱っています。

カカオ豆に関しては通常取り扱っていないけれども、この時期に限り少量輸入しているのだとか。バニラビーンズを卸しているお店などにディスプレー用として配ったりするそうです。今回買えたものはその一部。ラッキーでした。


木になるカカオ。(バニラハウス提供)
カカオ豆はこの中に入っています。
割と木は低い。
カカオを栽培している農家の方々。

 小瀬さんは農業大学を卒業後、林業を経て海外青年協力隊としてパプアニューギニアに赴任。日本に戻り貿易会社に就職した後に独立。パプアニューギニアでお世話になった方々の役に立ち、繋がりを保ちたいとの思いでバニラビーンズの輸入販売を始めたそうです。初めて行った海外がパプアニューギニア。凄い。


バニラビーンズの収穫風景
こちらが収穫前のバニラビーンズ。デカイ!
小規模の契約農家が丹精こめて栽培。
収穫後、発酵、熟成、乾燥させてこういう色になる。

 小瀬さんは日本に見合う品質の農産物を栽培して頂くように現地の農家の方へいろいろな支援を行っているそうです。そして、その品質に見合う値段で購入しているのだとか。これにより契約農家の方々は品質管理の向上と改善により力を尽くすようになる。商売として正しく取引がなされています。

実際パプアニューギニアの経済状況はあまり良い状態ではなく、現金収入を得る方法も少ないのが現状なのだとか。しかし、自給自足の人が大半を占めていて飢えるようなことはないそうです。私たちから見ればパラダイス。


みな目が輝いています。
笑顔の子供たち
輝く太陽
滝もあります。

 頂いた写真の子供たちの笑顔を見ると間違いなくそうであろう事がわかります。輝く太陽に美しい海。豊かな自然に囲まれた素晴らしい島であることが容易に想像できる。是非行ってみたい。

しかし、そんな希望がいきなり叶う訳がなく、今回はそんな素晴らしい環境で育ったカカオ豆を使ってチョコ作りです。貴重なカカオ豆を販売していただきありがとうございます。必ず成功させなくては。


このー木、何の木、気になる木

バニラハウス

http://www.vanilla-house.com/index.html


チョコレート作り開始です。 >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation