デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
スーパーのうずら卵から、ひな鳥ピヨピヨ!


このカラは何を意味するのかーっ!?

「スーパーで売っているうずらの卵にはなんと有精卵、つまり温めるとヒナがかえる卵が混ざっているらしい」

そんな衝撃ニュースの真偽を確かめるために、僕が母鳥の気持ちになって、スーパーのうずら卵を、毎日大切に大切に温めました!

さて、その結果はどうなった!?

(text by 加藤まさゆき



上・まさはる11歳、下・まさゆき3歳

兄(まさはるBR)からウズラ情報を聞く

僕には、まさはるという名前の年が離れた兄がいて、奇遇なことに同じ理科教師をやっている。まあ、兄弟元々仲が良いので、ちょびちょびと電話をして教材の情報などを交換し合うのだが、先日、まさはるBR(ぶらざーまさはる、とお読み下さい)から、驚きの情報を入手した。

「知ってるか? スーパーで売ってるうずらの卵って温めるとふ化するんだぞ」  

なんですと!
なななな、なんですと!!  

そんな超衝撃ニュースを聞いて放っておける僕ではない。矢も盾もたまらず、即座に実験に取りかかった。


モトキの洗浄うずら卵「じゅんちゃん」


全部ヒナになったらやばい。

スーパーでうずら卵入手!

最寄のスーパー、「カスミ」で入手。1パック98円。
まさはるBR(ぶらざーまさはる、と読んでくれましたか?)から、「発生に成功する率はかなり低い」と聞いていたので、念のため3パック30個を用意した。

しかしこの卵、スーパーで普通に冷蔵コーナーに入って売られていた。思えば農場での産卵後、ここに至るまでに洗浄され、選別され、運搬され、冷蔵されているのだ。そもそも有精卵が混じっているかどうかも定かではないのに、混ざっていたとしても、そんなハードな過程を経た卵が本当にふ化するのだろうか。

えらく不安になってきたので、実験に万全を期すため、今回はプロの器具を実験に使わせていただいた。


今回活躍するインキュベーターさん(恒温槽)


プロの器具だが、めちゃくちゃ古い。
昭和47年製(35年モノ)


うずらをふ化させるには、38℃で約17日間温めなければならないのだが、それを湯たんぽ・電気カイロで実現するのはかなり難しい。ペットショップに行けば、「ヒヨコ電球」という名の保温用電球も売っているが、値段が高い。
幸いなことに僕の学校にはインキュベーター(恒温槽)という、一定温度に保つことができる箱があったので、それを使わせてもらった。


卵、セッティング。

まだお弁当のおかずにしか見えない。茹でたい。


あとは毎日ゴロゴロ

卵は恒温槽に入れればあとはOK、というものではなく、たまにゴロゴロと転がしてやらないと、中で発生中のヒナが殻に張り付いて死んでしまう。だから毎日定期的にゴロゴロしてやる必要がある。自然界では母鳥がごく自然に行う作業だ。
僕は母鳥の気持ちで、朝に出勤してはゴロゴロ、夕方退勤前にゴロゴロと、毎日ウズラ卵を転がし続けた。


毎日ゴロゴロ、と過ごしていた、という意味ではありません。


結果が待ちきれないので、一部開封。

1週間後。
様子を見るために、卵を5個だけ割ってみることにした。卵が減ってしまうのは惜しかったが、3週間転がし続けた末に、「全部無精卵でした……」なんていうオチは、さすがにイヤだなあ、と思い悩んだ末の決断だ。
そもそも、コトの真偽があやふやだったので、「まあ、発生はしてないだろうな」と、あまり期待せずに一個、二個と割っていったのだが、三個目を割ったときにヤツは突然現れた。


うおぉぉぉ! 発生してる!!! (クリックで目隠しが取れます)

普通の人にはものすごく気持ち悪いので、目隠しをさせてもらった。本当に自信がある人以外は絶対に見ない方がいいと思う。保健体育の教科書で見たトラウマが再燃するおそれがある。

大丈夫な人向けに、ピントが合っている写真も二枚載せておくので見て欲しい。
大丈夫かもしれない程度の人は、一度息を大きく吸い込んでから、クリックして見て欲しい。
大丈夫じゃない人は絶対に見てはいけないと思う。すぐに「つぎへ」をクリックして次のページへ行って欲しい。


眼が大きい。宇宙人のようだ。
殻の内側に走る血管は、生命の活動を物語る。

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation