デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
さよなら、第5溶鉱炉

千葉の蘇我駅のすぐそばに、JFEという製鉄所がある。ここで、いまたいへんなことが行われているので、それをみなさんにお伝えしたい。

みんな、これ読み終わったらすぐ千葉へ向かうように。

大山 顕



■解体中の溶鉱炉が丸見え

それは、これだ!


どーん!

 

稼働を停止した溶鉱炉がいままさに取り壊されつつある。【画像クリックするとさらに大きな画像をお楽しみいただけます】

 

どうですか、この夢のような光景は。ちょうかっこいい。ほんとすごい。

すごすぎるので、さらに大きな画像を用意しました。ほんとは現地に行って見て欲しいんだけど、遠方の方もいらっしゃると思うので、そういう方向けに、臨場感あふるる、かなりの高解像度版です。遠方じゃない人はいますぐ蘇我へ行きなさい。

→ 横9300ピクセル×縦2536ピクセル版

もっと!という筋金入りの工場好きのために、さらなるオリジナルサイズ高解像度版も用意しちゃおうじゃないか。持っていきな。著作権も全て放棄するから好きに使ってくれ。気にするな、俺たちは仲間だ。ただ、120Mぐらいあるのでクリックは慎重にな!

→ 横23737ピクセル×縦6472ピクセル
> 右クリックでファイルを保存 <

 

これは壁紙に使えると思います。パソコンのじゃなくて、リアル壁紙。300dpiでプリントしても、長さ190cmぐらいになりますので。

 

■蘇我のシンボルでした

この溶鉱炉、タイトルにもあるように「第5溶鉱炉」という名前だ。この溶鉱炉はJFEスチール東日本製鉄所にあって、工場関係者および工場好きにながらく愛されてきたもの。

日本の近代製鉄史においても重要な位置を占めるこの製鉄所、第1〜第4はすでになく、現役は第6溶鉱炉の一基のみだ。工場好きの間ではこの第5ちゃんは駅から見えることで人気を博してきた。それが、再開発にともないついに解体されることになった。

 

駅の階段からこんな風に見える。溶鉱炉の表参道だ。

 


大きな地図で見る
googleマップより。航空写真が更新されたらこの上空からの眺めも見られなくなってしまうか。

 

駅から真っ直ぐ行くと、すでに再開発されている街区の向こうに雄々しい姿がずっと見える。

 

すぐ手前がおあつらえ向きに広場になっているのでゆっくりと鑑賞できます。ここはJEFユナイテッド千葉の新たな本拠地となるスタジアムだ。いっそのことチーム名も「JEF」じゃなくて「JFE」にしたほうがいいと思う。

 

とちゅう、陸橋ですれちがった男性は

 

この第5溶鉱炉をスケッチしてきた帰りだった。 この人、ぜったいいい人だ!

やっぱり、みんな気になってるんだよね、この姿。

今日以降、とくに今週末ここに見に行ったらこの記事見た工場好き仲間に出会えるかもしれません。

 

 

■そういうえばこういう写真撮ってた

最初の写真の、下の方、三角屋根の断面の下に見える部分がまさに炉だ。鉄鉱石とコークスがどろどろにとかされて銑鉄がつくられる、その炉そのもの。これを目にすることができる機会はそうそうはない。

そういえば、この溶鉱炉ではないけれど、同様に停止したものの炉を間近から見たことがあった。


これが、炉。まわりの装置が取り払われて完全に廃墟になってますが。【写真をクリックするとより大きくご覧いただけます】

 

ついでに、その炉の中。炉の中見た人ってそうそういないんじゃないかな。熱風を吹き込むパイプなんかが全部取り払われているのでこんな荘厳な雰囲気になっている。写真だとスケール感よく分からないけど、てっぺんまで6、70メートルあるんじゃないかな。実物見ると鳥肌立つよ。というか、失神しそうになる。【写真をクリックするとより大きくご覧いただけます】

 

10数年前に撮ったこれらの写真をあらためて見ていたら、目頭が熱くなってきました。

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation