デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
ねこが出てくる温度しらべ
 


「…むっ?」
外に出かける時、家から一歩足を踏み出して、空気を浴びたとたん、雰囲気を感じることがある。
「今日は猫が出て来る日だな…」
と。

この感覚を共有してくれる人って、どのくらいいるんだろうか。

猫はあったかいと出て来る。
でも熱すぎると出て来ない。
猫にとって、心地よい気温というのがあるのだろう。

春。気温変化が激しく、猫が出たり出なかったりする昨今。
せっかくの季節なので、「猫出動温度」を調べてみることにした。

10日間くらい、温度計をバッグに入れて移動。
さて、何℃で猫に逢えるだろう?

(text by 大塚 幸代

■3月*日 モナちゃん 16℃

昼下がり。
近所のネコ、モナちゃんが表に出ていた。気温は16度、ちょい低め。
何だか座り込んでいた。

モナちゃん…、なぜ名前を知っているのかというと、去年、満開の桜の木(でかい)に登ってしまい、降りられなくなって、飼い主さんらしき人に「モナー! モナちゃーーーーーん バカ猫ー!!」と呼ばれていたからだ。

シマ猫らしく、まあ確かにちょっとおバカだけど、なつっこくていい子だ。でもこの日はクールだった。

いつもはお腹を出して撫でさせてくれるのに…、今回は、指を差し出しても、匂いさえ嗅いでくれなかった。機嫌が悪かったのだろうか。何だろうこの写真の表情。寂しい…。

まあきっと、そんなに暖かくなかったのに、散歩に出ちゃったことを、悔いていたのだろうニャー。

 

■3月*日 むずかしい顔の猫 23℃

日が射して、かなりぽかぽかだった日、午後三時ごろ。
人んちの前でひなたぼっこするシマ猫発見。
気持ちいいだろうに、なぜにこの表情…。
ひょっとして太陽がまぶしいのか?
まあ猫とか犬とかは笑わないので、よっぽどじゃないと、「気持ちいいっ」って顔にはならないけれども。
座って目線を同じにしてから、そっと指を出してみたけれど、微妙に位置移動されてしまい、案の定、触らせてくれなかった。残念。
お邪魔しちゃ悪いので、さっさと退散した。

 

■3月*日 手袋の猫 24℃

あったかくて晴れていた休日の、午後2時くらい。
友人と「バトミントンやろーぜ!」とか言って、100円均一ショップでラケットと羽根を買い、公園に移動する途中。
なんだかツヤツヤで男前のネコ発見。
毛もみっしり生えていて、態度も落ち着いてる。
人間から見ても「こいつ、モテるんだろうな〜」という感じ。
(あ、オスかどうかは不明、雰囲気からして、オスっぽいなあ、と思っただけ)。

手首足首が白いところは、人間から見てもチャーミング。いわゆる「てぶくろ」というやつだ。

暖かかったので、身のこなしもゆっくり、余裕。
「こいつはひょっとしたら触らせてくれるかもしれない」と思って、指を出したら、ちょっとこっちの顔をじっと見てから、首だけ撫でさせてくれた!! ラッキー。
その直後、子供が「わー、ねこだねこだねこだー!」と全力で走ってきたので、ソッコーで逃げてしまったけれども。

…基本、ねこは子供が苦手みたいだ。テンションが違いすぎるのが原因かもしれない。

 

■3月*日 シマのおっさん 22℃

バトミントンをやった帰りに、見かけた猫。
一見、すごく、くつろぎにくそうな位置なんだけど…、本人的にはくつろいでいるようだった。
やっぱ猫の感覚って分からない。変な位置で寝てること、多過ぎ。
「ああーん? 何か用?」って、目線はくれるんだけど、見るからに触らせてくれなそうな感じがしたので、アクションはせず。

 

■3月*日 しろくろ 20℃

近所の白黒猫に、平日四時くらい、買い物に出た時に遭遇。
毛並みがキレイで、ああ、飼い主さんに愛されているんだろなあ、というルックスだ。

で。
飼い猫だから、のびをしたり、くねくねしたり、仕草もリラックスしてるのに……。
全然触らせてくれなかった……。

くねくねして、視線くれるのに触らせてくれないって…何を考えているんだろう。ねこは本当にもう。

まあ、近所の子供がイタズラしたりするから、警戒してんのかなあ、と思いながら、ながめた。

 

■3月*日 つれない猫 20℃

モナちゃんに似てるけど、たぶん別人の猫。
とにかく、見事なまでに無視された。チッチッチッとかニャーとか声かけたんだけど、全く振り向かなかった。すうごい早足で歩いて行ってしまった。
何か用事があったんだろか。猫の用事って何だろう。

 

■3月*日 しっぽ猫 17℃

夕刻、移動中に見かけた猫。
写真をとったら、もっさりしたしっぽを向けて、いきなり退場してしまった。おくつろぎ中のところ、悪いことをした。写真を撮られるのは嫌いなのか?
それにしてもウチの近所、シマ猫ばっかりだ。三毛が全然いない…何でだろ? 地域差ってあるんだろか?

 

 

■3月*日 中ねこ 15℃

近所の猫で、もっともサービスのいい半ノラ(?)の猫に、夜9時ごろに遭遇。

私はこのコを「中ねこ」と呼んでいる。理由は、いつまでも大きさが中途半端で、大人サイズにならないから。
最初は、成長途中のネコなのかなー、と思っていたのだが、いつのまにか子供を連れていた。とっちゃんぼうや、というヤツだ。

いつも目ヤニ出したりクシャミしたりしてて、キレイではないのだが、本当に愛想がいい。
私も「しょうがないなオメー」とか言いながら、ティッシュで顔を拭いてやったりする。

15℃って結構寒いのに…、さすが中ねこ、寒くても散歩、そして通行人とのふれあい。ぐりぐり身体をすりつけてくる。
あんまり幸福そうなルックスじゃないのに、なんでこのコはこんなに人間が好きなのかなあ、と不思議に思う。

■研究結果

10日間ほど観察しただけなので、アバウトな結果なのですが。

  • 猫は15℃くらいの気温になったら出て来る
  • 18〜24℃くらいだと、心地いいみたいだ
  • 気温が良いからといって、猫が触らせてくれるとは限らない
    ……という感じだ。

これからも、「むっ」としたら、気温計を見てみたい。
春を過ぎて夏になった時、何度で猫がダレるかとかも、チェックしたい。
チェックしたからといって、何がどうってことは、ないんだけれど。

追伸:わたくし大塚、水曜日を担当してまいりましたが、四月から土曜日(11時公開)に移動、隔週連載となります。
今迄ありがとうございました。そしてこれからも宜しくお願いいたします。


 
 
関連記事
ネコだまりを訪ねて
野良猫についていきたい
街頭の温度計は正確か?

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation