デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
秩父産メープルシロップが舐めたい


秩父産のメープルシロップでお菓子を作った男達の物語でもあります。

 カブトムシがおいしそうにクヌギの樹液を舐めているのを見て、真似してすぐ後悔したのは小学生の私。

さて人間にもおいしい樹液といえばメープルシロップである。採れたてのメープルシロップを一度舐めてみたいなと前から思っていたのだが、産地であるカナダはちょっと遠い。

しかし調べてみたら、わずかではあるが埼玉県秩父市でもメープルシロップが採れるというので、さっそく舐めにいってきた。

玉置 豊



メープルシロップはお菓子屋さんが作っている

今回の取材でお世話になるのは、「秩父お菓子な郷推進協議会」という、お菓子屋さんの集まり。これからいくメープルシロップの材料となる樹液採取は、普通だと農林業者の仕事っぽいイメージだが、ここ秩父ではお菓子屋さんが担当している。

詳しくは後述するが、お菓子屋さん達自ら、自分達で作るお菓子の材料として、秩父の森で樹液を採り、メープルシロップを作っているのだ。


待ち合わせ場所にあらわれた「秩父お菓子な郷推進協議会」の方々。確かに林業関係者というより、お菓子屋さんっぽい雰囲気。 道路工事の都合で右車線を走る車。なんだかメープルシロップの産地であるカナダっぽいですね。

樹液採取の現場を見せてもらうため、会の方について秩父市街から車で1時間程走ったところで、山の斜面に生えた木々の根元に、赤いだるまみたいなものがたくさん置いてあるのが見えた。


なんだあの赤いやつは。


夢の世界っぽい樹液採取場に到着

なんだなんだと思っていたら、前を走っていた車が止まった。どうやらここが採取場所のようである。

車から降りて見てみると、赤い物体の正体は、灯油を入れるポリタンクだった。


これがメープルシロップの原料となる樹液の採取場。冬山に赤いポリタンクがきれいだ。

なんだか「キツネにだまされている人用のガソリンスタンド」みたいな、ある意味幻想的な景色である。


樹液を収穫しよう >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation