デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
食紅でうきうきする

食べられる絵の具!

当サイトでおなじみの料理アイテムといえば「干し網」に次いで「食用色素」ではないかとひそかに思っている。

食用色素は私も去年記事で使ったため持っているが、一度に使う量は耳かき一杯程度なので全然減らない。
だいたい食紅なんて普段の生活では使わないものだ。

ではいっその事ぱーっと使ってやろうじゃないか。日の目を見ない彼らに活躍の場を!

という事で、 いつもの食べ物に虹色の魔法をかけてうきうきするプロセスをごらんください。

ほそいあや



イタめしを作ろう

イタめしといえばスパゲティ。いつものスパゲティをもっとイタリアらしくしたい。


茹でる前のパスタを染めるのは楽でした。

だいたい見当はつくかと思いますが、こういう事です。

まん中が黄色なのは大目に見てください。

 

イタリアンスパゲティ

これよりもイタリアンなスパゲティがあるだろうか。日本の日の丸弁当にも負けないナショナリズムが今、スパゲティに宿った。


わかりづらいですが右はフランスです。

食紅たのしい。この調子で各国の食材をどんどん染めてゆきたい。

…しかし後で調べると「イタリアンスパゲティ」というのはイタリアのパスタの事ではなく、名古屋近郊の「ナポリタンを基本としたスパゲティ」との事らしい。がーん。日本じゃないか!

名称だけで言い張っていたのに。確立したものががらがらと崩れていく音がした。しかし生活にはそんなに影響はないので別にいい。次いきます。

さて、パスタは茹でるとバラバラになってしまうので、ここでイタリアは終了。


都合によりここから料理名が変わります。

 

レインボースパゲティ

いつものペペロンチーノがファンシーに!そうめんに入っている色つき麺を集めたようで、ノスタルジックな気分になる。食紅冥利につきるというのはこういう事だ。意味があるとかないとかは考えてはいけない。


特別な日、おめでたい日、落ち込んだ日の食卓に。

嬉しいような嬉しくないような…いや、嬉しい。
ごはんに乗せると駄菓子っぽさが増す。

 

真っ白いものどんとこい

へんなパスタを食べたところで次の実験にうつります。
先日、食紅を使ったレシピを探していると言ったら、友人が「恐竜のたまご」の作り方を教えてくれた。
…恐竜のたまご?
ちょっと難しそうだが、試してみますよ。


まず、普通にゆでたまごを作ります。

殻のままキッチンペーパーにごろごろしたり、スプーンで叩いたりして・・
こんなふうに適当にヒビを入れます。

転がすとメロンのような編み目ができる。
スプーンで叩くと弾倉のように丸いヒビが入る。
いろんなパターンでヒビを入れておくのがおすすめ。

卵よりひとまわり大きいくらいの容器を個数分用意し、食塩を濃いめに溶かした熱湯で食紅を溶かす。そこに殻のまま卵を沈める。


家中の湯飲みをかき集め、卵がちょうど収まるように浸します。
色をミックスするときは、あまりかき混ぜないでおくとできあがりが面白い色になるようだ。

色をつくっては卵を沈める。指先がどす黒くなるのは我慢して下さい。あとヤケドに注意して下さい。
あと、手をよく洗わないで洗濯物を干すと大変な事になります。

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation