デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
さんぴん茶ってどれも同じじゃないよね…!?


沖縄…大好きだ。
沖縄ファンってものすごく多いと思う。筆者もリピーターだ。
最初は、マイ兄が「家族旅行だけどさあ、パック旅行料金が、温泉に行くよりも沖縄ツアーが安いから、沖縄予約しちゃったわ−」と勝手に決めて、「えー温泉行く気まんまんだったのに!?」と思いながら行ったのが、初訪問だったのだが。
その時は王道観光地にしか行けなかったが、土地の雰囲気そのものに、見事にやられた。
青い海。市場の雑踏。でかいおにぎり。半袖で1年中いられる気候だから生まれる(?)、なんとなーく余裕のある独特のノリ…。
それから6、7回くらいは行っていると思う。やはり行くたびにキレイだったビーチが汚くなってたりして、「いまいちピンと来なかったけど、これがリアル自然破壊ってやつなのかー」なんて思ってる。
で。
沖縄に着くと、もう自販機で「さんぴん茶」しか買わなくなってしまう。
沖縄名物の、ジャスミンの香りをつけたお茶だ。汗をかいたらアレをごくごく。海水浴後にごくごく。タコライスをテイクアウトして、食べながらごくごく。
昨年行った時も、ごくごく飲んでいたのだが、同行者が、ボソっとこう言ったのだ。
「さんぴん茶って、メーカーごとにいっぱいあるけどさ、味の違い、分かる…?」
確かに、「沖縄!」っていうシチュエーションが優先してそっちに気分がいっちゃっているので、特に考えたことがなかった。
それから旅行中、さんぴん茶を収集してみた。持ち帰るのは、大変重かった。

そんなわけで賞味期限が切れる前に、友人知人(20〜30代10人/当サイトのライター高瀬さんを含む)を集めて、飲み比べ会を開催とあいなった。

大塚 幸代

円座になって、お茶を前にする。
皆が気を遣って買ってきてくれた「茶のつまみ」(ギョーザ等)が目の前にあったのだが…。
「さんぴん茶は繊細だから、舌に影響するので、全部試飲した後じゃないと味の濃いものは食べられない」ということに気が付いて、はり付いた笑顔を交わす私たち。


餃子を食べるには、試飲を全て終わらせなければならない…!!

1番目はなんとなく伊藤園。大きそうなメーカーを先に飲んで、次に地元メーカーを飲んでいく、という試みだ。



■伊藤園
「水っぽい気がするがサッパリ系」「さっぱり」「甘みがある、伊藤園っぽい」「まろやか?」「一口目にしては香りを弱く感じる」「俳句が付いてない」「香りが香料っぽい気が」「雑味がある?」「桃源郷」

 


■コカコーラ
「色が濃い」「濃いから好き。ゴハンが強くても勝てそう」「しっかり飲める、ゴハンに合いそう」「味が強い感じ」「無難」「バランスが良い」「ウーロン茶寄りの味がする」「味がまるい」「コクと味わいが秀逸」

 


■ダイドー
「まるい感じ、匂いがある」「中国茶っぽい味がする」「渋いかも?」「苦みが少し強い」「ジャワティーっぽい」「じわじわくる」「渋め」「すーっと入ってくるのに最後にほのかに滋味を感じる憎さ」

 

この辺で、かなり不安になってきた。
うーん、うーんと唸りながら採点をしていたのだが…、味が繊細すぎて、自分の感想は正しいのか、皆が確信が持てなくなってきたのだ。

というか、沖縄の人は、そんなにさんぴん茶を気にして飲んでるのか?
気になったので、沖縄出身の知人に直電してみた。

「いや、僕は特に銘柄を気にして買ってないですね…。こだわりもないし。ある人もいるんでしょうけど。え、飲み比べしてるんですか!? ハハハ」

……てことは、そんなに試飲も真剣にやらなくてもいいのかも。いや、やるけども。
ちょっと安心しながら、ウチナンチューに笑われた試飲会は続く。

「次、チェリオ飲みますよー」と言ったら、皆が「チェリオ! チェリオ!」となぜかテンションを上げていた。チェリオは友達。どんな味がしようと、僕らの好きなメーカーだ。

 


■チェリオ
「軽い飲み口」「わかりやすいジャスミン味」「色に赤味がある」「色はあるけど味は薄い」「ジャンクっぽい味、すっと口の中から消える」「駄菓子感覚」「飲みやすいが後味が渋め」「自己主張が強過ぎ?」

 


■ポッカ
「肉料理が合いそう、飲んだ後に口に香りが残る」「薄いのにパンチがある。いい匂い。東京でも売って欲しい」「匂いも味もする、これが普通か?」「安心感が湧く」「香る!厚い味」「風味がいい」「よく出来過ぎてうざい」「苦みあり」

 


■沖縄バヤリーズ
「さわやか」「重低音がきいてる感じ」「変わった苦さ」「おかしな苦み」「チェリオよりも…」「うーん」「軽い、ぐいぐいいける」「深いような」「僕が水谷豊なら相棒にしてもいい」

 


■沖縄ボトラーズ
「くせがない」「うすい、急須に入れっぱなしのお茶のような」「お茶っぽい、さんぴん茶じゃないのかもしれない」「香り微妙、缶入りのせい?」「緑茶?」「苦いかな?」「いい意味で空気」

 


■金秀バイオ
「まろっとトロンとして甘い。粘性が強い。好ましい、ぐいぐい飲みたい」「生茶っぽい味?」「まろやか」「印象薄い」「ノドに香りがくる」「濃い緑茶?」「無理のないうまさ」「がぶ飲み用」

 


■湧川商会
「とてもいい花の香り、これ好き。渋くないのに濃い。お腹が減った」「飲んだ後、口にジャスミンが残る」「苦みがちょうどいい、やさしい味がする」「ジャスミン強い」「ジャスミンティーっぽい」「クセ者」「色がうすい」「飲みやすい濃さ

 

皆に、個人的ナンバ−3を選んでもらって、集計した。
結果!!!!!

ポッカ 10ポイント
コカコーラ 7ポイント
沖縄バヤリーズ 5ポイント
ダイドー 4ポイント
湧川、バイオ、伊藤園 同点3ポイント

 

というわけで、いちばんバランスと香りの良かったポッカ優勝。おめでとうございます!

つまり、わかったこと。

  • さんぴん茶は、それぞれ味が違う! 香りが強いもの、ウーロン茶っぽいもの緑茶っぽいもの、などなど
  • が、たぶん暑い所で冷えたのを飲んだら、そんなに違いは感じないのかも…。
  • それにしても何故、全部パッケージが黄色いんだろう?
わしたショップで買ってきて頂いたグァバ入りの茶。これもまた違った味わい。

 
 
関連記事
濃いお茶比べ
コーヒーチェーン飲み比べガイド
チューチューを飲みくらべてみた

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation