デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
エクストリームソーメニング、始めました

今年の夏はコレだ。

大好きな流しそうめんの新しいカタチについて模索していた。

どうしたら私のそうめんへの思いをもっとストレートかつエネルギッシュに表現できるか?
…と。

で、いろいろ考えているうちに行き着いた結果がこの「エクストリームソーメニング」。

みなさんもひとつ、今年の夏はこれでそうめん愛を爆発させてみてはいかがだろうか?

T・斎藤



● エクストリームソーメニングとは?

「エクストリームアイロニング」というスポーツをご存知だろうか?極限状態においてアイロンがけを行うという競技で、以前編集部の安藤さんも記事で挑戦しているので知らない人はそちらを読んでみてほしい。
(⇒ 「エクストリームアイロニングはじめました」)

エクストリームソーメニングとは、その素麺版。
極限状態において素麺を食べるという競技だ。

以上の説明だけで「OK、わかった!」というかたもいれば、「さっぱりワケがわからない」というかたもいるだろう。

いずれにせよ、まずは写真をご覧いただきたい。

エクストリームソーメニング
これは涼しい!!

● エクストリームソーメニングはスポーツ (一応)

エクストリームソーメニングはスポーツである。
コントではないので、その点ご注意願いたい。

アイロニングの方の写真をみると、自転車に乗りながらアイロンがけをしてる写真とかがあったので、同じく自転車に乗りながら素麺を食べてみた。

いついかなる時といえども素麺を食べたい。

マンガでこういうの見たことあるが、実際やってみるととても難しかった。

ガシャーン

● 素麺は余裕で携帯可能な食べ物

 エクストリームソーメニングは、素麺とめんつゆ、それに箸と器さえあれば、いつでもどこでも気軽に始められる。

でも、
「素麺はふつう携帯しないよ」
と思われるかたも多いだろう(私もそうだった)。
しかし、こちらの記事によると
そうめんを弁当にする場合はさ、3つ水筒持って行くんだよ。お茶の水筒、つゆの水筒、麺と水と氷の水筒
とのことだったので、その通りにやってみたら
たしかに余裕で持ち運び可能だった。
朝茹でたやつを、夕方食べても充分おいしい。
(デイリーポータルZは役に立つ記事が満載だなぁ。)

水筒に素麺とめんつゆを入れて持ち歩く
氷を入れておけばいつまでも魔法のように冷たく、美味しい。

あとは器によそって走り出せば、エクストリームソーメニングの始まりだ。

スキーやダイビングなどよりずっと手軽に始められるスポーツだと思う。

電車を待つ一瞬の間にも、エクストリームソーメニング。
でも実際に乗るのはためらったりする。

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation