デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
仏像を4万回なでまわす


なでる。

「なで仏」という仏像がある。自分の体の悪い場所と同じ場所をなでると御利益があるといわれているのだ。なで仏はみんなに触られるために体中ピカピカになっている。

なで仏に限らず、手の届く場所にある像やいつも人が触れれる場所はピカピカになっている場合が多い。編集部工藤さんは「タクシー運転手の左肩はシートベルトとすれてピカピカになっている場合が多い」と言っていた。

小さな力が集まってものをピカピカになるのってすごいと思う。今回は御利益とか悪い場所とか全く気にせず、その光り具合にだけに着目してみた。

安藤 昌教



なでられる効果はすごい

下の写真は浅草、浅草寺脇にある浅草不動の「なで仏」だ。これまでたくさんの人になでられているため、体がピカピカになっている。

普段僕たちが金属を磨くときにはヤスリや磨き粉を使うことだろう(記事参照)。なのにこの「なで仏」は手だけで磨かれてこの光り具合なのだ。

考えてみるとすごいことではないか。


なでただけでここまでピカピカに。

よくなでられている頭は金属の結晶が見えるくらいにピカピカ。
同じ素材で出来ていると思われるネームプレートは錆びたままだ。なでの威力ここに示されり。

この「なで仏」、いったいどのくらいの数なでられているのだろうか。しばらく観察してみた。

浅草寺は修学旅行客などでごった返しているが、こちら浅草不動尊は一歩はずれた静かな場所だ。なでるという目的がない人はあまり立ち寄らないのかもしれない。

それでも定期的にぽつりぽつりと人が訪れ、そして仏をなでていく。


数人のグループでなでている場合が多かった。

なでていく人は老若男女を問わず、はてはその意味を知ってか知らずか外国人もなでに来ていた。時間帯にもよると思うが、見ている間は意外と若い世代もなでに来ていることがわかった。


この方は長時間ずっとなでていました。
修学旅行生もなでに。

なで、ユニバーサル

この1時間で「なで地蔵」をなでていた人はこんな感じだった。年代は推測。

男性(40-50代)__4名
女性(40-50代)__3名
男性(10-20代)__2名
女性(30-40代)__4名
外国人(20-30代)__3人

1時間観察して16人になでられていた。多いのか少ないのかまったくわからない数字だが、たとえばあなた自信と比較してもらいたい。あなた、最後になでられたのはいつですか?ほら、記憶にないでしょう。やっぱり1時間で16なではすごいのだ。


私は日々なでられている。

ちなみにこの「なで仏」1983年に建てられたのだという。

ということは、だ。

1時間で16回なでられる仏像が、建てられてからだといったい何回なでられたのだろうか。1日に8時間なでられると見込んで計算してみよう。

16回(1時間)×8時間(1日)×365日(1年)×26年(建立より)

=1214720回

120万回以上だ。どうだ、びっくりしただろう。もちろん日や時間帯によってもなでられる数は変わるはずだが、少なく見積もっても100万回以上はなでられているのだ。これからやろうとしていることを考えるとここで一度絶望感を味わうことになる。

でもやる。




つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation