デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
ヤクルトの正しい飲み方


 

ヤクルトは1日1本だけ、と心に決めて生きてきた。おいしいが、度を越した摂取は体に害があるのでは、という思い込みによるものだ。現にヤクルトの容器にも、1日あたりの摂取目安量は1本と表記されている。

しかし、ある日ヤクルトのホームページを巡回していたとき「乳幼児を除いて一日に何本飲んでもかまいません」との記述を見つけた。何ですとー!

ぼくにとっては衝撃的なこの事実。もう自分を抑圧することはない。大好きなヤクルトを心ゆくまで飲みまくってやろう。

榎並 紀行



夢のジョッキヤクルト

ヤクルトにはシロタ株という中小企業みたいな名前の菌が1本あたり150億個も含まれているそうだ。これが生きたまま腸に到達することにより腸内環境を改善し、おなかの調子を整えてくれる。

飲みすぎると腸内がシロタ株だらけになり、大変なことになるのではないか、とこれまでのぼくは考えていた。もともと胃腸が強いタイプではないのだ。


近所のヤクルトを買いあさってきた。ヤクルト不足が社会問題になったら僕のせいです

しかしそんなことに脅えていた時代が今は懐かしい。「一日に何本飲んでもかまいません」とヤクルトさんが言うからには、たくさん飲まないと逆に失礼というものだ。

一方で、一度に大量に飲むと血糖値が上がって危険という説もあるようだが、そこは若さで乗り切りたいと思う。


ビールジョッキにヤクルトをそそぐ日が来るなんて

ということで、プロ野球選手に次ぐ少年時代の夢「ジョッキヤクルト」を今日叶えることにした。

野球は阪神が好きです
グビグビと

一気に

これまでちびちびと飲んできたヤクルトが、大量に喉へと流し込まれる。人生初の快感だ。特筆すべきは、さっぱりとした後味。ヤクルトを飲んだ後、口内に残る甘ったるさがない。舌より喉で味わう、ビールジョッキの特性がもたらしたものだろう。

ちなみに分かりやすく評価すると以下のようになる。

ビールジョッキ&ヤクルトの評価


【のど越し】
【後味】
【総合】
【これまでに摂取したシロタ株】 450億個

いろいろな飲み方で楽しんでみる

せっかくなので、この機会にいろいろな飲み方でヤクルトを楽しんでみよう。次はちょっと優雅な気分で、シャンパングラスにヤクルトをそそいだ。


プリンみたいだな
(手で)チェリーを沿えるといくらかカクテルっぽい

心なしかムーディーな気分

シャンパングラス&ヤクルトの評価


【のど越し】  
【後味】  
【総合】    
【これまでに摂取したシロタ株】 750億個

シャンパングラスは既存の容器のまま飲んだ時と飲み口があまり変わらない。口をすぼめて飲む形状のため、ちびちびとしか喉に入ってこないのだ。また、ジョッキと違ってヤクルトが舌に直接当たるので、口の中に甘さが強く残る。以上のような理由から低評価となった。

やはりヤクルトは喉を鳴らして豪快に飲むべきだ。


でっかい皿にヤクルト10本分(650ml)をそそぐ
コーンスープじゃないですよ

相撲で優勝した力士が酒を飲む大きな杯。我が家で一番大きい皿をあれに見立ててヤクルトをそそいでみた。

べつに優勝はしていないが

ごっつあんです

でかい皿&ヤクルトの評価

【のど越し】
【後味】
【総合】  
【これまでに摂取したシロタ株】 2250億個

喉と舌にドバドバとヤクルトが降り注ぐ。とても贅沢で幸せな気分だ。正直、皿に注いでみたときはそのあまりの量にたじろいだが、一気に飲めてしまった。ここまで15本分のヤクルトを摂取しているが、まだまだいけそうだ。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation