デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


 




先週、いぼ痔にかかって病院に行った。いぼ痔の先輩、ウェブマスター林さんのアドバイスに従ったのだ。病院での診察は驚くほど痛かったが、処方してもらった薬が凄く効いた。1週間経った今、痛みはほとんど消えている。

先週、まだ痛みがピークに近かった頃、林さんと僕と火曜日ライターの大北さんと痔について話し合っていた。大北さんが「僕も血が出たことありますよ」と言ったら林さんの目つきが変わった。

「そんなの本当の痔じゃない! 俺や住さんの痔が野生の虎だとしたら、大北君の痔は猫だ!!飼い馴らされた猫だ」

と怒っていた。

その時は僕も痛かったので林さんの意見に大きく頷いていたが、こんなにすぐに痛みが治まるくらいだったら、僕の痔も猫だったのかもしれない。林さんに怒られるかもしれないから、痛みが治まったことはまだ言っていない。

ところで、今週の記事は下半身を酷使する企画である。
持病の椎間板ヘルニアと、もしかしたら猫レベルかもしれないいぼ痔が心配だった。

今、撮影を終えて原稿を書いているが、どちらも沈黙を守っている。

椎間板の方はベルトを巻いていたのが良かったのかもしれない。
いぼ痔の方は特にケアをしなかった。

やはり、僕のいぼ痔は猫だったのだろうか?

(text by 住 正徳.







6月26日にマイケル・ジャクソンが急死した。あれだけのスターの死について、僕みたいな者がとやかく語るべきことはない。ただ、本当にショックだった。中学生の頃、マイケルのプロモーションビデオを見て衝撃を受けて以来、ステージに立つマイケルの姿をずっと追ってきた。顔がどんどん変わったり色々な奇行が伝えられたりしても、マイケルが歌って踊る姿を見るとグッと心を持っていかれるのだ。当サイトでも4年前に「僕のムーン・ウォークを見て下さいという記事で、中学の時に覚えたムーンウォークを披露させていただいた。

亡くなってから1週間が経って様々な報道が流れているが、そういう情報はあまり耳に入れないようにしている。耳にする度、淋しい思いをするからだ。そんなことよりも、まずは自分なりにマイケルの死を追悼したいと思っている。僕に出来ることはないだろうか?

1つある。
ムーンウォークだ。

マイケルジャクソンに憧れて覚えたムーンウォークで通勤するのはどうだろう? 普段はバスで通っている道を、マイケルの死を噛みしめながらムーンウォークで移動するのだ。きっといい弔いになるはずである。




三軒茶屋から渋谷までムーンウォークで移動する

三軒茶屋から渋谷まで、約4キロの道のりをムーンウォークで移動する。普段のバスなら20分ほどで着く距離であるが、ムーンウォークでどれくらいかかるのか見当もつかない。普通に歩いた場合、不動産屋の目安だと1分間で80メートルだと言われている。約4キロとして、普通に歩いて50分はかかる計算だ。ムーンウォークは普通に歩くより遅いので、50分以上はかかるだろう。追悼のためとはいえ、過酷な挑戦になりそうだ。

黒いスーツに黒いネクタイを締めて、弔いのムーンウォークを三軒茶屋からスタートさせた。


スタート地点の三軒茶屋にて

最初に言ってしまうが、三軒茶屋から渋谷までムーンウォークで3時間かかった。途中、昼食で30分使ったので正確には2時間半だ。椎間板ヘルニアといぼ痔を持つ身にとって、かなりきつい2時間半であった。

その過程をレポートする前に、2時間半の様子をダイジェストで映像にまとめたのでご覧いただきたい。ムーンウォークで4キロ移動した映像記録である。





渋谷に到着した時は達成感でいっぱいだったのだが、後から映像を見てがっかりした。4年前の記事の時よりも明らかに切れがなくなっているし、後半は疲れてしまってただの後ろ歩きになっている。

しかし、ムーンウォークの上手い下手は関係ない。今までありがとう、というマイケルへの思いを2時間半のムーンウォークに込めたつもりである。それだけでいいのだ。

というわけで、次のページから2時間半に渡ったチャレンジの様子をレポートします。



  次へ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation