デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
鳥を愛でながらお茶をのむ、ベトナムの朝

小鳥がいっぱい

前回、ベトナムのソウルフードで「ホビロン」を食べた記事を書いた。孵りかけの卵を食べちゃう食文化も面白いが、バイクの洪水のような大通りや、下水道の完備が甘く低い土地で雨が続くと川のようになってしまう道、どれをとってもコントのような国だ。

そんな少しクレイジーな印象のあるベトナムだが、ある日早起きして歩いてみると、新しい発見があった。
よかったら共に素敵な朝を楽しみましょう。早起きは三文の得、inベトナム。

ほそいあや



ホーチミンの朝7時半

朝、ふらりと散歩にでかける。通りは出勤ラッシュでバイクが溢れていた。


ほとんどの街路樹が異様にでかい。ベトナムらしさのひとつ

ここらへん、何か聞こえる

エンジン音と都会の喧騒に混じり、右の方から「サワーッ」と高い音が聞こえた。どうやら公園の中からのようだ。
ここはホーチミン中心の大きい公園、いわゆるセントラルパーク。
いったい何が行われているのだろう…?

公園に入ってみよう!


鳥かご?

小鳥の大合唱だった

物干し台のような支柱にたくさんの鳥かごがぶら下がっている。そしてそれを眺める人たち。
はじめは小鳥の品評会かオークションでもしているのだろうか?と思ったのだが・・・


朝っぱらから何をしているの

どうやら、この鳥かごは各自が持ち寄っているらしく、かご一つ一つに飼い主らしき人がついているようだ。
みんな自分の鳥かごを吊しにいったり、下ろしてみたり、テーブルに置いてみたりしている。

みんな、純粋に鳥の鳴き声を聞きに、もしくは聞かせにここへ来ているのだ。


小鳥の鳴き声をたのしむ会?

ピーピーと鳴きまくる鳥。圧巻

鳥かごのデザインもさることながら中の鳥も大変かわいい

小鳥の爽やかなさえずりと、それを鑑賞するおじさんたち

 

ベトナム人は鳥がすき

ベトナムでは女性のほうが働き者だとよく聞く。そしてここにいるのは圧倒的に男性が多い。平日の朝7時台に、公園で鳥の鳴き声をきいている男たち。もしかしたらこれから職場にむかうのかもしれないが、こんな優雅な事があっていいのか。ちょっとスローライフすぎるんじゃないの。


「ウチの鳥、よく鳴くわー」「うちのだって」
みんな鳴き声をつまみにお茶を飲んでいる
すごく楽しくなってきたので加わることにした
アイスコーヒーとヤォヤァと呼ばれるヨーグルト

朝のひんやりした空気の中で、ピリリリという鳥の声とおじさんたちの嬉しそうなしゃべり声が妙にマッチしている。きっとお互いの鳥自慢をしているのだろう。

50円の甘苦いコーヒーを飲みながら、すごく気持ちの良い朝を過ごしている事に気づいた。「鳥かごカフェ」、大変良いご趣味ですね。
「働かなくていいのか」という疑問は心にしまっておくことにする。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation