デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
小岩コリアンタウン探訪


日本でいちばん有名なコリアンタウン、新宿区職安通り近辺に、しょっちゅう行っている。
韓国ポップスとコリア料理のファンで…、たぶん10年以上前から通っている。
その間に、街は激変。
とくに韓流ブーム以降は、年配の女性も普通に訪れる、観光地になってしまった。
それはそれで楽しいんだが、
日本に住むコリアンの方たちが、自分たちのためにやっているお店に、「お邪魔します」という気分で行った、異文化感、ドキドキ感は全然なくなった。
もちろん、街が盛り上がるのは、良いことなのだけれど。

その時、ふと思った。他の、東京のコリアンタウンは、どうなっているんだろう…?
そういえば、行ったことがないなあ、と…。

大塚 幸代



小岩にのりこめ!

そういえば小岩にコリアンタウンがある、っていう話をきいたことがある、
そう思ってまず、ネットで調べてみた。
しかしこれが、あまりにも情報がない。
これは自分で歩いてみないと分からないな、と、総武線に乗って、小岩まで行ってみた。

改札をぬけて、まずは「コリアンタウンがあるらしい」北口に降りる。
まずはランチを食べようと、評判のいい韓国料理店、「マダン」に行ってみた。

メニューを見てみた。大久保もランチは安いのだけれど、このお店は、通常メニューも安かった。
小岩の相場がリーズナブルなのかな、と思いながら、サムギョプサル(豚の三枚肉の焼肉、薬味をのっけて、サンチュに包んで食べるもの)と、サムゲタン(滋養にいい鶏の煮込みスープ)をオーダー。



実は失礼なことに、さほど期待していなかったのだが、これが、予想以上においしくて、

とくにサムゲタンは絶品だった!
同行した友人は、食べ始めてからずっと、黙ってスプーンを、口に運び続けていた。
人はあまりに美味しいと、「うまい!」とさえ言わなくなるらしい…。

ご主人とちょっとお話したところ、奥様が韓国の方らしい。
「サムゲタン、向こうでは1羽ぶん、ひとりで食べるんですけど、それでは日本人には多過ぎるし、高くつくでしょう。だから半身で、安く出そうっていうのを、妻が考えたんですよ」
とのこと。
いやあ、もう一回食べてみたい。


マダン〜庭〜
東京都江戸川区西小岩1-21-22 松筑ビル2F
月曜定休


新大久保にも、美味しい店はあるんだけれど、「観光客」向けのお店が増えてしまって、どこがアタリかハズレか、分からなくなっているのが現状だ。
噂によると、小岩の韓国家庭料理店は、どこもかなり美味しいらしい。
やはり小岩在住のコリアンの方向けの、地元密着型の店だと、美味しくないとやっていけないんだろうか。

しかしまあ、歩きまくったら、本当にたくさんの韓国料理店があった。



一カ所に集まってるというわけではなく、駅の南口北口、両方に点在しているという感じ。



おいしそうな店の看板を見る。食べてみたいのはヤマヤマだが、ランチのはしごなんて、なかなか無理…。

 

コリアンスーパー発見!

普通に散歩してると、コリアンタウンっぽくはないなあ、
ハングルを喋ってる人は、結構歩いているけどなあ、と思っていたら…。



あった! コリアンタウンっぽい場所。「漢江食品」「BIG5」という、二件並んでいる韓国食材屋さんを発見。
輸入食材から、韓国DVDまでてんこもり。異国っぽい雰囲気が、90年代の職安通りを思い出させた。そうそう、こんな感じだった!
でもポップにはちゃんと日本語が表記されているので、安心してお買い物することが出来ます。


「BIG5」のほうが、やたらとインスタントラーメンが充実していたので、わけもわからず買ってみた。あと韓国産、山イチゴワインも美味しそうだったので。

その後もブラブラ歩いてみたんだが、なぜかインド料理の店も多かった。インド人居住者も多いのかも。

 

韓国ファーストフードを食べてみる

歩いて、やっと小腹がすいたので、韓国で有名なチェーンだという「ホンチョぶるだっく」へ入ってみた。渋谷や赤坂にも支店があるけれど、小岩にもピンポイントであるという店だ。


「ぶるだっく」は数年前、韓国で大流行した食べ物で、辛い鶏肉料理。

しかし安い! ひと皿300円。

「激辛」ではなく「辛口」を頼んだのだけれど、余裕で食べられる甘辛味。ファーストフードらしく、何というか…、独特の味がした(ハマる人はハマる味)。しかしビールには合う合う。

豚肉バージョン、「ぶるでじ」もイケた。これもビールに…(以下同文)。

チヂミも300円で、結構な量があった。安い! 便利!

小岩コリアンタウンとは、たぶん…。

つまり、小岩コリアンタウンというのは、

  • 北口、中央通りぞいの、2件の韓国食材スーパー(雰囲気まんてん)
  • 点在する、(たぶん)レベルの高い韓国料理店たち

これで構成されているわけで、まったく観光地化されていないので、
散策好きにはたまらない街だし、てっとり早く楽しみたい人には向かない場所、なんだと思う。
歩いてみないと、分からないことっていっぱいある…。

とりあえず次回行く時は、最大限におなかをすかせて、大人数で「マダン」に行きたいと思う。
でも他の店も美味しそうだし、行きたいけれど…、ああ、どうしたらいいんだあ!!


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation