デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
油で揚げない唐揚げってうまいのか?


専門店にも行ってみました。

鶏の唐揚げが嫌いが人なんての世に存在するんだろうか。そう思ってしまうほど唐揚げはおいしい。

そんな鶏の唐揚げの特徴的なうま味といえば、やはりなんといっても噛んだ時にジュワーッと溢れ出る肉汁だ。あれがあるのとないのとでは有難みが全く違う。ジューシーな肉と、そうでない肉。うん。比べるべくもない。

が、昨今のダイエットブームは唐揚げにも狙いを定めたらしく、なんと「油で揚げずとも唐揚げが出来る」という製法が幅を利かせているというではないか。

こちとら二度、三度と揚げを繰り返すことで肉汁を閉じこめる工夫をしてるというのに、言うに事欠いて、揚げないだと? 実にけしからん。それってうまいのか?

高瀬 克子



まずは唐揚げ専門店へ

当サイトでは数年前、ライターの古賀さんが「からあげの街のからあげ食べ歩き」という記事の中で、本場(大分・中津)唐揚げを食べまくっている。

なんて羨ましいんだろう。私も是非本場の唐揚げを食べたいものだ…と思っていたら、なんと東京・下北沢にお店を出してました。

「揚げない唐揚げうんぬん」の前に、まずは「これぞ唐揚げ」の底力をじっくり見極めようではないか。


からあげ大吉。古賀さんも中津で行ってたお店です。
どれもこれもおいしそう。そして安い。

大分のお店だけあって、店内には焼酎の瓶がズラリと並んでいる。唐揚げをつまみにお酒を飲める店構えになっていて、すごく居心地が良さそうだ。

もちろん唐揚げでごはんを食べることもできる。持ち帰りを希望するお客さんは店の入口から声をかけて、出来たてを持ち帰っている。

みんな、この店の唐揚げがおいしいことを知ってるんだろうなぁ…と思っていたら、注文した唐揚げが来た。


うん、これだよ、やっぱり油で揚げてこそ、だよ。

このビジュアルを、油で揚げずにどうやって再現しようっていうんだ。出来るもんならマネしてみぃ! …と、つい語気が荒くなるような唐揚げが来てしまった。

さっそくアツアツのところを口に入れる。


うわっ、これ!
てらてらと光り輝きながら流れ出る肉汁。たまりません。

…そりゃもう、言わずもがなのおいしさであった。

 

まずは市販の商品を試そう

「揚げずに唐揚げができる粉」が売っているというので、さっそく買ってきた。ネットで見た限りでは「カリッとしてる」となかなかの評判だが、実際どうなんだろう。


「フライパンで焼くだけ」と書いてある。
粉をまぶして作ってみました。見事なまでにパッケージ通りの見た目ですな。

では、ひとくち。
な、なるほど…。

「あ…」と思った。「ちょっとまずい」とも思った。この場合の「まずい」は「美味しくない」という意味ではなく「揚げずにおいしくなっちゃうなんて、これはまずい」のまずい、だ。

お茶漬けにおける「あられ」のように、お米の粉がカリッと香ばしくなっていて、これがとてもいい。

もしかして、油で揚げなくてもおいしい唐揚げは出来てしまうのだろうか?

 

自信を取り戻そう

このままではいかん。ただし希望はある。いくらカリッとしていても、さすがにフライパンで焼いただけの唐揚げはジューシーさとは無縁であった。だいたい揚げてもないのに「唐揚げ」を名乗ること自体、図々しいにも程があろう。

ここはいっちょ、正真正銘本物の唐揚げを作って、自信回復を図りたい。


「やっぱり揚げた唐揚げが最強なんだ!」と思いながら肉に下味を付け、粉をまぶしたら、
1分半ほど揚げたら取りだし、3分ちょい休ませたあと、30秒ほど揚げて完成。ガッテン方式。

「どーだ、これが唐揚げだ!」と威張りたくなるような、カリカリ&ジューシーっぷり。

やっと気持ちが落ち着いた。やっぱり油で揚げたものが最強なんだ。それだけは間違いない。

でも、揚げない唐揚げも、それはそれでおいしかった。

というわけで、どう頑張っても揚げない唐揚げは揚げた唐揚げ以上においしくなることはないのだが、揚げない唐揚げなりのカリッとしたおいしさを追求していけば、揚げた唐揚げに少しでも近づくことは可能なんじゃないかと、揚げた唐揚げ好きとしては思うのであった。

次のページからは、揚げない唐揚げの新たな可能性を追究してみたいと思う。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation