デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
動物を退屈させないエンリッチメントが面白い
プレーリードッグ「退屈だワ〜ン」

よく動物園に行く。
図鑑でしか見たことのない動物が、目の前にいることはたまらなく楽しい。また、動物の予測不能な動きは愛らしく、ずっと見ていても飽きない。

そんな動物園好きな僕は最近、エンリッチメントに興味がある。動物園に行くと動物よりもエンリッチメントを見ているかもしれない。

エンリッチメントとは、動物を退屈させないいろいろな工夫のこと。これがとても面白いのだ。

(text by 地主恵亮

エンリッチメントとは?

多摩動物公園に出かけた。
ここには、「スカイウォーク」というオラウータンのエンリッチメントがあるのだ。

地味ですが「スカイウォーク」というオラウータンのエンリッチメントです

一見地味だ。
エンリッチメントという言葉の響きは、僕にエンゲージリング的な幸せな輝きを放つものを連想させるのだけれど、行ってみると地味だった。タワーとタワーがロープで結ばれているだけだ。
しかし、野生のオラウータンは樹上で生活するため、オラウータンにとってはこのスカイウォークは幸せな輝きを放つものなのだ。

遊ぶオラウータン

ひと昔前、動物園に行くと、大抵の動物は一日中眠っていたり、同じ場所を行ったり来たりするなどの異常行動をしていた。これは飼育下の変化に乏しい退屈な環境から来るストレスのため。それを改善するのが先に書いたスカイウォークなどの「エンリッチメント」と言われるものなのだ。

人間の道具を与えたりもする。これもエンリッチメント

市民ZOOネットワークといサイトをを見ると、エンリッチメントについて詳しく知ることができるのだけれど、早い話が「動物を退屈させないいろいろな工夫」をエンリッチメントと言う。動物が活き活きと楽しんでくれれば何でもエンリッチメントなのだ。

この日はたくさん女子大生グループがいて、いつも以上に動物園が楽しかった。俺のエンリッチメントだ!

チンパンジーのエンリッチメント

次にチンパンジーのエンリッチメントを見に行く。
でっかいアスレチックやアリ塚などがエンリッチメントだ。ロープを伝ったりしてチンパンジーは活発に動いていた。

チンパンジーがいる!!

アリ塚は、ところどころ穴が開いていて棒を差し込むと棒にジュースがつくようになっている。直接ジュースを与えないため、同じ量を飲むのにも時間がかかり退屈をせずにすむわけだ。

雑誌に連載されているマンガを単行本で一気に読むのもいいけれど、雑誌で毎週毎週読み進めるのも悪くないのと一緒だ、きっと。

アリ塚はこんな感じでジュースを飲むことができるエンリッチメント(モデルは地主)

生態展示とエンリッチメントのズーラシア

別の日によこはま動物園ズーラシアに出かけた。
ズーラシアは多くの動物が生態展示されている。生態展示とは、その動物が生活する場所を模した展示方法のことだ。

チンパンジーの生態展示 チンパンジーがいない!!

ズーラシアではチンパンジーを見つけることができなかった。
ウォーリーより巧妙に隠れている。テレビのリモコンよりも見つからない。

生態展示はその動物が住む環境を知ることができるけれど、なかなか動物を見つけられなかったりもする。お年を召された女性の2人組が「いないわね〜、木切ってくれればいいのに」と言っていたのが印象的だった。

やっぱり見つけられなかった。どっかにいるはず

生態展示もエンリッチメントのような気がするけれど基本的には別のものだ。

結局は限られた空間なので動物は退屈してしまうのだ(たとえばシロクマは、本来一日に何マイルも歩くので、環境を再現しただけでは退屈してしまう)。

人間だって一日中家にいるとパソコンだって、本だってあるのに退屈することがあると思う。そんな休日が誰しもあるはずだ。それと一緒だ。だから、生態展示でもエンリッチメントが必要なわけだ。

ズーラシアでは、餌を数回に分けて与えたり、餌を隠すなどのエンリッチメントを行っているそうだ。この日は時間が上手くあわず、餌をあげるところを見ることができなかったのが残念だった。

多摩動物園で見たチンパンジーを見るカップル。
男にとって彼女がエンリッチメント! あるいはその逆で男がエンリッチメント! さらっと最低なことを書きました
まだまだエンリッチメントあります >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation