デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
ついに節水ゴマにもカラーバリエーションの波
カラバリの必要性以前になんかこうピンクはまずくないか

生活雑貨はもちろん、携帯電話、携帯ゲーム機、家電などなど。同じものなのに、外側の色だけ違う。そんな、カラーバリエーションの豊富な商品は多い。

こんな色があったらいいな、そんな思いはモノを選ぶときに多くの人が考えるだろうし、単純に同じ形のものが色とりどりにずらっと並んでいるのは見ていてわくわくする。

けれど、たまに「いきすぎ、いきすぎ!」と思うこともあるのだ。

先日は雑貨店でバナナケースがカラー展開をしているのを見た。カラーバリエーションの波の勢いに、初めてひるんだ瞬間だ。黄色だけじゃだめなのか!? 

バナナケースが色とりどりなら、もう何だってバリエーションを付けちゃっていいんじゃないか。

今夏はカラーバリエーション未開の地を墾田開拓しようと思います。

古賀及子



お風呂コーナーはもうお祭り状態

杓子、ありました

テーブルとか、角ばってるところを保護するスポンジ。商品名に説明が必要なものにもカラバリが

猫も杓子も

携帯電話やコンパクトデジタルカメラのパンフレットを製作している友人がいるのだが、言わせるといまや「猫も杓子もカラーバリエーション」だそうだ。

確かに彼は喋り言葉で「猫も杓子も」といった。普通、友人との会話でちょっと出ない慣用句だろう。猫も杓子も、って。それだけカラーバリエーションは進んでいるらしい。

ゲームボーイブロス(色つきのゲームボーイ本体)やiMacのキャンディーカラーの当時は「うわ、色がいろいろ!」と浮き足立ったが、いまやカラーバリエーションがあって当たり前なのだ。

実際どうなってるんだろう、と思って電気店や雑貨店をウロウロしてみたときに見つけたのが左の列に並べた写真たち。

思った以上に色々なものが色とりどりで売られていて、確かにこれはどこに出しても恥ずかしくない猫も杓子もぶりだった。

なにせ、探したら杓子(しゃもじ)にもカラバリを発見しちゃったぐらい。おお、ザ、文字通り!

カラバリ、未踏の地を目指して

見たところ、もうカラーバリエーションが展開できる商品は片っ端から展開したぞ、という状態だ。もう大方すでに開拓が済んでしまっただろうか。

こういう状況を目の当たりにすると、ぜひとも今までに誰もカラーバリエーションを付けてみようと考えもしなかったものに、自らの手で色展開させてみたいと思いませんか。

何かないかな。うーむ。

ガスの元栓のひねるやつ? おふろの栓? いろいろと候補を挙げていく。

が、どうだろう。元栓のひねるところも、おふろの栓も探せばすでにカラーバリエーションがありそうなにおいがするじゃないか。注文住宅とか、オーダーの効く新築マンションのカタログなんかに抜かりなく掲載されていそうな気がする。今なくても、近い将来きっと登場してくるだろう。

今、私が探しているのは、もっとちょっと驚きを含んだようなものだ。

身近にあって、でもあまり目に触れないような、ちょっと観念的なもの……。

地球でいうところの、宇宙レベルという感じのもの……。

何だろう。

小さなイーゼル。最初まったく分からなかったのだが、そうか、小さな絵とかを飾る用なんですね
物干し竿を通すあの部分。右の水色のほうはパッケージがカラバリの物用になってますね

節水ゴマだ!

そう思って、これぞと思いついたのが、タイトルにある節水ゴマだったわけだ。

「宇宙レベル」とおおきく振りかぶった割には地味極まりないセレクトだが、誰もが手をつけなさそう、かつ、身近なものというともうこれしかない。


これ

節水ゴマというと、家庭の蛇口の中にはめ込んで蛇口から出る水量を少なめに調節する部品のこと。

節水を呼びかけるパンフレットなどでおなじみのアレだ。

実は私は「水がじゃーじゃー出すぎて困る」という家に住んだことがなく、話には常々聞いていたもののこの節水ゴマを見たのは今回が初めてだった。


レッツ、カラーバリエーション!


自信の4色展開 >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation