デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
コーヒーを飲むこと以外は、許されない喫茶店


上野駅の入谷口から徒歩5分「北山コーヒー店」

8月の昼下がり。
JR上野駅周辺にあるバイク街を通り抜けた先に、僕は奇妙な喫茶店を発見したのだった。

斎藤 充博



注文の多い喫茶店


ひっそりと街路樹に隠れるようにしてその店はあった
なんだこれ

店を通り過ぎようとした時、思わず入り口の貼紙が目に入った。


「当店は喫茶店(多目的店)ではございません。コーヒーを飲むためだけの店です」

「事務、読書、商談、その他待ち合わせ等コーヒーを味わう事以外でのご入店はお断り致します。(30分以内でのご利用をお願いします)

なんだか色々と注文が多い。しかし、逆にそれが好奇心をかき立てられ、思わず中に入ってみた。あれ?なんか宮沢賢治の童話にこういうストーリーなかったか。大丈夫か、僕。


主役が珈琲ということは…?

中はちょっと薄暗いがごくふつうの喫茶店のようにも思える。入り口には「30分以内で」なんて書いてあったが、むしろ居心地が良さそうだ。客席の方まで、ところ狭しと豆袋や樽が置かれている。

と、そんなことを思っているのもつかの間。さらに奇妙なことを発見した。


「カメラ禁止」「カウンターの中をのぞかないで下さい」の貼紙
ふつうじゃない価格設定

これを見た途端、僕を取り巻く空気が一気に張りつめた気がした。僕の良く知っている喫茶店の形式とはやっぱり違う。ここは宮沢賢治の世界で、僕はヤマネコに食べられちゃうのか。

恐る恐るコーヒーを注文する。頼んだメニューは「生コーヒー・雫」なんだか意味ありげな名前のメニューである。コーヒーで生ってなんだ。いちいち僕を怖がらせようとしているのか(そして、そんなメニューを頼む僕も僕なのだが)。


「雫」を飲んでみると…

編集部の工藤さんが頼もしい

コーヒーを飲んで衝撃を受けた。
これは当サイトで採り上げない手はないだろう。編集会議で提案してみたところ、編集部の工藤さんが撮影に同行してくれることになった。「最近コーヒーにはまっているんで行ってみたい」という風に申し出てくれたけれど、たぶん、風変わりな飲食店の取材に対して、僕が弱いのでは、というのを懸念したからではないかと思う。


ニフティの工藤さん。皮肉と諧謔をきかせた記事が得意

取材当日の道すがら、工藤さんがアドバイスをくれた。
「店舗取材だからって、相手に過剰に気を使う必要はないですよ」
「斎藤くんはふつうに話していてもらって、僕が脇から、ちょっと意地悪な聴きにくいことを聴いてあげるよ」
ちょう頼もしい。それでは、入ってみましょう。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation