デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
イカのふところの深さを味わう


イカの世界は広いのである

お刺身にしても煮物にしても、焼いても揚げてもおいしい「イカ」。
しかも見た目もかっこいい。
イカは魚介類のマルチタレントである。

毎日の食卓はもちろん、おやつやおつまみの世界でもイカは羽ばたいている。
そんなイカの世界の幅広さを探ってみよう。

工藤 考浩




ようこそ!イカワールド

なぜイカのテーマパークがないのか。
泳ぎを見てもかわいいし、墨を吐いてコミカルだし、南太平洋で採れる巨大イカはスリリングだし、食べてもおいしい。
テーマパークの要素をすべて満たしているのに。

そう思うほどイカが好きだ。
しかし、世の中におけるイカの扱いは、エビやカニに比べてぐっと低い。
おかげで安く食べられるので、僕はうれしいが。


イカざんまい

その安さのせいか、はたまたおいしさのせいか、イカはさまざまなお菓子に加工され、販売されている。

本日はイカの幅広さを紹介しよう。


焼きするめ

ザ・キング・オブ・ポップ・オブ・イカ

いわずものがなの、するめいかである。

ストレートにイカのおつまみだが、どのコンビニにも売っているのにはちゃんとした理由がある。
うまいからだ。

他のイカ加工品がその地位を猛追する中、いまだキングの座を譲らないのは、噛めば噛むほど染み出す味わいのためろう。

パッケージには「製品の表面に白い粉状のものが出る場合があります…」とある。
さすがの風格だなあ。
この世の中で、体から白い粉を出すのはサイババかイカくらいのものである。
まさに崇高なイカ加工品だ。


アミノ酸もたっぷり

 

旨辛焼きいか

イカにはピリ辛がよく似合う

なにやらおいしそうなパッケージのイカ。
いままで前例のなかったタイプのおつまみだろうか。
パッケージを開けると、居酒屋で食べる焼きイカのしょう油が焦げた香ばしい風味と、青唐辛子のつーんとした香りが漂った。
食べた感触も、焼きイカそのものだ。
こいつはいいぞ。
西友で298円だ。
わずか3コインでイカパラダイス。すばらしい時代だ。

原材料に「たれ」とあった

 

カライーカ

イカの新ジャンル ナンバーワン

冒頭ではあえて触れなかったが、イカというのはよくダジャレに用いられる。
それもイカの役割のひとつだといえよう。
例を挙げるまでもないが、
「イカが?」
「イカ同文」
「そうはイカん」
「まあイッカ」
「たイカの改新」
などが有名である。
このカライーカもだじゃれを用いたネーミングだ。

そのネーミングも印象的だが、それ以上に驚くのがイカをイカの形に加工した発想の豊かさだ。
まさにクリエイティビティの賜物といえよう。
商品名と形状の親しみやすさから、イカ加工食品のなかでも群を抜く人気である。

パパのネクタイ? ちがうよ、イカだよ


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation