デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
エクストリーム・マーシャルアーツを知っているか

人間が飛ぶ飛ぶ回る!

アクロバットの要素も強いエクストリームマーシャルアーツ、格闘技的な部分のチェックの後はいきなり飛びまくりタイムに。ジェームスさんが「じゃ、次は○○で」と指示してくるんですが、逆立ちから前転・側転・バック転・バック宙と指示しても、ほとんどの人が一、二回で決めていくのがスゴイ。


逆立ちで歩けるのは基本です。
吹っ飛んでるみたいですが、バック宙の一瞬。



さっきまでの格闘技パートに比べると、全体的にこちら床運動の方が上手い人が多い気がします。あとで今回の参加者の「体操×年、テコンドー×年」などの経歴が書かれたプロフィールを覗かせてもらったところ、体操中心で格闘技歴は数ヶ月、という人もいましたし。その一方で某有名集団のスタントマンという人も。

この取材を申し込んだ時は「試しに指導受けてみます?」なんて言われたんですけど、あらためて目の前で見せられると「いやいやいやいや!!」って感じだ。逆立ちの時点でくじけてるはず。安請け合いしなくてよかった…。

そして終盤は各人のフリー演技。ジェームスさんの前でそれぞれの得意アクションを披露する。ここまでは格闘技と床運動、別々のアクションでしたがここからがエクストリーム・マーシャルアーツ!参加者のそれぞれのアクションを見せてくれました。

やはり写真では
こんな感じなので動画をどうぞ。



体操の床運動と似てるようで違う、蹴りのアクションが随所に見られると思います。まさにジャッキーチェン・ジェットリー的な。体操が「美しさ」なら「格好良さ」に主眼を置いたスポーツ。体操と違うのは左上写真みたいな横回転の軌道が多いことでしょうか。

ずっと見てるとフィギュアスケートに近いジャンルなのかな?という風に思えてきました。格闘技的な型はあるのだけど、相手を倒すことやスピードを競うのではなく、技術点と芸術点を競うスポーツというか。



今回のオーディションはその場で合否は決めず、また再来日の際に連絡が来るのだとか。ジェームスさんに「日本のレベルはいかがでしたか?」と尋ねると、「悪くないです。まだ日本にはスクールがないから、それぞれ自己流でやってるのを考慮すればいいんじゃないでしょうか」とのこと。

ただ「運動能力は高いのだけど、武術の部分を練習してほしい」という言葉も。たしかに上の動画を見たあとで、あらためて前ページの神戸さんの動画を見ると、とにかく動きに無駄が無くスマートなのがわかる。そのキレはたしかに格闘技的な…やれないのに言うのも偉そうですが。


おつかれさまでしたー。


ライブパフォーマンスや映画などでもこれから見かけそうなエクストリーム・マーシャルアーツ。馬場さんや斎藤さんとも「マッスルミュージアムみたいな感じですかね?」「日本人はストンプとかブルーマンとか外国人のパフォーマンスに弱いから日本でやっても流行りそう」とかわいわい言いながら帰りました。いやー、面白かった。

現時点ではちょいとやってみるか…てなスポーツでは決してありませんが、今後は格闘技も体操も知らないけどエクストリームマーシャルアーツはやってる、て人も出てくるんでしょうね。

こんなビジュアル見たらチェックあそばせ。

路上でもやっちゃいますよ

今回取材させていただいたジェームスさんらTEAM 2Xが出演した「オマガ!」という番組が近々日本でも放映されるそうです。街中であのアクションをバンバンやる番組だそうなので、より凄さが実感出来そうですな。


< もどる ▽この記事のトップへ  

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation