デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


 




「地平線を見に行きませんか?」

当サイトウェブマスターの林さんから誘いのメールが来た。先月、持病の椎間板ヘルニアが悪化して入院して以来、中々元気が出ない僕を気遣ってくれているのだ。茨城県の下妻周辺に、地平線が見える場所があるらしい。国道がまっすぐに伸びて地平線へと続く写真も添付されていた。東京からたったの2時間で、こんなボーン・トゥ・ビー・ワイルドな景色に出会えるのだ。

是非行きたい。
行って地平線を眺め、元気をもらいたい。

行きます! とすぐに返事をしたかったのだが、1つ問題がある。

退院はしたが、まだまだ腰の具合が本調子ではないのだ。長い時間座っていると痛くなって体が曲がってしまう。2時間も電車移動をしたら大変なことになると思う。下妻で動けなくなってそのまま入院、なんてことにもなりかねない。

せっかく添付写真付きで誘ってくれたのに、どうしよう?
地平線、林さんの好意、腰痛。三方一両損のようにうまいことやれないだろうか。

林さんに相談すると、予想だにしない答えが返ってきた。

「じゃあ、僕が1人で行ってその様子をリアルタイムで住さんにメールで伝えますよ」

なんてことだ。林さんは僕のためにわざわざ地平線まで行ってくれると言うのだ。この方法ならば、僕の腰は痛くならないし、地平線は見られるし、林さんの気持ちを無下にすることもない。さすがはデイリーポータルの大岡越前である。

それにしても、片道2時間、往復で4時間。地平線ポイントまでの移動なども含めれば、ほぼ1日潰れてしまう。僕のためにそんなことをしてもらってもいいのか? 

恐縮する僕に構うことなく、林さんは地平線を見に行く日程を決め、当日の段取りなどを連絡してくれた。

もしかすると、林さんが地平線を見たいだけなのでは?

一瞬、悪い方の僕がそんなことを考えてしまったが、そんなはずはない。林さんは僕を元気づけるために地平線に向かってくれるのだ。

約束の日、僕はパソコンの前で林さんからの地平線を待っていた。

(text by 住 正徳.







事前の話では、林さんはお昼過ぎに東京を出発して14時には下妻に到着する予定であった。

しかし、14時を過ぎても林さんからの第一報は届かない。

午前中の用事が長引いてしまったのか、電車のトラブルがあったのか。色々と想像するが、こちらから「どうですか?」と電話をかけるのは気が引ける。僕のために行ってくれているのだから、急かす様なマネは出来ない。


メールを待つ

僕には待つことしか出来ないのだ。自分の腰の弱さに憤りを感じつつ、とりあえずお昼ご飯を食べることにした。もし食事中に林さんからメールが届いたとしても、携帯電話で見ることができる。

相当お腹が空いてしまったので、近くの「ゴールドラッシュ」というハンバーグ屋さんへと向かった。下妻までの移動は難しいが、ハンバーグ屋さんくらいの距離だったら問題ない。


携帯を気にしつつメニューを吟味

検討の結果、普通のハンバーグとチーズハンバーグがセットになった「ハーフ&ハーフ」をオーダーした。1プレートで2種類の味を楽しむことができて、とてもお得だ。さらにランチタイムはワンドリンクがサービスで付く。僕はいつもペプシコーラを飲むことにしている。自分で注ぐスタイルなので、泡だらけにならないようにゆっくりと注ぐのがポイントだ。

また、ゴールドラッシュでは焼き上がったハンバーグを席まで持ってきてお客の前でソースをかける方式を採用しているので、紙ナフキンを机の上に広げて待つことになっている。その時、ナフキンの半分をテーブルにかけて、残りの半分は下に垂らしておく。


ナフキンを広げて待つ

何故半分を下に垂らしておくのかと言うと…、


油がはねるのを避けるため

店員さんがソースをかけてくれると、凄い勢いで油がはねるのだ。それを下に垂らしておいたナフキンで避ける仕組みである。

以上のような手続きを経て、ゴールドラッシュのハンバーグは完成する。


ハーフ&ハーフセット

肉の量は2つ合わせて150グラム。ちょうど良い量である。


早速食べます




  次へ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation