デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
「ヤンキーピラフ」を食べに茨城へ
え? ヤンキーピラフ?

 

右の写真は先日、知人が茨城で撮影したものだ。そこには真っ赤な力強い文字で「ヤンキーピラフ」と書かれている。

知人によれば、看板は国道沿いの喫茶店前に立てられていたものらしい。おそらく「ヤンキーピラフ」はその店の主力メニューなのだろう。

知人は「勇気がなくて店には入れなかった」という。確かに何となく不安をかきたてるネーミングである。

「ヤンキーピラフ」は、いったいどんなピラフなんだろうか?
茨城まで、食べに行ってみることにした。

(text by 榎並 紀行



とりあえず推理してみる

昨今のブームでB級ご当地グルメは華盛りだ。全国各地で町おこしを狙ったインパクトのあるメニューが生まれている。「ヤンキーピラフ」もそういった類のものだろうか。

しかしそれはおそらく間違いだろう。
なぜならご当地グルメは県の特産や名物と関連付けたメニューが多い。その法則にならうと茨城は「ヤンキー」が名物ということになってしまうからだ。


一般的には「ヤンキー」=「怖い人」

改めて、ヤンキーピラフという名前からいくつかの推理を立てた。

(1)店主が札つきの元ヤンキーで、その頃に集会で食べた思い出の味を再現したピラフ
(2)店自体がヤンキーの溜まり場で、彼らに大人気のピラフ
(3)千葉におにぎりを「やんき」と呼ぶ地方があるらしいので、ピラフをおにぎり型に握ったもの。すなわち「ピラフやんき(おにぎり)」転じて「ヤンキーピラフ」

きっとどれかが正解だろうが、できれば(3)であってほしいというのが正直な心情だ。

とはいえ(1)(2)が正解だったときの心の準備もしておきたい。どちらかだった場合、元ヤンキーもしくは現役の方にインタビューをするわけだ。ぼくはこれまでヤンキーに取材した経験はない。


イケメンだろうがヤンキーは怖い
こういう人たちがたくさんいる店だったらどうしよう

カツアゲとかされたらどうしよう
ヤンキー女子高生はちょっといいかもな

DVDでヤンキーのしきたりを事前に学んでおくのだ。彼らのルールをちゃんとわきまえていれば、一般人のぼくでも受け入れてもらえるかもしれない。

ありがたいことに、ヤンキーを題材にした作品は思いのほか多い。
なかでも『ヤンキー女子高生 茨城最強伝説』という作品は「ヤンキー」でしかも「茨城」なのでテキストとしては最適だろう。主演が有名なセクシータレントなのは、少し気になるが。


翌日、上野駅から常磐線特急「フレッシュひたち」へ乗車

そして茨城へ乗り込む

こうした万全の準備を整え、翌日さっそく茨城へと向かった。


手土産でヤンキーのご機嫌をうかがうことにした

ちなみに昨日は遅くまでDVDを見て研究したのだが、ヤンキーのしきたりは結局のところよく分からなかった。そして『ヤンキー女子高生 茨城最強伝説』は思った以上にセクシーな作品だった。

よって、取材が少しでも円滑に進めばと、心ばかりの手土産を持参することにした。一般的な社会人の心得である。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation