デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
パンを発酵させてシュワシュワ発酵飲料


ライ麦入りのパン。これから発酵飲料が出来るらしいです。

夏のロシアでは「クワス」と言う飲み物が道端でよく売られているそうです。

各家庭でも作られる伝統的な飲み物で、ライ麦パンや果実をお湯に浸けて作るそうです。

気の抜けたビールのような味で、シュワシュワと発泡して爽やかな味わいなのだとか。クワスを使ったスープも有って、かなりの国民食なようです。

気になる!飲みたい!よし、作ってみよう!

馬場 吉成



作るのは簡単らしい

「クワス」を作ってみようとネットで作りかたを調べてみました。便利な世の中ですね。いくつも作りかたを紹介しているサイトが見つかりました。

基本的には、焼いたライ麦パン(ロシアの黒パンが最適)か、ライ麦そのものをお湯につけてて、イーストや砂糖、干しブドウ、レモンなどを加えて暖かいところに2、3日置いておくだけ。簡単です。

夏にロシアに行くと街角にクワスを入れたタンクローリーが止まっていて、一杯いくらといった感じで売られているそうです。


クワス作りの為、ロシア料理の本を買ってきました。
(株)東洋書店発行 荻野恭子著 「ロシア料理」

こんな色の飲み物のようです。ロシア語のつづりは「KBAC」。

 

作る前に味を確認しておこう

本も買ってきて作り方は分かったものの、出来上がった際にその味が正しいのかどうか分りません。「気の抜けたビールのような味」と言われても、あまり美味しそうには思えない。作ったはいいけど、不味いのでは作った甲斐がないというもの。

ということで、自家製でクワスを作って出しているお店に行って事前に味わってみました。


池尻大橋駅から歩いて7、8分。三宿交差点近くです。


池尻大橋にあるロシア料理店「サモワール」。広い通りから少し入った所にある白い壁のこじんまりとしたお店です。

ロシア料理を幾つか楽しみ最後に注文したクワスがこちら。


コーラ・・・?


出てきたクワスは本で見ていたものより随分黒い。写真では分かりづらいですが、シュワシュワと発泡してグラスの表面に小さい泡が沢山ついています。コーラのようにも見える。

そして肝心の味。気の抜けたビールと言うより、炭酸の入った麦茶でしょうか。香ばしい麦の味がします。そこに爽やかな果汁の甘さが加わる。思っていたよりもかなり美味しいです。夏の暑い時期だったら更に美味しかったでしょう。

これなら作ってみたい!

 

秘密のレシピで作られています

一応お店の人に作りかたを聞いてみたのですが、細かい材料や配分などは秘密だそうです。とにかく、味は分かったので本を参考にクワスを自作してみます。

そういえば、クワスで使ったスープを頼み忘れていたな。


料理本によると、ロシアのピクルスは酢漬けではなく塩漬けしたものがほとんどらしい。サッパリとして美味しい。

ピロシキ。揚げるタイプではなく、オーブンで焼くタイプでした。具材がギュッと詰まっていてジューシー・


ボルシチ。赤い色はビーツ(砂糖大根)から出てくる色。野菜の旨味が出ていてとても美味しい。

つぼ焼き。キノコと鶏肉入り。フタのパンも食べます。濃厚なシチューでした。


ロシア料理 サモワール
03-3487-0691
東京都世田谷区池尻2-9-8 エンドウビル 1F


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation