デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
イチャイチャしてる道祖神巡り


イチャイチャしているらしいのだ

長野県の安曇野市は道祖神の数が日本一だそうである。
市内に数百体ほどの道祖神がまつられているという。

安曇野の道祖神は、その多くが男女が並んだ姿が彫られている「双体像」と呼ばれる道祖神で、仲良く並んでお酒を酌み交わしたり、肩を抱き合ったりしているらしいのだ。
神様なのに、本当にそんなことしちゃっているのだろうか。

工藤 考浩




道祖神だらけ

道祖神というのは、子孫繁栄や集落を守るためにまつられているということのようだ。
細かい話を書くと長くなるので、興味のある方は調べていただきたい。
道祖神は日本全国にあるのだが、長野県の安曇野地方では特に多いらしい。



穂高神社

そんな安曇野の道祖神を巡るためのパンフレットも作られている。
市内にある穂高神社の社務所などで入手(200円)し、これを参考に道祖神巡りをするのが便利だ。


市内の道祖神を網羅

イチャイチャしている

安曇野の道祖神の特徴は、男女の神様が並んで彫られているところにあるという。
もともと道祖神の「祖」は男性のシンボル、「道」は女性をあらわすという考えもあるようだ。

そして、その男女の神様が、やけに仲良い姿で彫られているのだ。
神様に「イチャイチャ」などというのは失礼かもしれないが、その姿がなんともほほえましいので、親しみを込めてあえて「イチャイチャ」と呼ばせていただきたい。


左でとっくりを持っているのが女性

では、巡ります

僕も上記のような予備情報を元に巡ったのだが、本当に仲むつまじい道祖神が市内のいたるところにあり、すっかり楽しい気分になった。

数が多くてすべてを紹介しきれないのだが、一緒にごらんいただきたい。



ちなみに文字だけのものもある


 
 
 
 
 
 
 
 

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation