デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
オマケがいっぱいもらえる学会


 

当サイト編集部の安藤さんに「学会って、オマケいっぱいもらえませんか?」と言ったら、「わかります! 両手いっぱいになりますよね!」と返ってきた。安藤さんも僕と同じ理系なのだ。
理系以外の方には分からないかもしれないが、理系の学会は、とにかくいっぱいオマケがもらえる。
そこで読者の皆さんにそのことを伝えるため、日本最大の学会のひとつ「日本分子生物学会」に手ぶらで乗り込んできた。
その成果はいかに!?

加藤まさゆき



学会では意外なことも行われている

学会、と聞くとみなさんはどのようなものをイメージされるだろうか? 僕の想像では、教授とか偉そうな人が、大勢の聴衆を前に喋っている姿、いわば……


こんな様子

みたいなものが想像されるのではないだろうか。

オーケー、それは正しい。
たしかにこのワークショップ、いわゆる口頭発表はほとんどの学会で行われている。が、学会ではもう少し別なことも行われている。例えばこんなのもある。


手前のせいろは、蒸したて肉まん。


親子休憩室。おもちゃいっぱいある。


今日はその紹介も含めて、昨年の12月中旬に横浜で行われていた「日本分子生物学会」に行ってきた話をしようと思う。


会場はパシフィコ横浜。

 

めっちゃ大きい学会です

この学会は、日本で行われる学会としては最大級のもので、今年はパシフィコ横浜を4日間借り切って大々的に開催された。参加者数は1万人を越え、発表件数は6000件近い。通称「ブンセイ」と呼ばれ、生物学関係者で知らない者は無く、年に一回の「生物学の大祭典」と言ってもいいイベントなのである。


口頭発表の会場だけで15会場もある!


注目度の高い発表には、ものすごい人だかり!(部屋の中に入れず)


学会というホコリ臭いイメージを吹き飛ばすものすごい熱気と人。開催期間中は、周辺のホテルも予約でいっぱいになる。
なので会場内1万人の食欲を満たすために、先述のようにお弁当・ラーメン・肉まん他、いろいろなフードが会場内で売っているし、親子休憩室や授乳室まで完備してある。


ビール・チューハイまで販売していた。


ほとんど「フェス」と言ってもいいかもしれない。今日はその生物学フェスに、ある目的のために乗り込んできた。
その目的とは、「オマケ」をもらいまくることである。


生まれて初めてつけたプレス章! 次ページに続きますよ!


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation