デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
官公庁系スイーツパーティ

見学に行かなければ買えないお菓子

ではまず今回入手するのに一番時間をかけた2品から紹介しましょうか。


赤丸と青丸の2品、これを買った場所は…。


市ヶ谷にある防衛省の中です。


数ある省庁ですが、一般人はほとんど入ることは出来ません。その中でも例外として「見学コース」を設けてる所もあって、防衛省もそのひとつ。それに参加すれば「防衛省みやげ」が買えると聞き、参加してみました。お菓子スパイ、潜入!


現地集合で許可証ゲット。後ろのお姉さんたちが案内してくれます。
この日の見学者は自分と妻の2名。


東京裁判が行われた実際の講堂。
僕は艦長になる!僕は会計士!


平日午前午後の1日2回行われている見学コース、午後に参加したんですが団体客がキャンセルしたということで、見学者2名に対して4名のガイドの皆さんがエスコート。なんかすげぇ守られてる感あるんですけど!

ツアーは庁舎内各棟を回るんですが、一番の見せ場は市ヶ谷記念館。東京裁判が行われた講堂や三島由起夫が乱入した時の刀傷なんかも見れる大サービス。写真も撮り放題!いやー、同じ歴史建造物でも城なんかだと「時代劇っぽいなあ」て感じですが、昭和の現場はかなり生々しい。

それを2人相手に案内してくれるんだからゼータクだなあ。そうした歴史的現場だけでなく、ほどよくライトに防衛省&自衛隊を学べるスペースももちろんあり。初めて知ったブランドは田宮模型、てな元プラモ少年の血がほんのり騒ぐ。


『トップガン』もしくは『ベストガイ』ぽいポーズの航空自衛隊のマネキン。


さて本題のお菓子です。ツアーの終盤で隊員の生活必需品販売や食堂などがある「厚生棟」へ。そこにお目当てのおみやげコーナー発見!隊員さんが実家に帰る時にでも買って帰るんでしょうな。それにしてもその充実ぶりはスゴイ。休憩時間15分じゃ見きれないよ!

どーんとおみやげ食品コーナー。
撃まんじゅう。名前は派手だけど中身はシンプル。


こちらは陸上自衛隊オリジナル。
大臣でもないのに石破さんは人気。


見ておわかりのとおり「防衛省みやげ」というより「自衛隊みやげ」といったお菓子の数々。他の省庁に比べると、何万人という自衛隊員を抱えてる分おみやげの需要が多いんでしょうね。これだけバリエーションがあってもそれなりに売れてるわけなんだから。ちなみにお菓子以外も衣服に携帯ストラップ・フィギュアまでとかなり種類も豊富。いやーテンション上がった上がった。

さて数あるおみやげの中から今回選んだのはこの2品。


自衛隊限定販売の「撃せんべい」と
自衛隊オリジナルDANGO「炎の作戦」。


あきらかに気になるのは「炎の作戦」。ハテナマークまでついてるし…でもまずは味的にもハズレなさそうな撃せんべいを食べてみる。

撃せんべいのまず意外なところ、それはせんべいではなくクッキーであるところ。根底から違うよ!


ピーナツクッキーですよね?
さてそのお味は…。


せんべいではない、というトラップはありながらも、クッキーとしては「高級感ある」「油っぽくない」「バターの味が濃い」となかなかの高評価。パッケージの原色感や小袋の「迷彩にしてみました感」はややチープさを感じさせるものの、味そのものは「ちょっとお高いクッキー」て感じ。あと自衛隊らしさ、という視点で言えば「8角形になってるのがシミュレーションゲームの升目っぽい」という意見も。なるほど!

さて続いてが問題の「炎の作戦」ですよ。ロシアンルーレット的な遊び方をする団子ということで、12個中2個激辛団子が入ってるそう。防衛省からのロシアンルーレットの提案、と文字にするとずいぶん怖いですが。


裏パッケージには4コマ漫画入り。
「まるで爆弾を食べているような…」いやいやいや!


こう見るとピノと間違えそうなキュートさなのに…。


先のクッキーに比べると、かなり遊びの効いたこの一品。この手のって実際食べてみるまでどのくらい辛いか読めないのがコワイんだよなあ…。でもせっかくなので提案に乗ってロシアンルーレット方式でいただくことにしましょう。

パクリ。OK!
パクリ。OK!
パクリ。…ん?


どうやらアタリを引いたような顔色。「あ、ちょっと辛い…」「食べれないほどじゃない?」「まぁこういう食べ物として食べればアリかな…味として一応調和してる風な?」そんなもんか。

いちおう官公庁関連で出す品とあって、そんなキッツイ物は出してないようだ。安心というか拍子抜けというか。じゃあ気緩めて食べるか!といっても残りひとつバクダンがあるはずなんだけど。


パクリ。OK!
パクリ。OK!
パクリ。…ん?


辛い!これマジで辛いよ!!


さっきと全然反応違うよ!残りの端っこをカジらせてもらうと…モロに唐辛子の味が!あんこと混ざり合うわけもなくノー調和!人によって味わいは違うようです…。ちなみに緊迫感の中で食べたので、団子の味はぜんぜん記憶に残ってませんでした。恐るべし、炎の作戦。

ちなみにこれらのお菓子は「防衛省&自衛隊限定」ということで、自衛隊の一部施設でも買えるとのこと。


防衛省

東京都新宿区

市谷本村町5−1

(見学はHPより要予約


さて続いては最初に紹介した「お札サブレ」。見るからに観光地っぽいなあ、とお思いでしょうが、そこはさすが本人監修(福沢諭吉や野口英世が監修したわけではない)、ちょっとレベルが違いますよ。


万券だけと思ったら大間違いだぜ。

< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation