デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
0円ショップってなんだ?


ガムテープ文字・佐藤修悦さん取材時、お世話になった古着店「シランプリ」が、商品全部無料という、ナゾの展開をはじめた。
「ユニクロとか安いじゃないですか、シマムラもクオリティ高いし」「中野にある、全品500円の服屋とか、すごいじゃないですか」「だからウチも、要らない服を無料で引き取って、無料で売ろうと思って」「エコっぽく言えば、捨てられる服を救うことになるし」「だって、普通の古着屋やってても、つまんないんスよ」
そんなことを言って、店主・山下陽光さんは、2月上旬から、本当に服をタダにしてしまった。
いやなんか、勢いは分かるけど、意味わからん。
そう思いながら、要らない服を持って、シランプリに伺った。

大塚 幸代



ゼロ円! と、看板がどーんと出てます。

――キッカケって何なんですか。
「もともと、あんま商売が好きじゃないんですよ。古着屋やってて、友だちが無理して買ってくれたりするんですけど、それがイヤで。利害関係なしで人と仲良くなりたいじゃないですか、でも商売してると、どうしても、そうもいかなくて」
――飲食店とかだったら、お金を落として帰るのラクですけど…服屋さんだと、そうですね。気に入らない服を買うのもナンだし。
「で、無料イベントに行きまくってる人と、知り合ったんすよ。俺がアップルストアでイベントをやった時、その人に『面白かったです』ってハガキもらって。その人、婚活イベントとか、野菜でスイーツを作ろうイベントとか、ジャンル滅茶苦茶な無料イベントのチラシを、何百枚と持ってたんです。『日本は豊かなのに、無料イベントがないなんておかしい』『マクドナルドのコーヒーも無料だし』って言うんですよ。
確かに、マックのコーヒーが無料って、意味わかんないじゃないですか。個人経営なら別ですけど、無料にしてもらったから、今度はハンバーガー買おう、とか考えないすよね

――基本はお客さんの呼び込みでしょうけど、コーヒーだけ飲んで帰っても、文句は言わないですね。
「いま、ファッション業界が弱ってて。安い服屋の悪口を言うんだけど、じゃあ高いものが何故高いのか、説明出来てないし、人を納得させられてないと思うんすよ。石を一個も投げられないっていうか。
そこに石を一個、投げたかったんですよね」


まだ全然着れる服が、どわーっと並んでます。なぜか新品も混ざってたりします。

靴もあります。かなり状態が良かったりするので、履けたらラッキーかも。

「『商店街が元気じゃない』『ふれあいで勝負』とか、そういう話にも、腹が立ってしょうがなかったんですよ。そういうのイヤだったんです。結局売りたいって話じゃないですか。
それで考えて、ゼロで回そうと思ったんです」

――どこで儲かるんですか、それは。
「だって面白いじゃないですか」
――すごく面白いですけど、メシ食っていかなきゃいけないし。
「メシとかは、くれるんですよね、このパンも、近所のおばちゃんにもらったやつで」
――ああ、このレーズンパン…(私も一個頂きました)。


「シランプリ」は、高円寺の中ではかなり、地味な商店街にあります。

「ひと月に、千人分くらいの洋服を救えて、千人が喜んでるのに、俺が食えないわけがない、って思ったんですよね。こんなに楽しいことやってるのに。
千人喜ばせて生きていけないなら、この国はダメだなーと思って。
でも家賃は払わないとどうにもならないな、と思いはじめて、今はチップ制にしてるんですけどね」


カンパ制ですが、小銭がなく、そのまま持っていく人も。

――結構、みんなチップ置いていきますね。無料で持っていくより、いくらかでも値段があったほうが、持っていきやすいのかも。
「本当は、本当にゼロ円にしたいんですけどね。俺の生活と店の家賃の金さえあれば、何とかなるんですけどね。
普通の営業をやってた時のほうが儲かるんですけど、充実感が全然違うんですよ。『何でこんなことやってるんですか?』ってよく訊かれるんで、お客さんとやたら話すようになって」

――普通、疑問に思いますよ。
「こっちのほうが面白くないすか? って言うと、『確かに』って言ってくれるんですよね。『今度服、持ってくるよ』とか」
――なんか、貰っていくと、持ってこようと思っちゃいますね。
「僕自身も最近服を買わないんですけど、何も困らないんです。でもタダだったら服を見てやってもいいと思うかなあ、と」
――音楽業界と、ちょっと、問題が似てるかもしれませんね。
「新譜が動画でネットで見れたら、CD買う気、なくしますもんね」
――でも例えば、音楽をやってるコたちは、音楽は趣味にして、別に定職を持って…みたいに思ってるっぽくて、音楽そのものでシステムを何とかしようとか、考えてる人はいないですよ。


お店の看板猫のランちゃん。

――ところでこのゼロ円、いつまで続けるんですか。
「2月いっぱいの予定だったんですけど、楽しいので、ホワイトデーあたりまではやろうかなと。本当はずっとやっていたいけど、家賃が…」
――前に構想をちょっと伺った時、「ほぼ全部ゼロ円で、自分が価値があると思うものだけ、値段をつける」というコンセプトだった気がするんですが。そうしたほうがいいのでは?
「そのうち、このラックだけ有料コーナー、という形になると思います。
95%のものを無料にして、5%を有料にするのって、ネットの方法で、それでやっていけるらしいんですよ。
あと、マネしてくれる人がいたら面白いかなって思ってますね。例えば埼玉のほうにゼロ円の古着屋がある! って聞いたら、行きたくなるじゃないですか。
……こうなったら、ゼロ円めし屋もやりたいですね。絶対、俺の悪口、誰も言わなくなると思うんすよね。服はそうでもないけど、メシもらったら、あいつイイやつだよ!って言われそうじゃないすか」

――たしかに。
「服もそうだけど、食い物も、実家が農家で大量に送ってくるとか、余ってるやつがいっぱいあると思うんですよね。そういうの集めれば、なんとかならないかなあと」
――炊き出しかあ…。ここ店頭でですか?
「そうですね。メシ食ってる時って楽しいから、人の悪口いわないし、仲良くなると思うんですよ。
もうイヤなんですよ、店やってる人とか、働いてる人、みんな、暗くて。『景気が悪くて、金がない』って、スーパー常套句しか言わないんですよ。
最近、景気の悪さって、俺のせいじゃないか? って思うようになったんですよ」

――え?
「例えば自分が総理大臣になったとしたら、今、何も出来ないじゃないですか。
絶対、世の中の全員が悪いんですけど、みんな自分じゃなくて誰かが悪いって言ってるんですよ。俺、それに気づいちゃったんですよ。で、何やろうかと思って、こうなったんです。『ここだけは楽しそう』っていうふうにしたかったんです」

――正しいですね。
「楽しくないとイヤなんですよ。楽しそうにしてたいですよ、実際、楽しいですからね。
あと、食べるものと住むところが0円になってければ、人間はやっていけますよね」

――住むところが、いちばんハードル高そうですね。
「それは坂口恭平さんの『0円ハウス』の発想で。坂口さんとトークショーで話したことがあるんすけど、世の中に2割くらい、そういう(住所不定の)人がいてもいいんじゃないか、って言ってましたね。2割は多いかなと思うけど、2%くらいは、いてもいいのかなと思いますね」
――2%かー。
「とにかく、自分のことだけ考えて、地味に古着屋やってたらなんとか食えてくと思いますけど、ぜんぜん面白くないんですよ。
商店街が大手スーパーに勝てる唯一のアイデアって、ゼロ円だと思いません? だって、激安じゃなくて、タダなんすよ?」

――むむー。
「よく人の家の前に、『良かったら持って行ってください』って茶椀とか置いてあるじゃないですか。あれをいっぱい増やして、ゼロ円ストリートがあったらいいなと」
――ゲリラ茶碗で町おこし(笑)。
「茶碗に文句言う人、いないと思うんですよね。そういうの、やってみたいですね。
……世の中が面白くなくなっても、『ノー!』って(拳振り上げて)言うのは苦手なので、『過激な善意』でやっていこうかと思ってるんですよね」

――言ってることは正しいしスゴイと思うんですけど…なかなか、実行するのは難しいですね。そうでもないのかな。うむむむむ。

 

 

正直、アイタタタと思った。
私も、不況で仕事が減って、凹みっぱなしで、愚痴ばっかりで、楽しいことを考えていなかったので。
そうそう。こんな時こそ「まつり」だ。というか、楽しい「まつり」を起こさないと、ジャスト暴動になってしまう。

山下さんとお知り合いになって、3年くらいたつ。
最初は、山下さんによる佐藤修悦さん展示会準備の時、スタッフの皆さんが深夜作業してる店頭に、泥酔して通りがかった私が、「このガムテープ文字、知ってますー!」と乱入、缶ビールをタダで貰ったのが最初だ。
うーん、よく考えたら、しょっぱなから、タダで食べ物を頂いている。
山下さんの「竹やりでUFOを落とそう」的な、無謀な前衛芸術活動は、とてもスゴイと思う。しかも、本当にUFOが落ちる感じがするからコワイ。

 

山下さん。いつも、マネ出来ないような、ステキなファッションされてます。

あなたも、要らん服があったら、持って行ってみてください。そして、服を貰って帰ってみてください。
「これでいいのか? これでいいのか!」っていう、不思議な気持ちになりますから。

…ちなみに、この店に感激したお客さんが、『スゲー!』って、服を脱いで置いていったことがあるそうですが、嬉しいけど、それは控えてください、とのことです…。

シランプリ

■住所: 東京都杉並区高円寺北3-12-1
■電話: 090-6044-0140
■営業時間: 昼3時から10時ごろまで 
■休み: 不定休
http://keita.trio4.nobody.jp/shop/10.html
(2/27は都合によりお休みです)

場所っプ(山下陽光ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/bashop/


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation