デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
ファミレスパンめぐり


パンたくさん食べました

今年に入ってから、パンをよく食べるようになった。それに加えて、デイリーポータルZラジオに出演したとき(こちら)に話題になったことから、パンに目覚めた。パンはうまい。

そこでふと思ったのがパンってファミレスにもあるよなあ、でも印象にないなあ、ということ。ファミレスではいつもセットにライスを注文していた。そう、パンを無視していたのである。

そこでファミレスのパンってどんなパンなのか、メニューではどんな扱いなのかを調べてみた。

藤原 浩一



今振り返るファミレスのパン

パンはうまい。E=mc^2なみの事実だが、いつもファミレスでは食べない。なぜだろう。パンの前には強敵ライスがいるからだ。(皿の上に乗ってるのがライスで茶碗に盛られているのはご飯。)

けどせっかくパンの美味しさに目覚めたのだから、今回はファミレスのパンの再発見を目指したい。再発見とかそういうことでもないのだろうけど。各ファミレスのパンのおいしさの違いと、その扱いを調べてみるのだ。

今回はそのファミレスのベーシックなパンを食べようと思ったので、フレンチトーストその他の味付けされたパンやモーニングのトースト的なものは除外したルールでお願いします。

では、さっそく。

 

ガストのパン


ライ麦パン208円243kcal 塩分0.1g

まずはファミレス・オブ・ファミレスと言われたり言われなかったりのガストから。ライ麦パンだ。

運ばれてきた瞬間、パンの良い香りがしてきた。アツアツなのかなと思っておそるおそる触ったらそれ程でもなかった。ややまぬけである。

香ばしい匂いがするのだが、食べてみると固い感じはしなくて、ふっくらとした食感だった。ほかのメニューと一緒に食べる主食としてのパンの道を歩んでいると思う。

今日はじめてお腹に入れたパンとして考えても、スタンダード故に安心して食べやすいパンだった。


下の隅っこに「ライ麦パン」の表記があった
おすと簡単にへこむやわらかさ

ところでこのときパンだけ注文したかったので、メニューにその表記を探したのだが、隅っこの方に一行だけ「ライ麦パン」と書かれているのを見つけた。かなり冷遇されている様子である。

 

ココスのパン


石窯パン(ライ麦)189円265kcal 塩分0.9g

続いてココスの石窯パンである。

メニューを覗いてみると、セットメニューの欄にライスと同じ大きさで取り上げられていることがわかった。しかその位置は、ライスの下である。セットメニューの欄こそがファミレスにおけるパンの扱いのバロメータである。


ライスの足元をパンが支えている様子
お店で焼き上げたらしい、もちもちした食感

大きさはガストと比べるとやや小ぶりだが高級な感じがする。表面一枚の厚みだけカリカリとしていて、中はもちもちした食感。皮に包まれた肉、みたいなイメージだ。

ライ麦の風味がしてパンとしての主張が強く、これだけ食べても十分満足感が得られる。


バケット189円217kcal 塩分1.0g

さてココスにはもう一種類パンがある。それがバケット。

ふんわりともちもちの中間くらいの食感で、見た目に反してザックリとはしていない。皮には皮らしい歯ごたえがあるし、ふだん鉄ヤスリみたいなフランスパンしか食べないので感動してしまった。

こんなにおいしいのにメニューを見ると、写真にはライスが使われている。撮影現場にパン泥棒があらわれて現場のパンが全て盗まれてしまったのだろう。でなければひどい冷遇である。


みんなライス
店の前にハンバーグ

ランチを食べている周りのテーブルを見てもパンを注文している人はいなかった。わかる、ハンバーグとライス食べたい気持ちはわかるのだけど…。

となりのテーブルの人も「ライスかパン」と聞かれてパンと答えていた。パンに肩入れするあまりに、それを聞いて少し切なくなる僕であった。

 

ロイヤルホストのパン


山型パン210円206kcal

見た目からして異彩を放つロイヤルホストのパンだが、山型パンの名前の通り山の形をしている。そして雰囲気がある。

表面はしっかりしているけど中はふっくらとした食感。風味や味はあまり強くなくて、バターを付けて食べるのもいいけど、チョコとか甘いものも合いそうな感じだった。


隙間につっこんだようなパン表記
ロイヤルパン

メニュー表記におけるパンの押しは強くない。セットのところには、ライスとコーヒーの間にあいた隙間に、つっこむようにパンの写真があった。またしてもパン冷遇。

それにしてもロイヤルホストなだけあって、僕が「山型パンだけ…なんですけど…」と注文したら「ドリンクバーはいりませんか?」「ほかにご注文があればお申し付けください」などと、ロイヤルなホスティングをされた。…いや、変な注文でごめんなさい。

 

ジョナサンのパン


米粉パン&黒ごまソフトパン210円300kcal 塩分1.0g

ジョナサンのパンは2種類で210円とお得だ。

ジョナサンはパン屋の店も展開しているそうなので、パンに自信があるのかもしれない。米粉パンに黒ごまパンと、ちょっと変わったラインナップになっている。

米粉パンは米粉の香りがして和菓子を思わせる。もっちもちでほんのり甘く、おやつに食べたい感じ。黒ごまソフトパンは、口に入れるとごまの風味が凄い。バターとぴったりで、やっぱりおやつに食べたい。そんなパンである。


パンセットはないのか
潔いくらいの「パン」

メニュー表記にはまたしてもパン冷遇が。ライスの写真とパンの写真が同じサイズなので、一瞬平等な扱いかと思わせておいて、見るとセットの名前が「ライススープセット」なのである。

セットにパンを頼むときは「ライススープセットをパンで」と言うのだろうか。ガンプラの姫路城くらいの矛盾である。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation