デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
こすれ! 無精ひげで


大きな声でいうのも恥ずかしいのだが、ひげが濃い。朝剃っても夕方うっすらスカイブルーである。剃り忘れた日などは、やんわり泥棒である。
この役にも立たない無精ひげであるが、触るたびに、「こんだけジョリジョリなら、紙やすりの代わりくらいにはなるんじゃないか」あるいは「大根くらいおろせるんじゃないか」と思いつづけてきた。うん、そうだ。ほんとにそうであれば、このひげの濃さも暮らしに役立つということになるじゃないか。

櫻田 智也



紙やすりVSひげ

これをおもいついたのは、もう1年以上前のことだ。だが、企画を相談する場でなかなか言いだすことができず、実現に至っていなかった。
なぜ言いだせなかったのか。あんまりバカバカしいと自分でもわかっていたからだ。


でもやっぱり気になる

ひげ面の様子を写すつもりが意図不明な感じになってすみません。
さて、幼かった頃、父親にひげ面をこすりつけられて「皮むける!」とおもったあの感触。あれだけジョリジョリなら、紙やすりの代わりくらい余裕で務められそうではないか。
とりあえず最初の対戦相手、紙やすりを買いにでかけた。


いろんな粗さがある

数字が大きいほど目が細かいらしい。
袋の一部が開いていて、目の粗さを手触りで確認できるようになっていた。


#80はどうだ

80とひげとを比べてみる。


80ほど細かくはない

どうやらぼくの無精ひげはもう少し粗い。


#40はどうか

かなり目の粗い40、これはどうだ。


40だ

無精ひげを確認したところ、40だった。というわけで#40の紙やすりを1枚買って帰った。

 

木を滑らかに

紙やすりといえば、小学校の木工の際によくつかった。


ごく身近な木材

割り箸のどこをやすりでこするのかといえば、


割ったあと、こんなふうに擦ったりしますよね

ササクレだった箸の割れ面。ここを無精ひげでこすって滑らかにしてみようとおもう。


こちら(上)は紙やすりでこすった箸

さすが紙やすり。あっというまに滑らかだ。果たしてぼくの無精ひげはこれにどこまで近づけるのか。


紙やすりの擦りカスが剃ったあとのヒゲに 似ているという事実がぼくを勇気づけた

さあ、ぼくの#40の出番である。


こすってます

ショリショリと優しい音をたてて割り箸を研磨するヒゲやすり(#40)。


ん〜

ん〜

あっ……

 

本を磨く


次いきます

木のササクレを擦るのはどうやら危険なので、もう少し柔らかいものを磨くことにした。


古い本

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation